モハベ(MOHAVE)は、韓国KIAが製造・販売する自動車である。かつては北米市場でもボレゴ(BORREGO)という車名で販売されていた(現在はテルライドが同市場における後継車種)。

概要編集

キア・モハベ
フロント
リヤ
モハベ・ザ・マスター(2019- )
乗車定員 7人
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン ガソリン:
3.8L V6
4.6L V8
ディーゼル:
3.0L V6
駆動方式 FR
4WD
変速機 6AT
5AT
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:マルチリンク
全長 4,880mm
全幅 1,915mm
全高 1,810mm
ホイールベース 2,895mm
タンク容量 82L
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2008年にキアの最上級SUVとして登場。同社初のV型8気筒エンジン搭載車種でもある。 2005年北米国際オートショー (NAIAS)に出展された大型SUVのコンセプトカー、キア・メサ (Kia Mesa) を市販化したものである。市販モデルのデザインはフォルクスワーゲンからキアに移籍してチーフデザイナーに就任したペーター・シュライヤーが担当している。

ソレントが2代目でユニボディに移行し、また親会社の現代自動車テラカンの製造を終了しているため、モハベは現代-起亜自動車グループでは唯一のボディオンフレーム型のSUVとなる。

なおキアの車種では最初に専用エンブレムが用意されている(2例目はスティンガー)。

歴史編集

  • 2008年1月 - 韓国で発売開始。韓国のSUVで初めてプッシュスタートシステムを採用。また、北米でもNAIASで発表された。
  • 2016年2月 - 韓国にて大幅改良モデルを「ザ・ニュー・モハベ」として発表。エンジンはV6・3.0Lディーゼルのみとなった。
  • 2019年3月 - 韓国にてフロントマスク全面刷新モデルを「モハベ・ザ・マスター」として発表。このモデルより韓国市場専売となる。

メカニズム編集

エンジンは250馬力のV型6気筒3.0L・コモンレールディーゼルエンジンのほか、274馬力のV型6気筒・3.8L・DOHCと340馬力のV型8気筒・4.6L・DOHCガソリンエンジン(ともにCVVTを採用)があるが、北米市場はガソリンエンジンのみの設定となる。ディーゼルとV8・4,6LにはZF製の6速ATが組み合わされている(V6・3,8Lは5速AT)。エンジンは親会社である現代自動車ベラクルーズと共用しているが、ディーゼルエンジンに関してはベラクルーズのそれと比べて出力がアップされ、独自性が保たれている。

車名編集

「MOHAVE」は、モハーヴェ砂漠に由来する。

関連項目編集

外部リンク編集