ヒュンダイ・コナ

コナKona코나)は、ヒュンダイが製造・販売する小型クロスオーバーSUVEV仕様の「コナ・エレクトリック」も存在する。中国市場のみ、商標権の関係で「エンシノ」(ENCINO)を名乗る。

ヒュンダイ・コナ
OS型
フロント
2017 Hyundai Kona Premium SE 1.0 Front.jpg
リア
2017 Hyundai Kona Premium SE 1.0 Rear.jpg
インテリア
2017 Hyundai Kona Interior.jpg
製造国 大韓民国の旗 韓国
中華人民共和国の旗 中国
アルジェリアの旗 アルジェリア
 チェコ
販売期間 2017年 -
デザイン ルク・ドンカーヴォルケ
ケビン・カン(インテリア)
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアクロスオーバーSUV
エンジン 1.6L 直列4気筒 T-GDi ガソリンターボ
1.6L 直列4気筒 e-VGTディーゼル
電気モーター
駆動方式 前輪駆動
四輪駆動(ガソリンのみ)
変速機 7速DCT
全長 4,165mm
全幅 1,800mm
全高 1,565mm
ホイールベース 2,530mm
別名 ヒュンダイ・カウアイ(ポルトガル)
ヒュンダイ・エンシノ(中国)
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

概要編集

世界的に人気の高い小型SUV市場に打って出るべく、ツーソンの下を受け持つ車種として、ix25(クレタ)とは別に、新規開発された。 韓国国内における国産のライバルはサンヨン・チボリルノーサムスン・QM3(=ルノー・キャプチャー)、シボレー・トラックス、世界的なライバルは日産・ジューク日産・キックスホンダ・HR-V(日本名;ヴェゼル)、プジョー・2008フィアット・500Xジープ・レネゲードトヨタ・C-HRマツダ・CX-3ラクスジェン・U5アウディ・Q2などである。

初代(2017年-)OS型編集

2017年6月14日、韓国国内にて実車が披露され、同月下旬に発売開始とアナウンスされ[1]、同月27日に発表、同日より販売を開始した。

海外向けには数種類のガソリンエンジンとディーゼルエンジン、複数のトランスミッションが仕向け先に応じて用意されるが、韓国では1.6L・直列4気筒ディーゼルと1.6L・直列4気筒GDi・直噴ガソリンターボの2種が用意され、いずれにも7速DCTが組み合わされる。ガソリン車にのみ、FFに加え、4WDも設定される。

上述のキア・ストニックとは兄弟関係にあるが、ディメンションは多少異なり、全長とホイールベースは短く、全幅が広い。また、ホイールハブも走破性強化の目的でストニックの4穴から5穴に差し替えられている。

プラットフォームは起亜と共同で新規開発したGBプラットフォームを採用。コナとストニックのほか、追って登場するYB型キア・リオ(韓国名:プライド)にも使用される。

2019年1月、デトロイトモーターショーにおいて、北米カー・オブ・ザ・イヤー2019の「SUVカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。尚、ジェネシス・G70が「北米カー・オブ・ザ・イヤー2019」を受賞したため、ヒュンダイグループにとっては2冠となる[2]

コナ・エレクトリックの大規模リコール編集

2018年5月以降、韓国内ではコナ・エレクトリックの火災が確認されるようになり、2020年10月にかけ12件報告された。韓国国土交通部は、LG化学製のバッテリーセルの製造不良が原因であると発表[3]。2020年10月16日にリコールの届出を行った。対象は2017年9月から2020年3月に生産した車両で、韓国販売分が2万5564台、北アメリカ、欧州、中国市場などの海外販売分約5万1000台[4]

販売台数編集

暦年 欧州 米国[5] 豪州
2017 6,884
2018 65,469 47,090
2019 105,030 73,326 13,342[6]

車名の由来編集

ともにアメリカ合衆国の地名が由来。

脚注編集

注釈編集

[脚注の使い方]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ヒュンダイ、ジューク 対抗作「コナ」発表…コネクト充実”. Response. (2017年6月15日). 2017年7月18日閲覧。
  2. ^ 北米カーオブザイヤー、韓国メーカーが初の2冠…デトロイトモーターショー2019”. msn自動車 (2019年1月15日). 2019年1月24日閲覧。
  3. ^ 韓国現代自、火災相次いだEV車をリコール=原因はバッテリー欠陥なのか?”. レコードチャイナ (2020年10月11日). 2020年11月19日閲覧。
  4. ^ 世界で相次ぐEVリコール、電池は本当に火災事故の原因か”. 日経XTECH (2020年10月23日). 2020年11月19日閲覧。
  5. ^ “Hyundai Motor America Reports December 2019 and Total Year Sales” (プレスリリース), Fountain Valley, California: Hyundai Motor America, (2020年1月3日), https://www.hyundainews.com/en-us/releases/2944 2020年1月27日閲覧。 
  6. ^ VFACTS: 2019 new car sales results | CarAdvice” (英語). CarAdvice.com. 2020年1月31日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集