クイズグランプリ

クイズグランプリ』は、1970年3月30日から1980年12月26日までフジテレビ系列局で放送されていたフジテレビ製作のクイズ番組である。

クイズグランプリ
ジャンル クイズ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
出演者 小泉博
岩崎美智子
ほか
ナレーター 丘かおる
山内槙子
ほか
オープニング 北京ダック」のアレンジ
月曜 - 土曜時代
放送時間 月曜 - 土曜 19:30 - 19:45(15分)
放送期間 1970年3月30日 - 1974年9月28日
月曜 - 金曜時代
放送時間 月曜 - 金曜 19:30 - 19:45(15分)
放送期間 1974年9月30日 - 1980年12月26日
テンプレートを表示

初回からカラー放送を行っていた。

目次

放送概要編集

放送時間編集

いずれも日本標準時

  • 月曜 - 土曜 19:30 - 19:45 (1970年3月30日 - 1974年9月28日)
  • 月曜 - 金曜 19:30 - 19:45 (1974年9月30日 - 1980年12月26日)

基本ルール編集

番組自体はアメリカのクイズ番組『ジェパディ!』を下地にしている。

毎日、5人から6人程度の解答者が出演してジャンル別(「スポーツ」「芸能・音楽」「文学・歴史」「社会」「科学」、そして「スペシャル」問題(=上記5項目以外から日替わり。初期は「ノンセクション」だった))の6つの項目を選び、10点から50点のカードの中から点数の低い順番に問題を選んでもらう(10点につき1000円の賞金が獲得できる)。原則として、点数が低めの問題では一般常識に近いレベルの問題が出題されやすいが、点数が高めの問題では深い知識が問われる問題が出題されやすかった。最初の問題だけは司会者が無作為(通常はスペシャル問題の10)で選び、第2問からは原則として正解した解答者が問題を選べる。問題は全て早押し形式で、正解すればその表示得点が加算されていく。不正解ならばその点数が減点される。また、チャンスカードが2枚隠されており、これはそれを引いた解答者だけに解答権がある(引くと、家庭用チャイムのような音が2回鳴る)。解答者は得点の範囲で点数を賭けることが出来る。ただし、得点が50点以下の場合50点まで賭けられる。正解すれば賭け点が得点として加算、誤答した場合は賭け点分減点される。全てのカード問題が消化した時点でクイズは終了。最高得点者一人がチャンピオンとなり、チャンピオン大会への出場権が与えられる。

ジャンルボード
スポーツ 芸能・音楽 文学・歴史 社会 科学 スペシャル
10 10 10 10 10 10
20 20 20 20 20 20
30 30 30 30 30 30
40 40 40 40 40 40
50 50 50 50 50 50

なおチャンピオン大会等では、(スペシャル問題)が(ノンセクション)というジャンルに変わる。また、点数も20点単位となり、20 - 100点となった。チャンスカードはなし。チャンピオン大会に出場した解答者席には全員にチャンピオントロフィーが左側に添えられていた。

ジャンルボード
スポーツ 芸能・音楽 文学・歴史 社会 科学 ノンセクション
20 20 20 20 20 20
40 40 40 40 40 40
60 60 60 60 60 60
80 80 80 80 80 80
100 100 100 100 100 100

当初は月曜から金曜まで予選とし、各曜日のチャンピオンが土曜日のチャンピオン大会に出場、そこでチャンピオンとなった人が、ヨーロッパ旅行を獲得した。ただし野球などで休んだ場合は一日分ずれこむ形をとった(例:土曜日休みの場合、翌週月曜にチャンピオン大会を実施)。

土曜の放送が廃止された1974年10月からは、月曜から木曜のチャンピオンと2位の最高得点者が金曜日のチャンピオン大会に出場するようになった。

その後ルールを元に戻してから、後に同じ解答者が3日間連続でトップ賞になった場合にヨーロッパ旅行獲得のチャンスが与えられるというルールに改定された。これはプロ野球中継が午後7時台から開始となったために、シーズン中は放送が飛び飛び[1]となったためと言われている[誰によって?]

このチャンスは2問あり、1問目は判じ絵を見て答えるクイズ(不正解でも2問目に進めた)。2問目は1問多答の問題に対し、制限時間内に5問答える。3問正解すればヨーロッパ旅行獲得。なおこの時期だけ、第2問目はアニメテロップがあった。正解するたびにキャラが5段のタラップを1段ずつ上がっていき、全部正解するとキャラが乗った飛行機が飛んで、飛行機の煙が「おめでとう!ヨーロッパ旅行獲得」の文字に変わる構成であった。逆にタイムアップだとキャラがタラップから落っこち、そのまま飛行機が飛んでいった。

スペシャル大会編集

末期に1・2回だけ、賞金100万円を賭けたスペシャル大会が行われた事があった。出場者はペア8組。

ジャンルは普段と同じ(「スペシャル」は「ノンセクション」)だが、点数は無し。解答者は上から1枚ずつ指定し、出された問題に答える。1問正解で1000円獲得。以後正解のたびに賞金が倍々になり(1000円→2000円→4000円…)、計11問正解で100万円(厳密には102万4000円だが当時の公正取引委員会の規定上100万円まで。さらに所得税分は差し引き)獲得。ただし、間違えると賞金は没収(後に半分没収に変更)。そして4問不正解で失格&退場となる。

以降のルール変更編集

番組末期には、ペア4組による対戦となった。

ジャンルボード
スポーツ 芸能・音楽 文学・歴史 社会 科学 ノンセクション
10 10 10 10 10 10
30 30 30 30 30 30
50 50 50 50 50 50
JP JP JP JP JP JP
100 100 100 100 100 100
ルール変更の際、右端のジャンルはノンセクションに固定され、チャンスカードは廃止された模様[独自研究?]
(JP) はジャックポットチャンスのカード。

最初に解答者の紹介を兼ね、10点の問題を各組に1問ずつ出題する。出題が一巡すると、問題が2問余るので、余った問題は後述する「ヨーロッパクイズ」とされた。その後は、30点の最初の問題を司会者の小泉が選び、その後は原則として正解した解答者が問題を選べる。30点の問題が6問全て終わると、同様に50点の問題を6問出題する。50点の問題が全て終わると、後述するジャックポットチャンスを行い、その後クイズに戻り、100点の問題を出題する。100点の問題は、得点のキャリーオーバー制が採られ、正解が出なかった問題については、得点が次の問題に加算される。全ての問題が終了した時点で、合計得点の上位2組が勝ち抜きとなり、3日連続で勝ち抜くと、ヨーロッパ旅行を賭けたヨーロッパクイズに挑戦する。

ジャックポットチャンス編集

時期によってルールが異なる。

前期
50点の最後の問題に正解した組が、ジャックポットチャンスに挑戦する。それぞれのパネルには50点が4枚、100点が2枚隠されており、挑戦する組が直前に正解した問題のすぐ下のパネルをまず開き、挑戦する組は、隣のパネルから順に、そのパネルが50点か100点かを言い当てる。全て的中すれば合計400点を獲得。途中で失敗しても、それまでに開けたパネルの得点の合計が獲得できた。
後期
後期は他の問題と同じ方式のクイズとなり、得点がシークレットとなっているのが異なるだけであった。それぞれのパネルには10点、30点、50点、70点が各1枚ずつ、100点が2枚隠されており、正解すればその得点が加算、不正解ならば減点された。

ヨーロッパクイズ編集

3日連続で勝ち抜いた組は、ヨーロッパクイズに挑戦することができる。問題は2人がそれぞれ解答する書き問題で、出題の前に衝立が設けられた。挑戦する組は、残っていた10点の問題からいずれか1つを選び、2人がそれぞれフリップに答えを書く。2人とも正解ならばペアでヨーロッパ旅行を獲得、どちらか1人だけ正解の場合は、正解した人だけが旅行を獲得できた。

なお、ヨーロッパ旅行は、獲得者本人が仕事や病気、身内の不幸等で参加不可能な場合は、代理参加(配偶者および兄弟姉妹、父母に限定。費用の割り増しあり)が可能だった。また、旅行は東急観光(現・東武トップツアーズ)が担当していた。

その他の副賞編集

出場者には全員に賞金と、提供スポンサー各社からの商品が「参加賞」として贈呈されたほか、チャンピオン大会に進出した優勝者以外の人にはヨーロッパ名勝地の絵画が贈呈されていた。

関連グッズ編集

クイズグランプリゲーム
タカラ(現・タカラトミー)発売のボードゲーム『スクールパンチ』の新シリーズで、人気テレビ番組をゲーム化した『TVシリーズ』の1つである。ジャンルは通常と同じだが、「スペシャル」は「ノンセクション」となるも、「チャンス」は挿入されている。描かれている解答者は4名(番組では5名)で、「山本浩一」「西条ひろみ」などと著名人をもじっている。

備考編集

  • 得点用電光掲示板の表示方式は、『新春スターかくし芸大会』『ものまね王座決定戦』『オールスター紅白大運動会』などの他のフジテレビ系番組でも見られたものと同じである。
  • クイズの問題は板に印刷されていた。それゆえに、問題を読み上げ始めた直後に早押しボタンが押されることが多かった。問題替えは人力で行った(アルバイト学生などが動かしたという[要出典])。
  • 問題のパネルが出る前に、小泉は決まって「大いに好ゲームを期待いたしましょう!」と述べていた。
  • 問題の読み上げは問題文がパネルに全て書かれていたため、たとえ途中で早押しボタンが押されても最後まで読み上げられるのも大きな特徴のひとつであった。ただし放送時間の関係上、問題読み上げ後のシンキングタイムは2秒程度と非常に短かった。また、正解者の出なかった場合には、出題ナレーターが正解をアナウンスした。
  • アシスタントは、女子大学生によって行なわれた[2]
  • パネルが残り1枚になると、非常用のハンドベルが鳴らされた。
  • 子供大会や高校生大会も行われていた。高校生大会では一般常識問題が数多く出題された。解答者は一流進学校の生徒が多かったことは後年の同種の番組と変わりなかったが、彼らは真面目に解答をし、優勝しても特に大喜びすることもなかった。1979年5月放送の高校生大会では、後にテレビクイズ14冠王となった道蔦岳史が初めて優勝した。
  • 番組で出された問題やエピソードを記載した関連書籍全5集が、1974年から1979年にかけてサンケイ出版から順次出版された。
  • この番組が放送されていた1970年代は、放送用VTRが2インチ規格で機器・テープとも高価な上に操作・編集も煩雑だったことや、著作権法上番組の資料保存が安易に行えなかったこと、加えて1回当たりの放送時間も約15分と短かったことから、放送のたびに映像は原則として上書き消去され、現存している映像は数えられるほどと言われる[誰によって?]。ただし、1979年5月の高校生大会決勝は神奈川県横浜市放送ライブラリーで視聴可能である。
  • 往年の人気クイズ番組だったこともあり、『とんねるずのみなさんのおかげでした』などのバラエティ番組パロディ化された。『とんねるずのみなさんのおかげでした』では解答席が同時期に放送された『ダイビングクイズ』(毎日放送制作)の滑り台となっており、解答者がお手付きをするごとに滑り台が傾き(しかも高得点の問題ではより速く傾いた)、滑り落ちた時点で失格という企画が行われた。
  • 1989年12月31日(日曜) 19:00 - 22:44に放送された年末特番『タケちゃんの笑って逃げ切る大晦日』(出演:ビートたけし ほか)の中で番組の1コーナーとしてクイズグランプリの復刻版が行われている。そのときのコーナー司会は島田紳助逸見政孝だった。
  • 2006年5月28日(日曜) 22:00 - 22:55にBSフジTV☆Lab』で、クイズグランプリの復活版『クイズグランプリ2006』[3]が放送された。司会は石原良純高島彩フジテレビアナウンサー(当時)で、フジテレビの当時の若手アナウンサー陣による大会だった。

脚注編集

  1. ^ プロ野球中継編成時の雨傘番組は、本番組と『スター千一夜』、そして20時台のレギュラー番組は編成されず、映画番組等を編成していた[要説明]。なお開始時刻が19:00に変更された1976年[いつ?]からは、19:00番組(主にアニメ)は通常通り編成された。この体制は、19:30台帯番組が廃止される1981年まで続いた。
  2. ^ 1977年に朝日新聞番組欄[要説明]
  3. ^ TV☆Lab”. フジテレビ. 2017年3月18日閲覧。
フジテレビ系列 月曜 - 金曜19:30枠
前番組 番組名 次番組
3000万円クイズ
(1969年10月1日 - 1970年3月27日)
クイズグランプリ
(1970年3月30日 - 1980年12月26日)
クイズ漫才グランプリ
(1981年1月12日 - 1981年6月5日)
フジテレビ系列 土曜19:30枠
3000万円クイズ
(1969年10月4日 - 1970年3月28日)
クイズグランプリ
(1970年4月4日 - 1974年9月28日)
【1974年10月廃枠】
オールスター90分
(1974年10月5日 - 1975年3月29日)