メインメニューを開く

グレイトフルデッド (映画)

グレイトフルデッド』(GREATFUL DEAD)は、2014年11月1日公開の日本サスペンス映画

グレイトフルデッド
GREATFUL DEAD
監督 内田英治
脚本 内田英治
平谷悦郎
製作 萩尾裕茂
川村英己
細野義朗
金沢雄大
出演者 瀧内公美
笹野高史
キム・コッピ
矢部太郎
酒井若菜
木下ほうか
松田賢二 ほか
主題歌 HeatBeat「Paradise」
撮影 木村信也
製作会社 東京さくら印刷
アークエンタテインメント
スターダストピクチャーズ
ギルド
MAXWAY INTERNATIONAL JAPAN
配給 アークエンタテインメント
公開 日本の旗2014年11月1日
上映時間 1時間38分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ストーリー編集

幼少期に家族が離散し孤独に育った冴島ナミの趣味は、町を散策して孤独な人間を観察し続ける「孤独ウォッチング」。そんなある日、家族と疎遠になり孤独に打ちのめされながら生きる老人の塩見三十郎を見つけ、孤独死寸前の塩見を監視し続けることで優越感を感じることに取り憑かれていく。

ところが、塩見は若くて美しいスヨンと出会い、彼女の信じるキリスト教の聖書から信仰という救いをもとに希望を見出し、生命力を取り戻していく。

そんな幸せそうな塩見を見ていたナミは、怒りに震えて塩見の家を襲撃。監禁して逆強姦し、何も知らずに助けにきた塩見の息子を塩見の目の前で殺してしまう。スヨンもナミに襲われたと知った塩見は、隙を見て脱出し、息子の血を拭った手ぬぐいをはちまきにして、ナミへ戦いを挑んでいく…。

キャスト編集

「孤独ウォッチング」を趣味とする孤独な女。
家族と疎遠になった孤独な老人。
キリスト教を信仰する若い娘。

製作編集

主演の冴島ナミ役は、オーディションで当時はほぼ無名の瀧内公美が抜擢された[1]

出演者の木下ほうかは本映画のプロデューサーも兼務しており、村佐古のキャスティングにあたっては、木村が矢部太郎にオファーした[2]

評価編集

2013年にファンタスティック・フェストアメリカ)、第21回レインダンス映画祭イギリス)、アンリアル映画祭(アメリカ)、第10回香港アジア映画祭の招待作品として、2014年にゆうばり国際映画祭の特別招待枠作品として出品されるなど、10か所以上の映画祭に出品された[1]

また、イギリスへの配給も決定している[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b GREATFUL DEAD>INTRODUCTION”. 映画『グレイトフルデッド』公式ページ. 2014年11月1日閲覧。
  2. ^ “カラテカ・矢部太郎、ミスキャストと監督に言われる”. シネマトゥデイ. (2014年10月30日). http://www.cinematoday.jp/page/N0067709 2014年11月4日閲覧。 
  3. ^ “カラテカ矢部が冷酷な殺人鬼に! 共演者はコメディアンであるとは気付かず”. シネマトゥデイ. (2014年3月1日). http://www.cinematoday.jp/page/N0061041 2014年11月4日閲覧。 

外部リンク編集