FCバレイン下関(エフシーバレインしものせき、FC Baleine Shimonoseki)は、山口県下関市を本拠地とする社会人サッカークラブ。Jリーグ加盟を目指すクラブの一つである[2]

FCバレイン下関
原語表記 FCバレイン下関
呼称 FCバレイン下関
愛称 バレイン
クラブカラー   群青
 
創設年 2006年
所属リーグ 中国サッカーリーグ
ホームタウン 山口県下関市
ホームスタジアム Nogihama Park.jpg乃木浜総合公園天然芝グラウンド[1]
下関市営下関陸上競技場001.jpgセービング陸上競技場[1]
収容人数 5,000(乃木浜天)
23,939(SV下関)
運営法人 一般社団法人ウエストネーション下関SC[1]
代表者 日本の旗 福原康太
監督 日本の旗 八田康介
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
一般社団法人ウエストネーション下関SC
設立 2019年2月4日
所在地 山口県下関市松屋本町3丁目1139番地1
北緯34度3分10.4秒 東経131度3分16秒 / 北緯34.052889度 東経131.05444度 / 34.052889; 131.05444座標: 北緯34度3分10.4秒 東経131度3分16秒 / 北緯34.052889度 東経131.05444度 / 34.052889; 131.05444
法人番号 3250005008473
活動地域 山口県下関市
活動内容 サッカークラブの運営
ウェブサイト http://fcbaleine.jp/
テンプレートを表示

概要編集

下関市サッカー協会は独自の社会人サッカーリーグとして「下関市サッカーリーグ」を運営していたが、同リーグは日本サッカーのリーグ構成のカテゴライズからは外れたリーグであり、同リーグに参加しても日本サッカー協会 (JFA) の主管する大会には参加できなかった。こうした状況を踏まえ、下関市サッカー協会がJFA主管リーグへの参画(当面は最下位カテゴリーである山口県社会人サッカーリーグへの参戦)のために下関市社会人リーグから選抜された選手を中心に2006年に発足したのが本クラブである[3]。ホームスタジアムは乃木浜総合公園天然芝グラウンド下関市営下関陸上競技場である[1]

バレイン(Baleine)はフランス語で「クジラ」を意味し、下関がかつて捕鯨基地であったことや名産品から由来する[1]。マスコットキャラクターはマッコウクジラをモチーフとした「マッコー」[4]。青色をした体にBaleineの文字と、頭に背番号ではなく頭番号として10と書かれている[1]

歴史編集

山口県リーグ時代(2006年 - 2018年)編集

2006年
県リーグ4部からのスタート。Bブロック2位の成績。
2007年
県リーグ4部Bゾーン8戦無敗で優勝。
山口県サッカー選手権大会(兼天皇杯県予選)でベスト4へ進む。
2008年
3月の野上杯争奪サッカー大会ではベスト4でレノファ山口FCに敗れ、短期的目標である県1部への飛び級昇格がここで断たれる。
県リーグ3部Bゾーンで全勝優勝。
2009年
野上杯争奪サッカー大会準優勝。
県リーグ2部Bゾーンで1位。上位決定戦ではAゾーン1位のFC OPAに敗れたため総合2位で終了。
入替戦は1部5位の岩国SCに3-1で勝ち、次年度の県1部昇格を決める。
2010年
ユニフォームを変更し、西中国信用金庫をはじめとした地元企業のスポンサーネームが入る。
新潟県で行われた第17回全国クラブチームサッカー選手権大会で3位に入賞。
2011年
野上杯争奪サッカー大会優勝。山口県サッカー選手権大会ベスト4。
県リーグ1部優勝(7クラブ)。中国地域県リーグ決勝大会は1回戦で敗退。
2012年
山口県サッカー選手権大会ベスト4。第19回全国クラブチームサッカー選手権大会に下関市代表として出場。
県リーグ1部5位(6クラブ)。県リーグ入替戦、2部2位のLeo SCに3-1で勝利し、1部残留を決めた。
2013年
野上杯争奪サッカー大会準優勝。山口県サッカー選手権大会ベスト4。
2014年
ユニフォームカラーを緑から群青へ変更。
古賀宗樹入団。森本惟人復帰。
野上杯争奪サッカー大会準優勝。山口県サッカー選手権大会ベスト4。
県リーグ1部2位(6クラブ)。
レノファ山口FCから福原康太をレンタル移籍で獲得する。
2015年
福原康太の完全移籍をはじめ、松江シティFCから前田昇吾、FC宇部ヤーマンから中川心平、佐久間大樹、西川充などの元レノファ山口所属選手が入団。
船津佑也を選手兼コーチとして迎え入れる。
県リーグ1部2位(8クラブ)。2度目の中国地域県リーグ決勝大会出場も1回戦でSC鳥取ドリームスに延長の末敗れる。
2016年
山口県サッカー選手権大会には第4シードで出場しベスト4(優勝した徳山大学に敗れる)。
県リーグ1部を無敗で制し(6クラブ)、3度目の中国地域県リーグ決勝大会出場。
2017年
選手兼ヘッドコーチを務めた船津佑也と、監督を務めた大西秀典が退団。監督には福原康太が選手・GM兼任で就任した。
県リーグ1部で連覇。3年連続4度目の中国地域県リーグ決勝大会出場。
2018年
県リーグ1部で3年連続優勝。中国地域県リーグ決勝大会Aブロックを制して、2019年からの中国サッカーリーグ昇格を決めた。

中国リーグ時代(2019年 - )編集

2019年
監督兼GMの福原康太が勇退し、クラブの代表に就任。監督に元ツエーゲン金沢監督の森下仁之が就任。
運営法人として「一般社団法人ウエストネーション下関SC」設立。
中国サッカーリーグ4位(10クラブ)。
2020年
森下が監督を退任して、GMの福原がGM兼任で監督に就任(復帰)。新加入選手は、第99回天皇杯に出場した元徳山大学FW西田憲誌朗が入団。
リーグ戦が中止となり、代替大会「CSL Championship2020」(C-1)に参戦。グループリーグを首位通過し決勝まで勝ち進むが、決勝でSRC広島に敗れて準優勝となり、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2020(地域CL)進出を逃した。一方、山口県サッカー選手権大会では悲願の初優勝を果たし、第100回天皇杯に初出場(初戦で福山シティFCに敗戦)。
2021年
GM兼監督の福原がGMに専念するため監督を退任。後任に元ヘッドコーチの船津佑也を招聘。
森本惟人を始め7名が現役引退、9名が退団となった一方、GK八田裕平や大卒新人など5名が新加入し、少数精鋭で臨むことになった。
5月4日で監督の船津を解任、暫定的に福原GMが監督を務めた。
レギュレーション変更に伴い「リーグ1巡目対戦の結果」で決することとなった全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2021(地域CL)出場権争いは、いち早く一巡目対戦を終えて首位となっていたが、最終的に三菱自動車水島FCと勝ち点・勝率で並ばれ、得失点差で上回られて2位に終わった。しかし「輪番枠」で地域CL初出場を決めた。
2022年
監督に前ニッパツ横浜シーガルズヘッドコーチの八田康介を招聘(福原はクラブ代表職に専念)。

成績・歴代監督編集

リーグ戦編集

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 得失 監督
2006 山口県4部Bブロック 2位 18 8 6 0 2 39 7 32 宮崎明宏
2007 優勝 24 8 8 0 0 49 2 47
2008 山口県3部Bブロック 優勝 21 7 7 0 0 24 1 23
2009 山口県2部 2位 16 7 5 1 1 40 5 35
2010 山口県1部 3位 16 10 5 1 4 32 18 14
2011 優勝 31 12 10 1 1 40 14 26
2012 5位 14 10 4 2 4 29 14 15 宮崎明宏/大西秀典
2013 5位 11 12 2 3 7 23 35 -12 大西秀典
2014 2位 16 10 5 1 4 33 21 12
2015 2位 32 14 10 2 2 45 12 33
2016 優勝 26 10 8 2 0 33 5 28
2017 優勝 29 12 9 2 1 41 8 33 福原康太
2018 優勝 34 12 11 1 0 64 9 55
2019 中国 4位 32 18 10 2 6 45 23 22 森下仁之
2020 新型コロナウイルスの影響により中止 福原康太
2021 2位 35 16 11 2 3 35 16 19 船津佑也/福原康太

全国クラブチームサッカー選手権大会編集

年月日 ラウンド 会場 スコア 対戦相手
17 2010年10月31日 2回戦 JSCグ 3 - 1 狭山ラトルズSC
2010年11月1日 準々決勝 聖籠SC 4 - 1 Revolt
2010年11月2日 準決勝 五十公野 0 - 3 FC Kawasaki

天皇杯 JFA 全日本サッカー選手権大会編集

年月日 ラウンド 会場 スコア 対戦相手
100 2020年9月30日 2回戦 広島一球 0 - 1 福山シティFC
101 2021年5月22日 1回戦 Cスタ 1 - 3 三菱水島FC

タイトル編集

リーグ戦編集

カップ戦他編集

所属選手・スタッフ編集

2022年

スタッフ編集

役職 名前 生年月日(年齢) 前職 備考
代表   福原康太 (1983-03-23) 1983年3月23日(39歳) FCバレイン下関 監督兼代表
監督   八田康介 (1982-03-17) 1982年3月17日(40歳) ニッパツ横浜FCシーガルズ ヘッドコーチ 新任

選手編集

Pos No. 選手名 生年月日(年齢) 前所属 備考
GK 1   岡崎隆雅 (1999-12-31) 1999年12月31日(22歳) 大阪体育大学 新加入
25   岩本達也 (1998-04-25) 1998年4月25日(24歳) 名古屋産業大学 新加入
DF 4   吉沢凛太郎 (1996-11-23) 1996年11月23日(25歳) 九州産業大学
6   田辺一岐 (1999-05-04) 1999年5月4日(23歳) 環太平洋大学
8   鶴丸和幸 (1999-07-30) 1999年7月30日(22歳) 姫路獨協大学
15   森本大貴 (1995-09-15) 1995年9月15日(26歳) 藤枝MYFC 新加入
23   松繁宏隆 (1994-02-12) 1994年2月12日(28歳) ACマスターズ
27   岩本雄喜 (1996-04-13) 1996年4月13日(26歳) FC.ISE-SHIMA
33   野田海乘 (1998-08-10) 1998年8月10日(23歳) 宮崎産業経営大学
39   西大輔 (1998-10-31) 1998年10月31日(23歳) FC徳島 デフリンピック日本代表
55   坂下央晃 (1999-01-03) 1999年1月3日(23歳) J.FC MIYAZAKI
MF 3   西山雄大 (1999-05-28) 1999年5月28日(22歳) 徳山大学 新加入
7   稗田圭吾 (1998-11-11) 1998年11月11日(23歳) 阪南大学
9   林慎太郎 (1996-04-26) 1996年4月26日(26歳) 佐賀大学
14   山重拓人 (1998-05-18) 1998年5月18日(24歳) 関西国際大学
20   石川健太 (1997-11-17) 1997年11月17日(24歳) 高松大学
21   長野駆 (1998-01-20) 1998年1月20日(24歳) アルティスタ浅間 新加入
22   舛田勇士郎 (1998-02-08) 1998年2月8日(24歳) FCバレイン下関 再加入
28   溝上哲平 (1998-04-20) 1998年4月20日(24歳) 環太平洋大学
38   町田龍生 (2000-01-22) 2000年1月22日(22歳) 徳山大学 新加入
40   塩崎謙人 (1998-12-11) 1998年12月11日(23歳) 小野田工業高校
41   黒木海音 (2000-05-06) 2000年5月6日(22歳) J.FC MIYAZAKI
96   石元瑛大 (2002-08-06) 2002年8月6日(19歳) ギラヴァンツ北九州U-18
FW 10   西田憲誌朗 (1998-01-20) 1998年1月20日(24歳) 徳山大学
11   無津呂武瑠 (1994-06-24) 1994年6月24日(27歳) J.FC MIYAZAKI
13   米澤康太 (1993-05-12) 1993年5月12日(29歳) テゲバジャーロ宮崎
16   仙臺岳斗 (1999-01-22) 1999年1月22日(23歳) 佐賀LIXIL FC 新加入
17   中井栞吏 (1996-03-15) 1996年3月15日(26歳) ベルガロッソ浜田 新加入
18   山城允昂 (1998-04-09) 1998年4月9日(24歳) 環太平洋大学
19   近藤志羽人 (1998-07-06) 1998年7月6日(23歳) 岩手大学

歴代所属選手編集

ユニフォーム編集

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd) 赤×白
GK(1st) 濃緑 濃緑 濃緑
GK(2nd) 黄×水色 水色 水色
 
 
 
 
 
 
 
FP 1st
 
 
 
 
 
 
FP 2nd
 
 
 
 
 
GK 1st
 
 
 
 
 
 
GK 2nd

ユニフォームスポンサー編集

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
日本セレモニー AI GROUP 日本セレモニー 2019年 -
鎖骨 なし - -
背中上部 野口工務店 ㍿野口工務店 2021年 - 2020年は背中下部
2020年は「総合建設業 ㍿野口工務店」表記
背中下部 ヒューモア 株式会社 ヒューモア
Humore
Human Nature More
2021年 -
イデアルライフ idealLife
㍿イデアルライフ
2022年 - 2016年 - 2018年はパンツ前面
2019年は背中上部
パンツ前面 オー.ビー.エム 忍者ナイン 2019年
2021年 -
2019年は「J.S.L」表記
パンツ背面 なし - -

ユニフォームサプライヤー編集

  • 2006年 - 2013年 PENALTY
  • 2014年 - 2016年 adidas
  • 2017年 - 2019年 GAViC
  • 2020年 - A1egresso0

歴代ユニフォームスポンサー年表編集

年度 鎖骨 背中上部 背中下部 パンツ前面 パンツ背面 サプライヤー
2006 - - - - - - - PENALTY
2007
2008
2009
2010 西中国信用金庫 中国電機サービス社 博電社
2011
2012
2013
2014 SONIC JAPAN 本間自動車工業 - - adidas
2015 FavFav
planning co.,ltd
2016 あなたを輝かせるために
VAN-VEAL
idealLife
㍿イデアルライフ
2017 - SOUWAGIKEN やまぐち県酪 株式会社プランハウス GAViC
2018
2019 AI GROUP 日本セレモニー idealLife
㍿イデアルライフ
プランハウス J.S.L
2020 プランハウス 総合建設業
㍿野口工務店
JA
JA山口県
SHIMONOSEKI
ECOPLAN
株式会社エコプラン
A1egress0
2021 ㍿野口工務店 株式会社 ヒューモア
Humore
Human Nature More
忍者ナイン
2022 idealLife
㍿イデアルライフ

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f クラブガイド”. FCバレイン下関. 2020年2月19日閲覧。
  2. ^ クラブガイド”. FCバレイン下関. 2021年8月3日閲覧。
  3. ^ “下関FC(仮称)の設立について” (プレスリリース), 下関市サッカー協会, オリジナルの2006年4月4日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20060404152609/http://www.shimonoseki-soccer.com/msgviewmd.php?sfid=38&sfctgl=8 2013年5月28日閲覧。 
  4. ^ 突然ですが…🐳”. FCバレイン下関 (2020年4月14日). 2020年8月7日閲覧。

外部リンク編集