メインメニューを開く

クリストーバル・コロン (フリゲート)

クリストーバル・コロン[1]スペイン語Cristóbal Colón F-105)は、スペイン海軍フリゲートアルバロ・デ・バサン級フリゲートの5番艦。艦名はクリストファー・コロンブスに由来する。

クリストーバル・コロン
F105 Cristobal Colon.JPG
基本情報
建造所 ナバンティア
フェロル造船所
運用者  スペイン海軍
艦種 フリゲート
級名 アルバロ・デ・バサン級
艦歴
発注 2005年5月20日
起工 2007年6月29日
進水 2010年11月4日
要目
排水量 基準 不明t
満載 6,250t
全長 146.72m
最大幅 18.6m
吃水 4.75m
機関 COGAG方式、2軸推進
LM2500 ガスタービン × 2基(46,648HP
バサン=キャタピラー3600ディーゼル × 2基(12,000HP)
速力 最大速 29ノット
乗員 240名
兵装 Mk 45 Mod 2 54口径5インチ砲 × 1基
メロカ 20mmCIWS × 2基
ハープーンSSM 4連装発射筒 × 2基
Mk41VLS 32セル
Mk32 Mod9 324mm魚雷発射管 × 4基
搭載機 SH-60B シーホークLAMPS × 1機
C4ISTAR NTDS (リンク 4A/11/14/16)
Mk 7 AWS+Mk 34 GWS
レーダー AN/SPY-1D 多機能フェーズドアレイ
AN/SPS-67(V)4 対水上
タレス スカウト航海
AN/SPG-62イルミネーター × 2基
FABA DORINA 射撃指揮
ソナー ENOSA=レイセオン DE 1160LF(I)
テンプレートを表示

当初の艦名はロヘル・デ・ラウリアes:Roger de Lauria)が予定されていたが変更され、クリストーバル・コロンとなる。

艦歴編集

「クリストーバル・コロン」は、イージスシステム搭載型フリゲートとしてナバンティアフェロル造船所で建造され、2007年6月29日起工[2]、2010年11月4日進水、2012年に海軍に納入予定。

脚注編集

  1. ^ B.O.D. «OM 600/13299/09, de 31 de julio, por la que se asigna nombre a la quinta fragata (F-105) de la clase «Alvaro de Bazán».» B.O.D.. Vol. 26 2009年8月26日第166号
  2. ^ RevistaNavalNavantia inicia la construcción de la fragata F-1052007年7月1日