メインメニューを開く
ルノー・キャプチャー > ルノーサムスン・QM3

QM3(キューエムスリー)は、韓国ルノーサムスン自動車が販売する小型クロスオーバーSUVである。

目次

概要編集

コンセプトモデル編集

 
ルノーサムスン・キャプチャー
(釜山モーターショー2012出品車両)

2011年ジュネーヴモーターショーならびに東京モーターショーで披露されたコンセプトカールノー・キャプチャー」をベースに、2012年釜山モーターショーにおいて「ルノーサムスン・キャプチャー」(Renault Samsung Captur )の名で発表された。

日産・ジュークをベースとした小型2ドアクロスオーバー (CUV) であることや、ルーフにカーボンファイバー製の着脱式を採用したこと、22インチアルミホイールガルウイングドアLEDヘッドライトを採用する点など、エンブレム以外はルノー版とほとんど同じである。

なお、キャプチャーは一時期、ルノー三星ギャラリーに展示されていたこともある。


市販モデル編集

2013年1月 キャプチャーの市販型の情報が公開され、追って、3月のジュネーブモーターショーで発表された[1]

ルノーサムスンからも公式に情報が公開され、同年下半期に発売予定と発表した[2]

市販型は2013年3月のソウルモーターショーならびにメーカー公式サイト上で正式に発表。コンセプトモデル時代の名称をルノーサムスンの車名の法則(アルファベット2文字+車格)に則った名称である「QM3」に変更するとともに、エクステリアも5ドア化など市販向けに修正された。デザインは市販型のキャプチャー同様、ルノーデザイン部のローレンス・ヴァン・デン・アッカーが執りまとめた。 ベースはコンセプトモデル同様にジュークだが、キャプチャーとは違い、サイズやメカニズムの詳細はこの段階では公表されていない[3]

初代(2R型、2013年 - )編集

ルノーサムスンQM3
2013-2017年 フロント
2013-2017年 リア
2017年- フロント
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドア クロスオーバーSUV
エンジン K9K型 直4 1.5Lディーゼル(dCi)
駆動方式 FF
変速機 6速パワーシフトDCT
全長 4,125mm
全幅 1,780mm
全高 1,565mm
ホイールベース 2,605mm
製造国   スペイン
-自動車のスペック表-

ルノーサムスン最小の車種であり、同時にQM5に次ぐ本格的なSUVとなる。

製造は釜山工場ではなく、キャプチャー同様スペインにあるルノー・バリャドリッド工場で行われるため、ルノーサムスンとしては初の輸入モデルとなる[4]

なお、2013年11月にはティザーサイトによる詳細が発表され、1.5Lディーゼル(dCi)+ゲトラグパワーシフトDCTを採用し、グレードは「SE」(モノトーンカラー)、「LE」「RE」(ともに2トーンカラー)の3種を用意した上で翌12月に発表予定とアナウンスされ[5]、同時に行った1000台限定の事前予約はわずか7分で埋まった。その後、12月28日に正式発表された。

2016年からは、公式サイトやYou Tube等で「CAPTURE(CAPTUR) LIFE」(前期型)「CAPTURE(CAPTUR)VIVID LIFE」(後期型)のフレーズを前面に押し出すことで、キャプチャーとの関係性を強調している。

  • 2013年12月28日 - 発表・発売。
  • 2014年12月1日 - 2015モデルを発表。REに新色「マリンブルー」(ルーフ部はホワイト)を追加し、キャプチャーで採用済のインテリアカラーを加え、計3種類としたことで、組み合わせを大幅に拡大。SEには電動格納式ドアミラーを追加。グレード体系およびメカニズムに変更はない。
  • 2015年3月1日 - 「RE」をベースに専用車体色の「ソニックレッド」を纏い、スキッドプレートや路面状況に応じてグリップ力を変えられる「グリップコントロール」を標準装備しながらも価格をそのままとした「RE SIGNATURE」を追加。
  • 2015年11月18日 - 2016モデルに移行。全車にオートストップ&スタートを標準装備としながらも、K9K型エンジンはユーロ6基準をクリアする排ガス性能を満たすように改良したため、燃費は18.5km/Lから17.7km/Lに低下した(その後のランニングチェンジで17.3km/Lに低下)。インテリアはセンターコンソールのデザインを改良して移動式カップホルダーを追加し、フロントシートに角度調整レバーを追加することで使い勝手を向上させた。また、外装色には新色「カーボングレー」も追加された。
  • 2016年11月25日 - 2017モデルに移行。「RE SIGNATURE」に「エトワールホワイト」を追加し、「ソニックレッド」「ショコラブラウン」を加えた3種からの選択制とした。「エトワールホワイト」は専用装備として、ホワイト色がベースの2トーンカラーや電子ルームミラー、シルバー色のスキッドプレート等を備える。
  • 2017年7月26日 - マイナーチェンジ(販売は8月1日より)。変更内容は先に改良を施されたキャプチャーにほぼ準拠。ロシア向けキャプチャーに似たフロントマスクに刷新され、フロントには新たにC型のランプシグネチャーを採り入れたバンパー、「LEDピュアビジョン」と呼ばれるLEDヘッドライト、シーケンシャル(連鎖点灯)タイプのターンランプを採用。リヤコンビレンズにもLEDが採用される。外装のカラーリング、内装の素材、アルミホイールのデザインも変更され、REには新たにクラス初のパノラミックガラスルーフを採用した「REパノラミック」を追加した。メカニズムとスリーサイズに変更はない。

なお、キャプチャーとの差異として以下の点が挙げられる(前後期共通)。

  • 0.9L/1.2Lガソリンエンジンが非設定
  • フロントグリル内のCIマークとモール(CIマークが収まるように形状変更されている)の変更
  • リヤゲートガーニッシュ(キャプチャーは「CAPTUR」のエンボス加工あり、QM3は無印)
  • 車名エンブレムの追加
  • カラーリング設定    など


グレード編集

2018年3月現在

  • SE(Sensible Edition)
  • LE(Luxury Edition)
  • RE(Royal Edition)
  • RE PANORAMIC
  • RE SIGNATURE

車名の由来編集

車名の「QM3」はQM5同様、Qは追求という意味の「Quest」、Mはドライブを意味する「Motoring」のそれぞれの頭文字、3は車格を意味する。

脚注編集

  1. ^ ルノー、新型車キャプチャーを初公開Carview 2013年3月6日(2013年3月6日 閲覧)
  2. ^ ルノーサムスン、小型SUV「キャプチャー」の写真公開中央日報msn)2013年1月14日(2013年2月7日 閲覧)
  3. ^ 【ソウルモーターショー13】ルノーサムスン、QM3 発表(2013年3月29日)2013年4月3日 閲覧
  4. ^ 陸揚げならびに納車前検査は釜山工場で行われる。
  5. ^ QM3 Teaserルノーサムスン公式サイト内

関連項目編集

外部リンク編集

  • QM3前期型 ルノーサムスン公式サイト内
  • NEW QM3後期型 ルノーサムスン公式サイト内
サムスン/ルノーサムスン/ルノー ロードカータイムライン 1990年代-   
タイプ 1990年代 2000年代 2010年代
7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
サブコンパクトカー SM3(N17型) SM3 CE(N17型)
クリオ
コンパクトカー SM3II(L38型)
ミドル SM5(A32型) SM5III(L43型)
SM5II(A34R型)
SM6
アッパー SM7(A34R型)
SM7II(L47型)
SUV QM5
QM6
QM3
EV SM3 Z.E.
トゥイジー
商用車 マスター
  1. ^ https://www.youtube.com/watch?v=40-HlWhJY_k