メインメニューを開く

グレートノーザンスティープルチェイス

グレートノーザンスティープルチェイス (Great Northern Steeplechase) は、ニュージーランドエラズリー競馬場で行われる競馬競走である。距離は6400mである。

1885年に創設され、ニュージーランドの障害競走において最大のレースとなっている。2004年まで6月に施行されていたが、2005年より9月の第二土曜日に変更された。また、同日にハードルの最高峰であるグレートノーザンハードルも行われる。障害コースを2周半し、途中エラズリーヒルと呼ばれる丘を3度昇降し、1周目のスタンド前の大水濠、2周目の連続障害などの難障害が用意されている非常にタフな競走となっている。しかしながら2001年にはスマートハンターとサーアビオンの2頭が6400mを走り切って同着という非常に稀な出来事があった。

中山グランドジャンプには2007年2006年の本競走優勝馬リアルトニックが参戦したが9着に敗れた。

歴代優勝馬編集

施行年 優勝馬 タイム 優勝騎手 管理調教師
1998年 Our Jonty 7:51.25 R.Connors R.Connors
1999年 Royal Ways 8:09.57 J.Douglas T.Cole
2000年 Royal Ways 8:23.17 J.Douglas T.Cole
2001年 Smart Hunter 8:21.45
(DH)
M.Strawbridge A.Browne
Sir Avion W.Hillis K J & P H O'Connor
2002年 Golden Flare 8:06.02 C.Chipperfield R.Whiteside
2003年 Golden Flare 8:05.98 C.Chipperfield R.Whiteside
2004年 Wanderlust 8:18.30 M.Strawbridge A&K.Browne
2005年 Just The Man 7:41.44 J.Rathbone D.Waddell
2006年 Real Tonic 8:50.48 B.Scott J.Wheeler
2007年 Hypnotize 8:24.25 I.Lupton R.Connors
2008年 Hypnotize 8:15.71 I.Lupton R.Connors
2009年 Fair King J.Gillies A.Browne
2010年 Hypnotize I.Lupton R.Connors
2011年 Ima Heroine M.Gillies A.Browne
2012年 Tom's Myth S.Phelan A.Browne
2013年 Rangatira I.Lupton S.Gulliver
2014年[1] Amanood Lad
2015年[2] Jack Romanov
2016年[3] Kick Back S.Fannin K.Myers
2017年[4] Wise Men Say 9:31.50 I.Lupton R.Connors
2018年[5] Chocolate Fish 8:08.47 S.Phelan S.Brown
2019年[6] Wise Men Say 8:48.79 S.Fannin R.Connors

脚注編集

  1. ^ 2014年結果ニュージーランドサラブレッドレーシング、2016年7月18日閲覧
  2. ^ 2015年結果ニュージーランドサラブレッドレーシング、2016年7月18日閲覧
  3. ^ 2016年結果ニュージーランドサラブレッドレーシング、2016年9月3日閲覧
  4. ^ 2017年結果ニュージーランドサラブレッドレーシング、2017年9月9日閲覧
  5. ^ 2018年結果ニュージーランドサラブレッドレーシング、2018年9月17日閲覧
  6. ^ 2019年レース結果”. ニュージーランドサラブレッドレーシング (2019年9月7日). 2019年9月7日閲覧。