コヤマシゲト

日本のアニメーション作家、映画監督

来歴編集

  • 1998年、西島大介との自主制作映像ユニット「黒人コンピューター」を結成、絵コンテ・アニメーターを担当する[2][3][1]
  • 1999年8月、ガンダム・トリビュートマガジン『G20』第6号にイラストを提供する形でプロデビュー。西島大介・大塚ギチ菊崎亮宮昌太朗と「UNDERSELL ltd.」設立[1]
  • 2000年、富野由悠季に『フォー・ザ・バレル』の参加を要請されることで本格的に商業作品に関わるようになる。
  • 2004年、貞本義行に誘われて『トップをねらえ2!』に参加[4]
  • 2010年8月、個人サークル「CCMS (CENTER CITY MIDDLE SCHOOL)」を立ち上げる。
  • 2011年8月、「UNDERSELL ltd.」退社、フリーとしての活動を開始する[5]

人物像編集

  • 好きな食べ物は酢飯。白くて丸い物が好き。『ウォーリー』のイヴが好きでフィギュアを何種類も集めており、このイヴのデザインを超えようとして諦めた結果ベイマックスのデザインが生まれた[6]

仕事について編集

  • 当初は家族が資生堂で働いていた影響でプロダクトデザイナーを志していた。その影響は強く、デザインに関しては作品全般に対して企画段階から携わり、キャラクターや世界観など様々なコンセプトデザインを手掛けている[7]。『HEROMAN』『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』以降は色彩設計・撮影・フォントに意見を述べる、『STAR DRIVER 輝きのタクト』ではコヤマがシルエット・ディテールを固めた原案を手掛けて、アニメーターが描いた設定画を作画監督がチェックする要領で修正する[8]等、設定画を上げた後の仕事も積極的に行なう。コヤマ曰く「設定を起こすだけがデザイナーの枠ではないと思う。但しどこまでいっても集団作業なので様々な方の意見をまとめた上で行わないといけない」とのこと[1][9]
  • 永野護からの影響を度々発言している[10][11]。またアメリカン・コミックスへの造詣も深く、それが『HEROMAN』参加への一因となった[12]
  • ガンダム Gのレコンギスタ』には放送開始当初はキャラクターのコスチュームデザインとして関わっていると語っている[13]が、実際は事実上のキャラクターデザイナーとして富野・吉田健一との打ち合わせに初期からの段階で参加している[14]

人間関係編集

  • 吉田健一は『フォー・ザ・バレル』を見てその後初対面で「君が持っている要素は僕は持っていないから手伝って下さい」と評価した事で『交響詩篇エウレカセブン』への参加につながった[1]。「彼は僕らアニメーターが効率化してしまう所にデザイン要素を足してくれるから絵が生きてくる」と称している[14]
  • デビュー前貞本義行のアシスタント募集をみて応募するがカラーイラストの経験が不足していた為に落とされる[15]が、コヤマが今後の立ち位置について悩んでいた時に貞本から仕事のオファーが来てアニメーションに本格的に関わるきっかけになった。商業デビュー間もない頃に柳瀬敬之に師事し、人体の構造を教わる[16]。『トップをねらえ2!』制作時、鶴巻和哉に4ヶ月程師事し「カラーリングに理屈がない物はない」という考え方・アニメーターが立体把握できて、誤解されない設定の作り方・アニメーションで生えるメカデザインのやり方を教わる。『HEROMAN』のオファーが来た際にも「是非やりなさい。今後あなたの心強い名刺の一つになるから」と後押しした。以降も鶴巻・貞本と一緒に仕事をする度に「デザインのフィルムの中での機能性とデザイン性の両立」について考えさせられたと語る[10][11][4][1]
  • アメトイ仲間の今石洋之若林広海と共にGEEKBOATという同盟を組んでいる。

参加作品編集

漫画作品編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 徳間書店刊「アニメージュ」2010年11月号より。
  2. ^ ザ・インタビューズの西島大介への質問より。
  3. ^ 「ワンダーショウケース」オープニングアニメーションについての解説より。
  4. ^ a b Wacom イラストレーターのわ 第26回 コヤマシゲトインタビューより。
  5. ^ 2011年9月1日のUNDERSELL ltd.のTwitterの書き込みより。
  6. ^ 映画もグッズも百花繚乱!HOTでCOOLなアメトイ最前線!vol.1 / The Forefront of HOT and COOL American Toys! Vol.1 - YouTube 13:00
  7. ^ 【セミナー】「『SAO』のアスナは"売れる"キャラ」…コヤマシゲト氏とグッスマ代表の安藝氏が語る“キャラクター作りのポイント”とは
  8. ^ 但し、この作業は『天元突破グレンラガン』のメカニックデザインのクリーンナップをコヤマに一任して、コヤマの設定画をチェックしていた吉成曜の影響が多分にある。
  9. ^ 『ベイマックスMovieNEX』発売記念。 コヤマシゲトさんのお仕事のお話。#1より。
  10. ^ a b 月刊ニュータイプ』2010年8月号より。
  11. ^ a b 『STAR DRIVER 輝きのタクト』オフィシャルコンプリートガイドより。
  12. ^ HEROMAN INTERVIEW #6 南雅彦より
  13. ^ 2014年10月4日のコヤマシゲトのTwitterの書き込みより。
  14. ^ a b ガンダムエース』2015年5月号より。
  15. ^ 2014年11月20日のコヤマシゲトのTwitterの書き込みより。
  16. ^ 2014年4月15日のコヤマシゲトのTwitterの書き込みより。
  17. ^ 2015年9月6日のコヤマシゲトのTwitterの書き込みより。
  18. ^ 2014年7月4日のコヤマシゲトのTwitterの書き込みより。

外部リンク編集