メインメニューを開く

クリストファー・マッカリー

生い立ち編集

ニュージャージー州プリンストン・ジャンクション生まれ。同地のウェスト・ウィンザープレインズボロ南高校の学友には、監督のブライアン・シンガー、俳優のイーサン・ホーク、ミュージシャンのジェームス・マーフィーがいた[1]。進学はせず、補助教員として西オーストラリア州パースの寄宿学校に勤め、その後オーストラリア大陸西部をヒッチハイクで巡った。1年ぶりに米国へ戻ると、ニュージャージー州の興信所で4年間働いた。1992年、ニューヨーク市警察へ進もうとしていた矢先、シンガーから『パブリック・アクセス』の脚本執筆に誘われ、翌年サンダンス映画祭グランプリを受賞する。

キャリア編集

再びシンガーと組んだ1995年の『ユージュアル・サスペクツ』で数多くの賞を受賞。同作は『ニューヨーク・タイムズ』の2004年「過去最高の映画1000」や全米脚本家組合の2006年「最高の映画脚本101」にまで名を連ねた。

その後数年間は『X-メン』を含むスタジオ映画のリライトや、マーティン・スコセッシレオナルド・ディカプリオのために用意されたアレクサンドロス3世の生涯を描く脚本のピーター・バックマンとの共同執筆に携わった。

2000年には脚本と監督を務めたベニチオ・デル・トロライアン・フィリップジェームズ・カーン主演の『誘拐犯』が公開された。

その後ジョン・ウィルクス・ブースを描く脚本にディラン・カスマンと、太平洋戦争の壮絶な終焉を描く『The Last Mission』にネイサン・アレグザンダーと、それぞれ企画段階で係わった。

マッカリーとアレグザンダーは、1944年7月20日のヒトラー暗殺未遂事件を描く脚本の執筆のためにクラウス・フォン・シュタウフェンベルクの遺族に接触した。シンガー監督、トム・クルーズ主演の『ワルキューレ』は最終的に2008年12月25日に公開された。

2010年に放送されたNBCのテレビドラマ『Persons Unknown』ではクリエーターを務めている。

STAR BLAZERS』(日本のアニメ『宇宙戦艦ヤマト』の実写版)では、製作のスカイダンス・プロダクションズへ自分から企画を持ち込み、監督を務める予定である[2]

監督・脚本作品編集

公開年 邦題
原題
備考
2000年 誘拐犯
The Way of the Gun
2012年 アウトロー
Jack Reacher
2015年 ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
Mission: Impossible - Rogue Nation
2018年 ミッション:インポッシブル/フォールアウト
Mission: Impossible - Fallout
兼 製作

脚本作品編集

出典編集

  1. ^ Miller, Lynn. "More West Windsor Filmmaking Stars on the Horizon"[リンク切れ], West Windsor & Plainsboro News, December 15, 2007. Accessed December 15, 2007. "Two West Windsor-Plainsboro High School graduates are following in the footsteps of two other filmmakers from West Windsor, Bryan Singer and Christopher McQuarrie. Singer, Class of 1984, and McQuarrie, Class of 1986, have recently joined together for the filming of “Valkyrie,” a controversial film about Colonel Claus Schenk von Stauffenberg, the German Army officer who tried to do away with Hitler during World War II."
  2. ^ 「宇宙戦艦ヤマト」ハリウッドで実写化 MI5のマッカリー監督で ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

外部リンク編集