メインメニューを開く

コクーン2/遥かなる地球』(コクーンツー はるかなるちきゅう、Cocoon: The Return)は1988年アメリカ合衆国SFファンタジー映画。1985年の映画『コクーン』の続編である。

コクーン2/遥かなる地球
Cocoon: The Return
監督 ダニエル・ペトリー
脚本 スティーブン・マクファーソン
原案 スティーブン・マクファーソン
エリザベス・ブラッドリー
原作 デヴィッド・サパースティン
製作 リチャード・D・ザナック
デイヴィッド・ブラウン
リリー・フィニー・ザナック
出演者 ドン・アメチー
ウィルフォード・ブリムリー
ヒューム・クローニン
コートニー・コックス
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 タク・フジモト
編集 マーク・ワーナー
製作会社 20世紀フォックス
ザナック/ブラウン・プロダクションズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年11月23日
日本の旗 1989年6月10日
上映時間 116分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $25,024,919[1]
前作 コクーン
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

5年前、アンタレス星人は、太古の昔から地球に取り残されていた仲間を連れ帰る目的で地球にやって来た。しかし、作戦は失敗し、アンタレス星人は代わりに、アートたち地球の老人を連れて故郷の星に帰還した。アンタレス星では地球人も不死の生命を得られるのだ。

地球に残された星人たちは、海中の球体(コクーン=繭)の中で眠り続けていた。しかし、その繭を破壊する地殻変動が起こることが予測された。アンタレス星人のキティたちは、老人たちと共に再び地球に向かった。

成長した孫や旧友と再会し、地球の日々を満喫する老人たち。老妻の妊娠を知って驚くアート。しかし、海中の繭の一つは一足先に、海洋研究所の調査船に発見され、引き揚げられてしまった。繭を開き、中の星人とコンタクトを取る科学者たち。だが、繭から出た星人は、放っておけば衰弱し、死んでしまうのだ。

キティたちと共に、捕らわれた星人を救い出す老人たち。家族や友人との別れが辛い老人たちは、迎えの宇宙船には乗らず、地球で残りの寿命を終えることを決意した。宇宙船に乗り込んだのは、子供を産むために不死の力が必要なアートと妻だけだった。

キャスト編集

スタッフ編集

参考文献編集

  1. ^ Cocoon: The Return (1988)” (英語). Box Office Mojo. 2013年5月18日閲覧。

外部リンク編集