メインメニューを開く

グランセナ新潟FC(グランセナにいがたフットボールクラブ)は、新潟県新潟市に本拠地を置くアマチュアサッカークラブ。北信越リーグのトップ新潟が(株)グランセナフットボールクラブの支援を受け2007年度に名称変更。

グランセナ新潟FC
原語表記 グランセナ新潟フットボールクラブ
愛称 グランセナ新潟
クラブカラー     青、    赤、    
創設年 2004年
所属リーグ 新潟県サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 新潟県新潟市
ホームスタジアム グランセナ新潟サッカースタジアム
運営法人 株式会社グランセナフットボールクラブ
代表者 大越康成
監督 長瀨重典
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
グランセナフットボールクラブ
GRANSCENA FOOTBALL CLUB. Inc
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
950-2023
新潟県新潟市西区小新4088
設立 2007年2月
業種 サービス業
事業内容 グランド運営、サッカークラブ運営、
サッカースクール、フットサルコート開発
代表者 大越康成
資本金 4,500万円
主要株主 株式会社トップカルチャー
テンプレートを表示

目次

クラブ概要編集

2009年開催のトキめき新潟国体への新潟県社会人サッカー強化とアマチュア最強チームを目指し、2004年度に新潟県サッカーリーグ1部所属の新潟ナポリFC[1]と、北信越リーグ所属の新潟蹴友会[2]が合併して新たに結成。同時にトップカルチャー(新潟を拠点とする、蔦屋書店のFC店舗を運営する企業)の支援を受け、トップ新潟として北信越リーグ2部に参戦。監督は新潟ナポリFCに引き続き富井信之監督が就任し、2004年度から2006年度までの3年間同チーム名で活動。2007年度よりトップカルチャーの連結子会社として発足したスクール、スタジアム運営会社(株)グランセナフットボールクラブの支援を受け、チーム名をグランセナ新潟FCへと名称変更。新潟からアマチュアクラブとして頂点を目指している。GRANSCENA(グランセナ)はイタリア語のGRANDE(大きい・広大な)とSCENA(舞台)を組み合わせた造語。「日本一を誇る広大な施設を舞台に新潟にスポーツ文化を拡げていき地域に根ざしていく」という想いを込めて付けられている。

クラブ施設編集

ホームスタジアムは"グランセナ新潟サッカースタジアム"で新潟市西区小新にある。人工芝ピッチ2面・フットサルコート3面・クラブハウスがあり、照明設備を有している。

下部組織編集

その他、ジュニア世代から一般までのサッカースクールを運営しており、スクールマスターには釜本邦茂を迎えている。

下部組織の実績編集

2010年: 日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)出場
2010年: 第2回北信越ユース(U-15)サッカーリーグ優勝

チーム成績・歴代監督編集

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 点差 監督
2004 北信越2部 5位 19 14 6 1 7 20 19 1 富井信之
2005 4位 21 13 6 3 4 13 11 2
2006 3位 22 14 6 4 4 24 19 5
2007 優勝 31 14 10 1 3 27 8 19 坪田和美
2008 北信越1部 5位 17 14 5 2 7 28 46 -18
2009 6位 10 14 3 1 10 19 59 -40
2010 4位 17 14 5 2 7 24 33 -9 ジュリオ・セザール
2011 5位 14 14 4 2 8 21 30 -9 坪田和美
2012 8位 4 14 1 1 12 7 72 -65 高田栄二
2013 北信越2部 8位 4 14 1 1 12 6 72 -66 ジュリオ・セザール
2014 新潟県1部 6位 13 9 4 1 4 30 24 6 アントニオ・カルロス・アンドレ
2015 新潟県1部 9位 3 9 3 0 6 16 28 -12 大湊元
2016 新潟県1部 8位 7 9 2 1 6 19 32 -13 アントニオ・カルロス・アンドレ
2017 新潟県1部 5位 10 8 3 1 4 18 19 -1 濱田堯
2018 新潟県1部 2位 21 9 7 0 2 31 9 22 長瀨重典
2019 新潟県1部
  • 2004年度は新潟県中越地震発生の為、2試合を棄権 (不戦敗扱い)
  • 2009年度は坪田和美監督がシーズン途中に休養した為、グランセナ新潟FC前実行委員で旧新潟蹴友会監督の佐々木篤行が監督代行として指揮を執った
  • 2015年度の成績は2部降格ラインの9位だが、1位CUPS聖籠が北信越2部に昇格した為に繰り上がり残留

所属選手・スタッフ編集

ユニフォーム編集

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
 
 
 
 
FP 1st
 
 
 
 
FP 2nd
 
 
 
 
GK 1st
 
 
 
 
GK 2nd

チームカラー編集

  • 2004年-2006年 青、黄
  • 2007年- 青、赤、白

ユニフォームスポンサー編集

過去のユニフォームスポンサー編集

ユニフォームサプライヤー編集

脚注編集

  1. ^ 新潟ナポリFCは1996年アルビレオ新潟FCのアマチュアメンバーを中心として発足。2003年度には横浜FC東京ヴェルディ等で活躍した元Jリーガーの吉田正樹が所属していた。又トップ新潟合併後も元メンバーや元スタッフを中心に冬季間限定のフットサルチームに移行して活動していたものの、2009年10月にトップチームのみがRUEDA FUTSAL NIIGATAとして独立。通年のフットサルチームとして北信越フットサルリーグで長らく活動していたが、2018年1月31日を持って解散した。尚、下部組織だった新潟市と三条市のジュニアチームと、RUEDA独立後に新たに立ち上げられたフットサルチームが現在も新潟ナポリFCの名称で活動している。
  2. ^ 新潟蹴友会は1979年新潟工業高校サッカー部のOBを中心に発足した古豪で、新潟イレブンSC(現アルビレックス新潟)がプロ化後、新潟ナポリFCと新潟県社会人クラブチームの2強としてしのぎを削っていた。その後、新潟蹴友会のOBチームでも有った旧新潟蹴友マスターズ(フリーダムSC)が新潟蹴友会の名前を受け継ぎ、現在も同名で新潟県サッカーリーグ等で活動している。

外部リンク編集