メインメニューを開く

ゲームの達人』(ゲームのたつじん、原題:Master of the Game)は、1982年に発表されたシドニィ・シェルダン原作の小説。また、それを原作としたテレビドラマ、映画。

シェルダンはこの作品を以って売れっ子作家の仲間入りを果たした。4部構成になっている。

目次

ストーリー編集

巨大複合企業の老女社長、ケイト・ブラックウェルは誕生日の日、自らの死期を悟り、自らと自らの一族の奇妙な運命に思いを馳せる。「ビジネスはゲームだ。生き残るためには『ゲームの達人』にならなければならない」。果たして彼女は『ゲームの達人』であったのか…?物語は南アフリカ、ダイアモンド・ラッシュの時代から始まる。

登場人物(小説版)編集

ケイト・ブラックウェル
巨大コングロマリット『クルーガー・ブレント』の女社長。
恵まれた容姿と並外れた賢さ、そして何より常軌を逸した意志の強さを併せ持つ。
ジェイミー・マクレガー
『クルーガー・ブレンド』の初代社長。後にケイトを授かる。
イギリスの片田舎から、一攫千金を夢見て南アフリカにやってきた、意志が強く、勇敢だが純朴な青年。
デビッド・ブラックウェル
『クルーガー・ブレント』初代社長の絶大な信頼を受ける有能な青年。
トニー・ブラックウェル
ケイトの息子。
穏やかで芸術を好むどちらかと言えば朴訥な青年。
イブ・ブラックウェル
並外れた美貌を持つ、ケイトの二人の孫娘。
アレクサンドラとは一卵性双生児。
アレクサンドラ・ブラックウェル
並外れた美貌を持つ、ケイトの二人の孫娘。
イブとは一卵性双生児。

テレビドラマ『MASTER OF THE GAME』(1984年版)編集

日本のテレビドラマ(2000年)編集

2000年3月28日~5月2日までNHK衛星第一テレビジョンで放送された。全6回。

原作では南アフリカであった舞台を戦時中の満州に置き換え、登場人物は白人を日本人、黒人を中国人に置き換えて描かれている。

登場人物編集

スタッフ編集

  • 脚本:西岡琢也、小田切正明
  • 演出:小田切正明
  • 制作統括:吉川幸司、近藤晋
  • 制作:NHK

関連項目編集