メインメニューを開く

グレゴリー・アダム・レイノルズGregory Adam Reynolds , 1985年7月3日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

グレッグ・レイノルズ
Greg Reynolds
Greg Reynolds in game for Sky Sox.jpg
AAA級コロラドスプリングス時代
(2011年4月30日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州
生年月日 (1985-07-03) 1985年7月3日(34歳)
身長
体重
201 cm
102 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年MLBドラフト1巡目(全体2位)でコロラド・ロッキーズから指名
初出場 MLB / 2008年5月11日
NPB / 2014年3月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

テラノバ高校在学中、2003年のMLBドラフトフィラデルフィア・フィリーズから41巡目(全体1225位)で指名されたが、拒否しスタンフォード大学に進学。

ロッキーズ時代編集

2006年のMLBドラフトコロラド・ロッキーズから1巡目(全体2位)指名を受けて入団。

2008年5月11日のサンディエゴ・パドレス戦でメジャーデビュー。6月7日のミルウォーキー・ブルワーズ戦では6回2失点で初勝利を挙げた。

2009年2010年はメジャーでの登板はなかった。

2011年5月22日にメジャー昇格。この年は13試合に登板し、防御率6.19だった。

レンジャーズ時代編集

2012年1月5日にチャド・トレーシーとのトレードでテキサス・レンジャーズに移籍した。メジャー昇格がないまま、11月3日にFAとなった。

レッズ時代編集

2012年12月18日にシンシナティ・レッズとマイナー契約を結んだ。

2013年7月23日のサンフランシスコ・ジャイアンツとのダブルヘッダーの第2戦で先発登板したが、初回から5点を奪われた。7月28日にDFAとなった。AAAでは23試合に登板し、12勝3敗、防御率2.42、WHIP1.06の成績を残した。10月30日にFAとなった。

西武時代編集

2013年12月20日、埼玉西武ライオンズが獲得したと発表した[1]

2014年、9月20日に球団より契約を解除し、ウエーバー公示にかけられることが発表された[2]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2008 COL 14 13 0 0 0 2 8 0 0 .200 294 62.0 83 14 26 3 4 22 2 0 58 56 8.13 1.76
2011 13 3 0 0 0 3 0 0 0 1.000 144 32.0 40 6 10 2 1 18 1 0 22 22 6.19 1.56
2013 CIN 6 5 0 0 0 1 3 0 0 .250 113 29.1 38 5 6 1 0 13 0 0 19 18 4.70 1.50
2014 西武 12 12 0 0 0 3 7 0 0 .300 281 61.0 77 5 23 0 5 29 0 2 47 37 5.46 1.64
MLB:3年 33 21 0 0 0 6 11 0 0 .353 571 123.1 161 25 42 6 9 53 3 0 99 96 7.01 1.64
NPB:1年 12 12 0 0 0 3 7 0 0 .300 281 61.0 77 5 23 0 5 29 0 2 47 37 5.46 1.64
  • 2019年度シーズン終了時

記録編集

NPB

背番号編集

  • 54 (2008年)
  • 37 (2011年)
  • 40 (2013年)
  • 42 (2014年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集