メインメニューを開く

友井 雄亮(ともい ゆうすけ、本名:牧山 雄亮 1980年4月2日[1] - )は大阪府大阪市出身[1] の元俳優、元タレントであり、歌謡グループ「純烈」の元メンバー。

ともい ゆうすけ
友井 雄亮
本名 牧山 雄亮
(まきやま ゆうすけ)
生年月日 (1980-04-02) 1980年4月2日(39歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市
身長 178 cm
血液型 O型
職業俳優、元歌手
ジャンル テレビドラマ映画歌謡
活動期間 1994年 - 2006年
2007年 - 2019年
活動内容 2001年:『仮面ライダーアギト
2007年 - 2019年純烈のメンバーとして
配偶者 勝村美香(2006年 - 2008年)
事務所 G-STAR.PRO(最終所属)
主な作品
テレビドラマ
仮面ライダーアギト
ちりとてちん
テンプレートを表示

略歴編集

1994年8月にジャニーズ事務所に入所。本名の牧山雄亮名義で関西ジャニーズJr.に一時期籍を置く。母親がジャニーズ事務所に履歴書を送ったところ、「オーディションをやるから来ませんか?」との電話があり、行ってみたところ500人くらいおり、ダンスなどの審査を経て、友井雄亮ともう一人だけが合格し、いきなり光GENJIの解散コンサートに抜擢されてデビューする。Jr.時代はMAIKO&お国というユニットに参加していた。その後も、何度かジャニーズの大阪公演のステージに立ち、高校進学後、ジャニー喜多川が設立した「シアター1200」という劇場のミュージカルに出演するようになる。「今の成功は事務所の力じゃないか?」「本当にやりたいことは何なのか?」と芸能活動への葛藤から、1998年(18歳時)にジャニーズ事務所を退所している[2]

2000年から友井雄亮名義で俳優活動をはじめ、その翌年(2001年)に『仮面ライダーアギト』の葦原涼 / 仮面ライダーギルス役として大抜擢。その後も「ちりとてちん」や「世界ウルルン滞在記」などに出演。 2006年3月31日に芸能界引退を表明したが、後に芸能活動を再開している。

2007年には 小田井涼平白川裕二郎酒井一圭らとともに結成した歌謡コーラス・グループ純烈後上翔太の兄貴分としても活動しており、近年はこちらでの活動が主軸となっていた。なお「純烈」として2018年の紅白歌合戦出場を果たしていた。

2019年1月9日文春オンラインにて過去の交際女性へのDVなどのスキャンダルが報じられ、翌10日にはこれを受けて純烈を脱退することが報じられた[3]。翌11日、東京都内で単独会見を開き、女性トラブルの事実を認め、あらためて純烈の脱退と芸能界引退を表明した[4]。なお、芸能界引退後の1月14日に放送された『痛快TV スカッとジャパン』の再現ドラマでの友井の出演シーンはカットされずに放送され、最後に「2018年12月13日に収録したものです」との注釈テロップが表示された[5]

出演編集

テレビドラマ編集

テレビ番組編集

アニメ編集

プラトニックチェーン (2003年) - マコト 役

映画編集

舞台編集

  • Kyotokyoジャニーズファンタジー
  • HERO730 LIVE STAGE 2002コンビニスペクタクル お弁当、温めますか?(2002年、シアターVアカサカ)
  • HERO730  結婚詐欺株式会社(2003年、天王洲アーストフィア)
  • 阿国-OKUNI-(2003年、ル・テアトル銀座、南座、北九州芸術劇場大ホール、長崎ブリックホール、中日劇場)二蔵 役
  • ナイル殺人事件(2004年、ル・テアトル銀座)ウィリアム・スミス 役
  • LIVE!阿国(2005年、『愛・地球博』会場内)二蔵 役
  • オキュパイ 〜サンモールスタジオを占拠せよ〜(2006年3月7日- 12日)
  • シュークリーム工房プロデュース vol. 1 新撰組あと始末記(2012年6月20日-24日、銀座博品館劇場)勝海舟 役

ゲーム編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b プロフィール - 純烈 Official Website - ウェイバックマシン(2018年5月2日アーカイブ分)
  2. ^ 日刊ゲンダイ2017年7月28日号(27日発行)、連載インタビュー『純烈!スーパー銭湯物語 第4回友井雄亮・振付担当下』より。
  3. ^ “引退の可能性も…「純烈」の友井雄亮が脱退 事実と異なる「解決済み」ブログ削除”. スポニチAnnex. (2019年1月11日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/11/kiji/20190111s00041000049000c.html 2019年1月11日閲覧。 
  4. ^ “純烈・友井雄亮、グループ脱退と芸能界引退を発表 会見でDVの事実認め謝罪”. ORICON NEWS. (2019年1月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2127283/full/ 2019年1月11日閲覧。 
  5. ^ “「スカッとジャパン」で元純烈・友井氏も登場シーン キザなセリフもそのまま使用”. スポニチAnnex. (2019年1月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/14/kiji/20190114s00041000326000c.html 2019年1月15日閲覧。 
  6. ^ 3DS「オール仮面ライダー ライダーレボリューション」発売”. 純烈オフィシャルブログ 〜夢は紅白!親孝行!〜 (2016年10月27日). 2016年11月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集