瀧内公美

日本の女優

瀧内 公美(たきうち くみ、1989年10月21日 - )は、日本女優富山県出身[1]

たきうち くみ
瀧内 公美
生年月日 (1989-10-21) 1989年10月21日(31歳)
出生地 日本の旗 日本富山県
血液型 AB型[1]
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 2012年 -
事務所 吉住モータース
公式サイト プロフィール
主な作品
映画
グレイトフルデッド
日本で一番悪い奴ら
彼女の人生は間違いじゃない
火口のふたり
テレビドラマ
ゾンビが来たから人生見つめ直した件
凪のお暇
恋はつづくよどこまでも
テンプレートを表示

人物・来歴編集

18歳で上京し大妻女子大学児童教育学部に入学。教員免許を取得するも、自分が本当に進みたい道を見つめることとなり[2]スターダストプロモーション所属となる[3]。卒業後に本格的に女優としての活動を開始し、半年後のオーディションで主演を射止めた[2]グレイトフルデッド』(2014年公開)にて映画初主演(笹野高史とのダブル主演)を務める[4][5]。2015年には映画『日本で一番悪い奴ら』に出演。

2017年、映画『彼女の人生は間違いじゃない』で主演を務め、第42回報知映画賞主演女優賞や第72回毎日映画コンクール主演女優賞にノミネートされ、第27回日本映画プロフェッショナル大賞では新人女優賞、2017年度全国映連賞では女優賞を受賞。

2018年、スターダストプロモーションを退社し、吉住モータースに所属[6]

2019年、R18+指定の映画『火口のふたり』で柄本佑と主演を務め、第41回ヨコハマ映画祭は最優秀新人賞を受賞[7]、第93回キネマ旬報ベスト・テンでは主演女優賞に輝いた[8]

特技はバトントワリング、水泳。趣味は山登り、コーヒードリップ、落語鑑賞[2]

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

配信ドラマ編集

舞台編集

  • 女の平和(2011年)俳優座劇場
  • 青葉大学新聞部物語(2012年)
  • 阿呆の鼻毛で蜻蛉をつなぐ(2012年)本多劇場
  • オアシス〜僕らのいるべき場所〜(2013年)
  • どん底(2019年)新国立劇場
  • そして春になった(2020年)本多劇場

ミュージックビデオ編集

CM編集

WEB編集

  • 感動系移住MOVIE「ミエタカラ」(2016年)

受賞歴編集

  • 第42回報知映画賞主演女優賞ノミネート(『彼女の人生は間違いじゃない』)
  • 第72回毎日映画コンクール女優主演賞ノミネート(『彼女の人生は間違いじゃない』)
  • 2017年度全国映連賞 女優賞(『彼女の人生は間違いじゃない』)
  • 第27回日本映画プロフェッショナル大賞 新進女優賞(『彼女の人生は間違いじゃない』)
  • 第74回毎日映画コンクール女優主演賞ノミネート(『火口のふたり』)
  • 第41回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞[7]
  • 第93回キネマ旬報ベスト・テン 主演女優賞(『火口のふたり』)[8]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 瀧内公美 > Media”. スターダストプロモーション. 2015年11月28日閲覧。
  2. ^ a b c 吉住モータースによるプロフィール
  3. ^ “デビュー半年で映画主演! 全力疾走する新星“瀧内公美”という女”. cinemacafe.net. (2014年10月31日). http://www.cinemacafe.net/article/2014/10/31/27056.html 2014年11月8日閲覧。 
  4. ^ “瀧内公美、主演作公開で号泣「小さい頃の夢かなった」”. 映画.com. (2014年11月1日). http://eiga.com/news/20141101/16/ 2014年11月8日閲覧。 
  5. ^ “瀧内公美、舞台あいさつでうれし泣き「夢がかないました」”. サンケイスポーツ. (2014年11月2日). http://www.sanspo.com/geino/news/20141102/oth14110205000017-n1.html 2014年11月8日閲覧。 
  6. ^ 瀧内公美 所属のお知らせ”. 吉住モータース (2018年7月). 2018年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月16日閲覧。
  7. ^ a b 第41回ヨコハマ映画祭 2019年日本映画個人賞”. ヨコハマ映画祭実行委員会 (2017年11月30日). 2017年12月1日閲覧。
  8. ^ a b “キネマ旬報ベスト・テン発表、池松壮亮&瀧内公美が主演賞受賞”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2020年2月4日). https://www.crank-in.net/news/73586/1 2020年2月4日閲覧。 
  9. ^ “41歳差の過激シーン…初主演でありえない狂気ぶり、女優・瀧内公美が見せた凄み”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年11月17日). https://mdpr.jp/interview/detail/1447160 2017年4月24日閲覧。 
  10. ^ “劇団□字ック・山田佳奈の映画「夜、逃げる」に菅原佳子、瀧内公美”. ステージナタリー (ナターシャ). (2016年5月12日). http://natalie.mu/stage/news/186855 2016年5月13日閲覧。 
  11. ^ “綾野剛「日本で一番悪い奴ら」追加キャストに中村獅童やピエール瀧ら、特報も公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2016年1月29日). http://natalie.mu/eiga/news/174067 2017年4月24日閲覧。 
  12. ^ “廣木隆一監督最新作、主演に瀧内公美を抜擢!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年4月24日). https://thetv.jp/news/detail/107408/ 2017年4月24日閲覧。 
  13. ^ “渡辺大知、岸井ゆきの、内田理央、柳ゆり菜、村上淳が「ここは退屈迎えに来て」出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年6月26日). https://natalie.mu/eiga/news/288316 2018年6月26日閲覧。 
  14. ^ “映画『裏アカ』 2020年6月12日(金)全国公開!”. http://www.uraaka.jp/ 2020年4月18日閲覧。 
  15. ^ “黒木華主演「凪のお暇」に市川実日子、吉田羊らが出演決定!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年6月21日). https://thetv.jp/news/detail/194358/ 2019年6月21日閲覧。 
  16. ^ “奥平大兼、宮世琉弥、藤原大祐、渋川清彦、矢作兼ら、木村佳乃主演ドラマ『恋する母たち』出演へ”. Real Sound (株式会社blueprint). (2020年9月8日). https://realsound.jp/movie/2020/09/post-615424.html 2020年9月8日閲覧。 
  17. ^ “秋元康×大根仁の新作ドラマ「共演NG」に森永悠希、小島藤子、瀧内公美ら7名”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年9月25日). https://natalie.mu/eiga/news/397955 2020年10月1日閲覧。 
  18. ^ 原作:荒木飛呂彦×主演:高橋一生「岸辺露伴は動かない」12/28から3夜連続放送!”. NHK (2020年10月14日). 2020年10月14日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集