メインメニューを開く

クアンタム・オブ・ザ・シーズ (MS Quantum of the Seas)は、ロイヤル・カリビアン・インターナショナルが運航するクルーズ客船

クアンタム・オブ・ザ・シーズ
Quantum of the seas 20180818 OSAKA.jpg
大阪天保山に停泊中の本船(2018年)
基本情報
船種 クルーズ客船
クラス カジュアル
船籍 バハマの旗 バハマ ナッソー
運用者 アメリカ合衆国の旗 ロイヤル・カリビアン・インターナショナル
建造所 マイヤー・ヴェルフト
母港 上海
姉妹船 アンセム・オブ・ザ・シーズ
オベーション・オブ・ザ・シーズ
信号符字 C6BH8
IMO番号 9549463
MMSI番号 311000267
経歴
就航 2014年11月
要目
総トン数 168,666トン
載貨重量 12,000トン
全長 347.10m
全幅 41m
喫水 8.82m
航海速力 22.0ノット
旅客定員 4,180人
乗組員 1,500人
テンプレートを表示

目次

概要編集

2014年11月に就航、処女航海となるニューヨーク発着のカリブ海クルーズを2014年11月から2015年4月にかけて実施した。2015年5月から約1ヶ月半かけてアジアクルーズの母港となる上海宝山国際クルーズターミナルへのポジショニング(配置換え)クルーズを行い、2015年6月から上海を母港としてアジアクルーズに就航している。

日本初寄港は、上海発着の4泊5日のクルーズで、2015年6月27日博多港に寄港した。中華人民共和国駐福岡総領事館、国土交通省福岡市などの関係者が出席して歓迎式典が開催された。 [1]。 2015年7月2日には、境港へ初寄港した。上海発着の5泊6日のクルーズで、中東呼吸器症候群の感染拡大の影響で、釜山から寄港地を変更した[2]。 また、2015年7月19日には長崎港に寄港した。 また、8月15日には広島港五日市岸壁に寄港した[3]2018年4月20日には、山口県下関市下関港に初寄港した。

スペクトラム・オブ・ザ・シーズの上海配置に伴い、2019年下半期に母港をシンガポールに移す予定[4]

船内設備編集

  • ノース・スター (宝石型展望カプセル)
  • リップコード・アイフライ (スカイダイビング体験)
  • シー・プレックス (エンターテイメント屋内施設)
  • TWO70 (エンターテイメント施設)

客室編集

スイート編集

  • ロイヤルロフトスイート(152.3m2+38.5m2)
  • オーナーズロフトスイート(90.5m2+28.1m2)
  • グランドロフトスイート(73.8m2+20m2)
  • スカイロフトスイート(68.7m2+17m2)
  • オーナーズスイート(50.2m2+24m2)
  • ファミリースイート(50.4m2+24m2)
  • ファミリージュニアスイート(27.9m2+7.5m2)
  • スーペリアグランドスイート(32.6m2+24m2)
  • グランドスイート(32.6m2+10.1m2)
  • ジュニアスイート(25.6m2+14.9m2)
  • スパジュニアスイート(24.8m2+7.5m2)

バルコニー編集

  • スーペリアバルコニー(18.3m2+5.1-11.0m2)
  • デラックスバルコニー(16.4m2+7.6m2)((視界不良)18.3m2+5.1m2)
  • スチュディオ・バルコニー(11m2+5.1m2)

海側編集

  • スーペリア海側(28m2)
  • ラージ海側(19.8m2)
  • スタンダード海側(16.9m2)

内側編集

  • ラージ内側(16.5-17.3m2)
  • スタンダード内側(15.4m2)
  • スチュディオ内側(9.3m2)

同型船編集

脚注編集

外部リンク編集