メインメニューを開く

キエフКиев)はソビエト海軍ロシア海軍で1975年から1993年まで就役していた重航空巡洋艦[† 1]キエフ級航空母艦(1143型航空巡洋艦)の1番艦で、1970年から1975年にかけてムィコラーイウのチェルノモルスク造船所(黒海造船所)で建艦された。

キエフ
2004年5月1日(天津にて)
2004年5月1日(天津にて)
基本情報
建造所 チェルノモルスク造船所
運用者 ソビエト海軍
ロシア海軍
級名 キエフ級
前級 1123型(モスクワ級)
次級 1143.5型(アドミラル・クズネツォフ級)
艦歴
起工 1970年7月21日[1]
進水 1972年12月26日[1]
就役 1975年12月28日[1]
退役 1993年6月30日
その後 1996年に中国の企業に売却、2004年5月1日から天津でテーマパーク
要目
基準排水量 30,535トン[2]
満載排水量 41,380トン[2]
全長 273m[2]
水線長 236m[2]
最大幅 49.2m[2]
水線幅 31m[2]
吃水 11.04m[2]
機関 蒸気タービン 4基
主機 8缶
推進 スクリュープロペラ 4軸
出力 180,000shp[2]
最大速力 32.5ノット[2]
航続距離 8,590カイリ/ 18ノット[2]
乗員 1,435名
兵装
搭載機
  • 22機(最大30機)[2]
  • Yak-38M
  • Ka-25 または Ka-27
  • テンプレートを表示

    概要編集

    ソビエト海軍が初めて手にした固定翼機が運用可能な航空母艦であり、世界初のVTOL空母である[† 2]。キエフ建艦に至る経緯はキエフ級航空母艦を参照のこと。

    「キエフ」という艦名は当時ソビエト連邦を構成していたウクライナ・ソビエト社会主義共和国の首都キエフに由来するが、この艦名は元々モスクワ級ヘリコプター巡洋艦3番艦に予定されていたものである[6]。これは新たなモスクワ級の建艦がキャンセルされて本級(1143型航空巡洋艦)の建造が決定された際に、既になされていたモスクワ級3番艦の艦籍への登録をそのまま引き継いだためである[7]

    歴史編集

     
    カモフKa-27カモフKa-25 ヘリコプター、そしてヤコブレフYak-38攻撃機が甲板上に駐機中。 1988年1月6日
     
    ソ連海軍空母キエフ 1985年

    キエフは1970年6月21日に起工され1972年12月26日に進水した。1975年12月28日に完成・就役したが、正式に運用開始されたのは全ての試験が終了した1977年2月になってからだった。今まで経験のない新型艦種であったため、建造途中にも何回もの設計変更を受けた結果、工期は2番艦ミンスクに比べて7か月も多くかかった[8]

    1975年4月、初めて造船所からセヴァストポリへ向かう第3次試験時には艦の戦術番号を艦橋横に書いていたが、アメリカ海軍の真似であるということで海軍総司令部の指示により以降舷側に書き直された[9]

    1976年7月16日、キエフは黒海セヴァストポリから出港し、7月20日にクレタ島沖の地中海艦載機であるYak-38M(搭載していたのは単座型Yak-36Mが4機、複座型Yak-36MUが1機)の運用試験を始めた。このときの航海はソビエトにとっては存在の誇示の一面があり[10]西側にとっては情報収集の機会ということでキエフは大きな注目を集め、NATOから12か国16隻の艦艇がキエフを追尾し偵察機の接触は708回に及んだ[11][12]。キエフの周囲を飛行する西側の航空機が時には危険なほど接近し、警告しても治まらなかったので、業を煮やしたキエフの艦載機がたまたまそこにいた西ドイツ偵察機を標的とした攻撃訓練を行ってみせると以降は接近が減少したという話や[3]アメリカ空軍の電子偵察機RC-135Uが、電波の傍受をされないよう一切の電波放射をとりやめて航行していたキエフに対して、フラップと着陸脚を下ろしてキエフの飛行甲板上に強行着艦するかのようにアプローチし、キエフ内を大騒ぎさせて再度電波の発信をするように仕向けた話[11]などが伝えられている。

    1976年8月10日にムルマンスク州セヴェロモルスクに到着し、北方艦隊の第170対潜水艦旅団に配属され、引き続き12月まで追加試験を行った。1977年4月の12日から19日にかけてSever-77演習に参加、1977年6月26日には「対潜巡洋艦」から「重航空巡洋艦」に艦種変更された。1977年12月20日から1978年4月21日までの間、この艦は大西洋と地中海における作戦に参加した。1978年11月3日、セヴェロモルスク沖合で停泊中に嵐のため座礁、損害はなかったがこれ以降キエフは停泊中でも主機の停止を禁止され、主機寿命の短縮に繋がった[3]。1978年8月4日には地方演習に参加し、10月11日には白海において主装備ミサイルの最終試験を行った[13]

    1977年から1987年にかけて、キエフは10回の試験航海を大西洋地中海で行った。1979年3月には姉妹艦であるミンスクとともに機動演習を行った。1981年10月、キエフはバルト海で行われたソ連史上最大の軍事演習であるザーパド81において援護艦隊の旗艦をつとめた[14]

    1982年12月から1984年11月にかけて、ムィコラーイウで整備と近代化改修を受けた。1985年よりYak-38の垂直発進から短距離発進への変更[† 3]と搭載ヘリコプターKa-25からKa-27への更新が開始された。1985年キエフは北方艦隊に戻った。1987年から主にセヴェロモルスクにとどまるようになった。1989年12月、キエフは予備艦隊に移動となった。

    ソ連崩壊後、この艦はロシア連邦共和国に引き取られた。軍事予算の低減と艦の状態の悪化により1993年6月30日に退役した[13]。実質的な運用期間は12年とこのクラスの大型艦にしては短いが、これはソビエト連邦崩壊だけではなく、基地の支援設備が不充分であったこと、人員的な面で日常の整備不良が恒常化していたことなどが影響していると言われる[16]。ソ連はキエフ級も整備できるようにするため北洋艦隊の修理工場向けにスウェーデンから、太平洋艦隊の修理工場向けに日本からそれぞれ8万トンの浮きドックを購入したが、どちらも技術者の育成不足のため最後まで有効に活用されなかった[17]

    引退後編集

    1996年、キエフは中華人民共和国天津市にある天津浜海空母テーマパークに売却された。このコンセプトは観光娯楽コンサルタント会社のLeisure Quest Internationalによって開発された[18]

    2011年8月、元キエフの船体は960万ポンドをかけて豪華ホテルに改装された[19][20]

    出典と脚注編集

    1. ^ 重航空巡洋艦という名称はソ連/ロシア海軍独自のものであり、"航空母艦"のボスポラス海峡通過を禁止したモントルー条約の制限を回避するための呼称であると同時に、これにはソ連指導部の「航空母艦」に対する反感の回避の意味もある[3]。当時ソビエト政府には「航空母艦は帝国主義の攻撃兵器」であるとしてイデオロギー的な反発が存在した[4]
    2. ^ BAe シーハリアーを搭載したイギリス海軍インヴィンシブル級航空母艦の就役は1980年でそれに先立つ[5]
    3. ^ Yak-38は垂直離着陸しかできなかった時はペイロード750kgで航続距離は200km未満だったが、短距離離着陸の手法を確立するとペイロード1tで航続距離600km、2tで400kmにまで改善された[15]
    1. ^ a b c Heavy Aircraft-Carrying Cruisers - Project 1143”. russian-ships.info (2013年). 2014年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月6日閲覧。
    2. ^ a b c d e f g h i j k 『ソ連/ロシア空母建造史』p121
    3. ^ a b c 『ソ連/ロシア空母建造史』p127
    4. ^ 『ソ連/ロシア空母建造史』p98
    5. ^ 『世界の傑作機 No.162』p69
    6. ^ 『ソ連/ロシア空母建造史』p120
    7. ^ 『ソ連/ロシア空母建造史』p124
    8. ^ 『ソ連/ロシア空母建造史』p40
    9. ^ 『ソ連/ロシア空母建造史』p34,p125
    10. ^ 『世界の傑作機 No.162』p6
    11. ^ a b 『世界の傑作機 No.162』p71
    12. ^ 『ソ連/ロシア空母建造史』p126
    13. ^ a b Holm, Michael (2013年). “Kiev class”. ww2.dk. 2013年12月6日閲覧。
    14. ^ 『ソ連/ロシア空母建造史』p128
    15. ^ 『ソ連/ロシア空母建造史』p92
    16. ^ 『ソ連/ロシア空母建造史』p35
    17. ^ 『ソ連/ロシア空母建造史』p129
    18. ^ Leisure Quest International - About
    19. ^ China launches second aircraft carrier after a £9.6m refit... as a luxury hotel”. Daily Mail (2011年8月11日). 2013年12月6日閲覧。
    20. ^ Branigan, Tania (2011年8月10日). “China launches second aircraft carrier – as luxury hotel”. The Guardian. 2013年12月6日閲覧。
    • Заблоцкий, В.П. (V.P. Zablotskiy) (July 2003). “Тяжелый авианесущий крейсер "Киев" ”. Morskaya Kollektsiya ("Naval Collection"). 
    • 世界の艦船 2017年8月号増刊 No.864 『ソ連/ロシア空母建造史』 海人社 2017
    • 『世界の傑作機 No.162 ヤコブレフYak-38"フォージャー"』 文林堂 2014 ISBN 9784893192295

    関連項目編集

    外部リンク編集