グレタ・スカッキ

グレタ・スカッキ(Greta Scacchi、1960年2月18日 - )は、イタリア出身の女優

グレタ・スカッキ
Greta Scacchi
グレタ・スカッキ Greta Scacchi
本名 Greta Gracco
生年月日 (1960-02-18) 1960年2月18日(61歳)
出生地 イタリアの旗 イタリアミラノ
国籍 イタリアの旗 イタリア・(イギリスの旗 イギリス→)オーストラリアの旗 オーストラリア
活動期間 1981年 -
配偶者 カルロ・マンテガッツァ(1998年? - )
著名な家族 レイラ・ジョージ (娘)
テンプレートを表示

略歴編集

出生時の名前はグレタ・グラッコ(Greta Gracco)。父親はイタリア人、母親はイギリス[1]

イタリアミラノで生まれ、ロンドンオーストラリアで育ち、18歳の時にロンドンの舞台に端役として出演しはじめる。1982年にドイツ映画に出演。『熱砂の日』などのイギリス映画や『コカコーラ・キッド』といったオーストラリア映画に出演した後、ハリウッドに移った。知的でセクシーなブロンド女性を演じることが多く、『氷の微笑』は当初スカッキにシャロン・ストーンの演じた役のオファーがあったが、これを断っている[2]

1993年に私生活のパートナーだったヴィンセント・ドノフリオと別れたことを契機にロンドンを拠点に移し、アメリカ、イギリスやオーストラリアのみならず、母国のイタリア、フランス語やドイツ語に堪能であることから、フランスにおいて、映画、テレビドラマ、舞台、社会活動にと幅広く活動している。

1996年のHBO制作のテレビ映画『ラスプーチン』(ウリ・エーデル監督作品)ではアレクサンドラ・フョードロヴナを演じ、1996年度のエミー賞において、リミテッドシリーズ/テレビ映画部門の助演女優賞を受賞した。

プライベート編集

1983年頃から『コカコーラ・キッド』でも共演したニュージーランドの人気歌手のティム・フィンと交際していたが別れ、1989年頃からヴィンセント・ドノフリオと交際し、1992年に第一子である娘のレイラ・ジョージを儲けたものの、1993年に別れている[3]

1990年代後半にイタリア人の従兄弟カルロ・マンテガッツァと結婚し、息子を儲けた[4]

受賞編集

  • エミー賞リミテッドシリーズ/テレビ映画部門助演女優賞 (1996年) - 『ラスプーチン』
  • オーストラリア映画批評家協会賞最優秀助演女優賞 (2001年) - Looking for Alibrandi

他に1983年の『熱砂の日』での英国アカデミー賞での新人賞のノミネート以来、ゴールデングローブ賞、エミー賞、オーストラリア映画テレビ芸術アカデミー賞、全米映画俳優組合賞などにおいて多数のノミネート歴がある。

顕彰編集

主な出演作品編集

公開年
放映年
邦題
原題
役名 備考
1982 セカンドフェイス
Das zweite Gesicht
アンナ
1983 熱砂の日
Heat and Dust
オリヴィア
1984 ローレンス・オリヴィエ/画家と美女の奇妙な生活
The Ebony Tower
ダイアナ テレビ映画
椿姫
Camille
マルグリット・ゴーティエ テレビ映画
1985 コカコーラ・キッド
The Coca-Cola Kid
テリ
死を呼ぶ晩餐
Dr. Fischer of Geneva
アンナ=ルイーズ・フィッシャー テレビ映画
1986 ダウニング街の陰謀
Defence of the Realm
ニーナ・ベックマン
1987 白い炎の女
White Mischief
Diana Lady Broughton
ア・マン・イン・ラブ
Un homme amoureux
ジェーン
グッドモーニング・バビロン!
Good Morning, Babylon
エドナ
1988 三人姉妹
Paura e amore
マリア
1990 推定無罪
Presumed Innocent
キャロリン・ポルヒーマス
1991 仮面の情事/プラスティックナイトメア
Shattered
ジュディス・メリック
熱い夜に抱かれて
Fires Within
イザベル
抱きしめたいから
Turtle Beach
ジュディス
1992 ザ・プレイヤー
The Player
ジューン・グッドマンズドータ
1994 明日にむかって…
The Browning Version
ローラ・クロッカー=ハリス
1995 ジェファソン・イン・パリ/若き大統領の恋
Jefferson in Paris
マリア・コズウェイ
1996 ラスプーチン
Rasputin
アレクサンドラ・フョードロヴナ テレビ映画
ハーモニー
Cosi
患者 クレジットなし
Emma エマ
Emma
ウェストン夫人
1997 悪魔のくちづけ
The Serpent's Kiss
ジュリアナ
オデッセイ
The Odyssey
ペネロペ テレビ映画
1998 レッド・バイオリン
Le Violon rouge
ヴィクトリア
1999 コットン・メリー
Cotton Mary
リリー・マッキントッシュ
ジョン・マルコヴィッチの レディース・ルーム
Ladies Room
ルシア
2000 アリブランディを探して
Looking for Alibrandi
クリスティーナ・アリブランディ
2001 カンヌ 愛と欲望の都
Festival in Cannes
アリス・パーマー
2003 バルティック・ストーム
Baltic Storm
ジュリア
2004 そして、デブノーの森へ
Sotto falso nome
ニコレッタ
ビヨンド the シー 夢見るように歌えば
Beyond the Sea
メアリー
2005 フライトプラン
Flightplan
セラピスト
2006 アガサ・クリスティー ミス・マープル2 親指のうずき
Marple: By the Pricking of My Thumbs
タペンス・ベレスフォード テレビ映画
ブロークン・トレイル 遥かなる旅路
Broken Trail
ノラ・ジョンズ テレビ・ミニシリーズ
監禁アマゾネス
The Book of Revelation
イザベル
スティーヴン・キング 8つの悪夢
Nightmares & Dreamscapes: From the Stories of Stephen King
Dr. Katie Arlen テレビ・ミニシリーズ
2007 テロ・ポイント ロンドン爆破へのカウントダウン
Shoot on Sight
スーザン・アリ
2008 合衆国崩壊の日
The Trojan Horse
ヘレン・マディガン テレビ・ミニシリーズ
ラスベガス、闇の子供たち
Inconceivable
クレジットなし
情愛と友情
Brideshead Revisited
カーラ
2011 ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀
Hindenburg
Helen van Zandt テレビ映画
2016 戦争と平和
War & Peace
ロストフ伯爵夫人 テレビシリーズ
2018 オペレーション・フィナーレ
Operation Finale
ヴェロニカ・アイヒマン
ヘッド・フル・オブ・ハニー
Head Full of Honey
修道院長
2019 パームビーチ
Palm Beach
シャーロット
ウェイティング・バーバリアンズ 帝国の黄昏
Waiting for the Barbarians
マイ

参照編集

  1. ^ “Greta Scacchi”. The Guardian (London). http://film.guardian.co.uk/Player/Player_Page/0,,45425,00.html 2010年5月4日閲覧。 
  2. ^ Bryce Hallett, Her world's a stage, The Sydney Morning Herald, Metropolitan, 10 February 2001, p.3
  3. ^ Macdonald, Marianne (2008年9月28日). “Greta Scacchi: glad to be back”. The Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/culture/film/3561370/Greta-Scacchi-glad-to-be-back.html 2011年5月14日閲覧。 
  4. ^ Maher, Kevin (2008年4月26日). “Greta Scacchi takes on Miss Austen Regrets”. The Times. http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/tv_and_radio/article3807296.ece 2011年5月14日閲覧。 

外部リンク編集