グリフィン家のウエディングノート

グリフィン家のウエディングノート』(原題: The Big Wedding)は、2013年制作のアメリカ合衆国コメディ映画

グリフィン家のウエディングノート
The Big Wedding
監督 ジャスティン・ザッカム
脚本 ジャスティン・ザッカム
製作 リチャード・サルヴァトーレ
アンソニー・カタガス
クレイ・ペコリン
ハリー・J・アフランド
ジャスティン・ザッカム
製作総指揮 アヴィ・ラーナー
ダニー・ディムボート
トレヴァー・ショート
ボアズ・デヴィッドソン
ジョン・トンプソン
マイケル・パセオネック
ジェイソン・コンスタンティン
イーダ・コーワン
ティアリー・スパイカー
フィリップ・マルタン
出演者 ロバート・デ・ニーロ
キャサリン・ハイグル
ダイアン・キートン
アマンダ・セイフライド
トファー・グレイス
ベン・バーンズ
スーザン・サランドン
ロビン・ウィリアムズ
音楽 ネイサン・バー
撮影 ジョナサン・ブラウン
編集 ジョナサン・コーン
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 ポニーキャニオン
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年4月26日
日本の旗 2013年11月29日
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000[1]
興行収入 $21,819,348[1]
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

次男アレハンドロの結婚式のために、グリフィン家は10年ぶりに集まった。父親である奔放な性格の彫刻家ドンは、前妻のエリーと離婚した後、10年も愛人のビービーと暮らしており、実質今では彼女が一家の母親代わりになっていた。長女のライラはそんな父親を嫌っており、長男のジャレドは医師という立派な職に就きながら女性と上手く付き合えない等、家族はそれぞれ複雑な事情を抱えていた。

いよいよ結婚式間近となったある日、アレハンドロは思いもよらない問題に直面する。幼い頃グリフィン家に養子に入った彼には、超がつくほど保守的な思想を持った実の母親がおり、彼女に家族の複雑な関係を知られてしまうと、絶対結婚には賛成してくれそうになかったのだ。そこでアレハンドロはドンとエリーに、二人は今でも仲の良い夫婦だという演技を結婚式までの間してほしいと頼む。息子の幸せのため、渋々了承した二人だったが、これにより複雑だった家族関係は余計にこじれてしまうのだった。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

参考文献編集

  1. ^ a b The Big Wedding” (英語). Box Office Mojo. 2014年4月7日閲覧。

外部リンク編集