ケンポナシ(玄圃梨、学名: Hovenia dulcis[1])は、クロウメモドキ科ケンポナシ属落葉高木

ケンポナシ
Hovenia dulcis
Hovenia dulcis
分類APG III
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: クロウメモドキ科 Rhamnaceae
: ケンポナシ属 Hovenia
: ケンポナシ H. dulcis
学名
Hovenia dulcis
Thunb.
和名
ケンポナシ(玄圃梨)
英名
Japanese raisin tree
品種
  • オウゴンケンポナシ H. d. f. deviata

分布編集

東アジア温帯一帯に分布し、日本では北海道の一部から九州まで自生する。

特徴編集

初夏に小型の白いが集散花序になって咲く。に直径数ミリの果実が熟す。同時にその根元の果柄部が同じくらいの太さにふくらんで[2]ナシ(梨)のように甘くなり食べられる。見かけは枝つき干し葡萄のようなので、英語では"Japanese raisin tree"という。この実は民間では二日酔いに効くともいわれる[3][4]。この効用はジヒドロミリセチンと呼ばれる化合物に由来するという研究が発表されている[4]

樹皮を煎じてのように飲むこともある。葉に含まれる配糖体 ホズルシンには甘味を感じなくさせる性質がある。ケンポナシ抽出物[5]にはアルコール臭の抑制効果があるという報告もあり[6]、ケンポナシ抽出物はチューイングガムなどに利用される[7]

昔の日本ではテンボノナシと呼び、肥前ではケンポコナシと呼んでいたが、シーボルトは、計無保乃梨(ケンポノナシ)、別名を漢名「シグ」とした。転訛して、ケンポナシとなった[8]

被食型散布樹種でありハクビシンタヌキに食べられることで、分布範囲を拡大し種子の発芽率が上昇する[2]

ケンポナシ属編集

東アジア温帯に数種ある。

ケンポナシ Hovenia dulcis
ケケンポナシ Hovenia trichocarpaHovenia tomentella
本州四国にはよく似たケンポナシよりも多く生えている。これは葉裏・花序・果実に毛があることと葉の形(厚く、鋸歯が鈍い)とでケンポナシと区別されるが、同じように利用される。
シナケンポナシ Hovenia acerba

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2011年7月4日閲覧。
  2. ^ a b 小林峻大, 林田光祐、「特異な果実形態を持つケンポナシの種子散布と被食による発芽への影響」 『東北森林科学会誌』 2014年 19巻 2号 p.41-50, doi:10.18982/tjfs.19.2_41
  3. ^ 薬用植物・生薬・薬草・健康茶 玄圃梨 けんぽなし ケンポナシ 枳グ子 きぐし キグシ について やなぎ堂薬局 [リンク切れ]
  4. ^ a b Shen, Yi; Lindemeyer, A. Kerstin; Gonzalez, Claudia; Shao, Xuesi M.; Spigelman, Igor; Olsen, Richard W.; Liang, Jing (2012-01-04). “Dihydromyricetin As A Novel Anti-Alcohol Intoxication Medication”. The Journal of Neuroscience 32 (1): 390–401. doi:10.1523/JNEUROSCI.4639-11.2012. ISSN 0270-6474. PMC: PMC3292407. PMID 22219299. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3292407/. 
  5. ^ 果実付き果柄部から抽出したもの
  6. ^ 大熊浩, 滝口俊男, 下川千可志 ほか、「ケンポナシ(Hovenia dulcis Thunb.)抽出物含有チューインガムによる飲酒後のアルコール臭除去効果」『日本歯科心身医学会雑誌』第9巻第2号、日本歯科心身医学会、1994年12月、 213-217頁、 NAID 10.11268/jjpsd1986.9.2132013年7月9日閲覧。
  7. ^ 日本チューインガム協会
  8. ^ ケンポナシ,玄圃梨,枳梖(きぐ),Hovenia dulcis,クロウメモドキ科ケンポナシ属イー薬草・ドット・コム

参考文献編集

  • 茂木透写真『樹に咲く花 離弁花2』高橋秀男・勝山輝男監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2000年、508-509頁。ISBN 4-635-07004-2

関連項目編集

外部リンク編集