コーリー・ハート

ジョン・コーリー・ハートJon Corey Hart, 1982年3月24日 - )は、アメリカ合衆国ケンタッキー州ボーリンググリーン出身の元プロ野球選手外野手)。右投右打。

コーリー・ハート
Corey Hart
Corey Hart on April 8, 2014.jpg
マリナーズ時代(2014年4月8日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ケンタッキー州ボーリンググリーン
生年月日 (1982-03-24) 1982年3月24日(38歳)
身長
体重
6' 6" =約198.1 cm
235 lb =約106.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手右翼手)、一塁手
プロ入り 2000年 ドラフト11巡目(全体321位)でミルウォーキー・ブルワーズから指名
初出場 2004年5月25日 ロサンゼルス・ドジャース
最終出場 2015年6月21日 ワシントン・ナショナルズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入りとブルワーズ時代編集

2000年6月5日に行われたMLBドラフトミルウォーキー・ブルワーズから11巡目(全体321位)指名を受け、6月12日に契約を交わしプロ入り。この年からマイナーリーグ(ルーキー級)でプレーを始める(57試合出場)。

2002年は、A+・AA級通算で128試合打率.283 ・ 24本塁打 ・ 99打点出塁率.343 ・ 長打率.532 ・ 27盗塁の好成績をマーク。守備では32失策を犯したものの、7月7日に開催されたフューチャーズゲームのアメリカチームに選抜された他[1]カリフォルニア・リーグのオールスター・チーム(一塁手)にも選出された。 2003年もAA級において130試合 ・ 打率.302 ・ 13本塁打 ・ 94打点 ・ 出塁率.340 ・ OPS .807 ・ 25盗塁と好調を維持し、9月1日にはサザン・リーグのオールスター(三塁手)に出場。前年同様32失策を記録しているが、ベースボール・アメリカ誌が選ぶマイナーリーグ・オールスター2ndチーム(三塁手)にも選出された他、同リーグのMVPに輝くなど[2]、マイナーにおいて順調な成長を遂げる。オフの11月20日にブルワーズとメジャー契約を結び、40人枠入りを果たした。

2004年2月10日にブルワーズと1年契約に合意し、3月16日にAAA級インディアナポリス・インディアンスへ異動した。5月21日にメジャーへ昇格し、5月25日ロサンゼルス・ドジャース戦においてメジャーデビュー。四回の裏、代打として登場し、対戦投手の石井一久に空振り三振に仕留められた。なお、本年から外野手にコンバートしている。

2005年はAAA級で113試合 ・ 打率.308 ・ 出塁率.377 ・ OPS.913 ・ 31盗塁を記録し、7月13日にはパシフィック・コースト・リーグのオールスターに出場[3]8月14日、メジャー再昇格。同日、ジェイソン・スタンリッジから、キャリア初安打をレフトへの三点本塁打で飾り、同23日にはキャリア初のマルチヒットを放つ。シーズン終了後、パシフィック・コースト・リーグのベスト・ベースランナーに選ばれた[4]

2006年はAAA級で26試合 ・ 打率.320 ・ 出塁率.391 ・ OPS.951の好成績を挙げると、5月18日以降はメジャー定着。87試合に出場し、経験を積む。その内10試合において一番打者に抜擢され、8月17日には初の先頭打者本塁打を放った。更に、9月4日から13日にかけて8試合連続安打をマーク。特に5日は初の1試合2本塁打を放ち、6打点 ・ 3得点を挙げる活躍を見せた[5]2007年は主に一番、ないし五番打者として起用され[6]、球団史上5人目となる20本塁打 ・ 20盗塁をクリア(過去の4人はトミー・ハーパーロビン・ヨーントジェロミー・バーニッツマーキス・グリッソム)。6月13日から7月6日にかけては、セシル・クーパー(1980年)以来27年ぶりとなる、22試合連続安打を放った(球団史上3番目の長さ)。この年、ハートとブランドン・フィリップスシンシナティ・レッズ)が20本塁打 ・ 20盗塁 ・ 20試合連続安打を達成したが、これは2002年のブラディミール・ゲレーロ以来である。その他、リーグ4位の三塁打数、同7位の死球数、同7位の得点圏打率.339をマーク。シーズン終了後、全米野球記者協会によるアンソング・ヒーロー賞とグッド・ガイ賞を受賞[7]

 
ブルワーズ時代

2008年は五番打者に定着。前年より全体的に数字を下げたが、球団史上初となる[8]、2年連続の20本塁打 ・ 20盗塁を達成。4月13日に1試合4安打を放つと、4月21日から5月4日にかけて13試合連続出塁をマーク。4月の月間成績は打率.295、出塁率.358、5月は打率.306、出塁率.342、OPS.861。7月15日にはネットでの最終投票にて"32番目の男"に選出され、キャリア初のMLBオールスターゲーム出場を果たす(結果は3打数無安打1三振)。前半戦打率.289、OPS.831に対して後半戦は打率.239、OPS.659と失速したが、8月24日から9月5日にかけて11試合連続安打を放った。シーズン通算の二塁打数はリーグ3位、マルチヒットは47回記録[9][10]。10月1日から行われたナショナルリーグディビジョンシリーズでは4試合に出場したが、14打数3安打、打率.231、出塁率.333、長打率.231と冴えず、チームもフィラデルフィア・フィリーズに1勝3敗で敗れた。今後は30本塁打 ・ 30盗塁も期待されている。

2009年はオープン戦で打率.351・7本塁打という成績を残し[11]ケン・モッカ監督に、「今シーズン、最高の成績を残すと思った」と言わしめた[11]。しかし、いざシーズンが開幕してみると、8月2日にシーフード料理に当たり、虫垂炎の手術を受けた事で復帰まで40日を要し[11]、最終的には115試合の出場で打率.260・12本塁打・48打点・11盗塁と、いずれもレギュラー定着後では自己最低の数字に終わった。その影響もあってか、シーズンオフにはニューヨーク・メッツジョン・メイン投手とのトレードも噂されたが、結局立ち消えとなった[11]。しかし、2010年は一転して調子を取り戻し、オールスターゲームやその前夜祭であるホームランダービーにも出場した。

2012年プリンス・フィルダーの移籍、新加入の青木宣親の活躍もあり、一塁手として先発出場する機会が増えた。

2013年10月31日FAとなった。

マリナーズ時代編集

2013年12月11日シアトル・マリナーズと1年契約で合意したことを報道され[12]12月13日に球団が正式発表した[13]

2014年は開幕ロースター入りしたが、5月20日に左ハムストリングの故障で、15日間の故障者リスト入りした[14]7月4日に復帰した[15]が、8月2日に右膝の故障で再び15日間の故障者リスト入りし[16]9月1日に復帰した。前年に1年間離脱するまで、2度の30本塁打以上を含む3年連続25本塁打以上放っていた為、期待されてチームに迎えられたが、故障の影響で68試合の出場に終わり、不振も重なって打率.203・6本塁打・21打点・2盗塁という不本意な成績に終わった。9月29日DFAとなり[17]10月6日にFAとなった。

パイレーツ時代編集

2014年12月19日ピッツバーグ・パイレーツと250万ドル+出来高[18]の1年契約を結んだ[19][20]

2015年11月2日FAとなった[21]

プレースタイル編集

スピードとパワーを兼ね備えた、大型アスリート。2007年と2008年にブルワーズ球団史上初となる二度の20本塁打、20盗塁を達成している。右方向に長打を打てる上手さがあり、三年間(2006 - 2008)の得点圏打率.301[22]と勝負強さも併せ持っている。レンジ(守備範囲)は広く、中堅を守れるだけの守備力も十分にあり、打てないときでも勝利に貢献出来る。この点は、「ブルワーズの顔」であるプリンス・フィルダーやライアン・ブラウンよりも優れている。欠点は四球を選べないことで、「選球眼に磨きをかければ、真の強打者になれる」との声もある[23][24][25][26][27][28]。 また、元ブルワーズ監督のネッド・ヨストは、「必ず30-30を達成する」とハートの能力を高く評価している。

マイナー7年間の通算成績は、打率.299 ・ 出塁率.357 ・ OPS.855 ・ 131盗塁(成功率78パーセント)である。

人物編集

カントリー・ミュージシャンのガース・ブルックスが主催する、子供らのための慈善財団に貢献している人物としても知られ、「もしプロ入りしてなかったら、指導者としての道を選択していただろう」と言われる[2]。なお、1980年代のセックス・シンボルとなったカナダ人ミュージシャンと同姓同名だが、本人はエミネムのファンである[23]。既婚、妻クリスティーナとの間に三人の子供が居る。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2004 MIL 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2005 21 63 57 9 11 2 1 2 21 7 2 0 0 0 6 0 0 11 6 .193 .270 .368 .638
2006 87 256 237 32 67 13 2 9 111 33 5 8 0 2 17 1 0 58 7 .283 .328 .468 .796
2007 140 566 505 86 149 33 9 24 272 81 23 7 5 7 36 3 13 99 6 .295 .353 .539 .892
2008 157 657 612 76 164 45 6 20 281 91 23 7 4 9 27 2 5 109 17 .268 .300 .459 .759
2009 115 472 419 64 109 24 3 12 175 48 11 6 1 3 43 0 6 92 9 .260 .335 .418 .753
2010 145 614 558 91 158 34 4 31 293 102 7 6 0 5 45 2 6 140 14 .283 .340 .525 .865
2011 130 551 492 80 140 25 4 26 251 63 7 6 3 1 51 1 4 114 12 .285 .356 .510 .866
2012 149 622 562 91 152 35 4 30 285 83 5 0 2 3 44 5 11 151 13 .270 .334 .507 .841
2014 SEA 68 255 232 17 47 9 0 6 74 21 2 0 0 1 16 1 6 59 1 .203 .271 .319 .590
2015 PIT 35 57 54 3 12 1 0 2 19 9 0 0 0 1 1 1 1 19 5 .222 .246 .352 .597
通算:11年 1048 4114 3729 549 1009 221 33 162 1782 538 85 40 15 32 286 16 52 853 90 .271 .329 .478 .806
  • 2017年度シーズン終了時

獲得タイトル・表彰・記録編集

背番号編集

  • 1 (2004年 - 2012年)
  • 27 (2014年)
  • 12 (2015年 - )

脚注編集

  1. ^ 2002 Futures Game Rosters” (英語). Baseball America Online. 2008年12月11日閲覧。
  2. ^ a b Corey Hart: Biography and Career Highlights | Pittsburgh Pirates” (英語). brewers.com. 2008年12月11日閲覧。
  3. ^ Awards/Honors:” (英語). MiLB.com. 2008年3月11日閲覧。
  4. ^ 2005 Career Highlights:” (英語). brewers.com. 2008年12月11日閲覧。
  5. ^ 2006 Career Highlights:” (英語). brewers.com. 2008年12月11日閲覧。
  6. ^ 2007 Batting Splits - By Batting Order” (英語). ESPN. 2008年12月12日閲覧。
  7. ^ 2007 Career Highlights:” (英語). brewers.com. 2008年12月12日閲覧。
  8. ^ 「2008 通信簿 file:226-500」『月刊スラッガー No.128 , 2008年12月号』日本スポーツ企画出版社、79頁。
  9. ^ Corey Hart 2008 Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference. 2008年12月20日閲覧。
  10. ^ 2008 Batting Splits” (英語). ESPN. 2008年12月20日閲覧。
  11. ^ a b c d 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2010』廣済堂出版、2010年、361頁。ISBN 978-4-331-51439-9
  12. ^ Mariners add Hart, LoMo to cap Meetings MLB.com
  13. ^ Mariners sign free agent Corey Hart MLB.com
  14. ^ Nick Franklin Recalled from AAA Tacoma”. MLB.com Mariners Press Release (2014年5月20日). 2014年5月21日閲覧。
  15. ^ Corey Hart activated from 15-day disabled list”. MLB.com Mariners Press Release (2014年7月4日). 2014年7月5日閲覧。
  16. ^ Greg Johns (2014年8月3日). “Hart placed on disabled list with bruised right knee”. MLB.com. 2014年12月20日閲覧。
  17. ^ Greg Johns (2014年9月30日). “Mariners activate Montero off suspended list”. MLB.com. 2014年12月20日閲覧。
  18. ^ 350打席・375打席・400打席・425打席に立つたびに25万ドル、450打席・475打席・500打席・525打席・550打席に立つたびに30万ドルを獲得できる。
  19. ^ Pirates sign free agent Corey Hart”. MLB.com Pirates Press Release (2014年12月19日). 2014年12月20日閲覧。
  20. ^ Corey Hart, Pirates agree to deal”. ESPN MLB (2014年12月19日). 2014年12月20日閲覧。
  21. ^ Transactions | pirates.com” (英語). MLB.com (2015年11月2日). 2015年11月4日閲覧。
  22. ^ Three year (2006-2008) Batting Splits - By Situation” (英語). ESPN. 2008年12月12日閲覧。
  23. ^ a b 出野哲也 「2008 MLB 選手名鑑」『月刊スラッガー No.120 , 2008年4月号』日本スポーツ企画出版社、76-77頁。
  24. ^ Corey Hart - Pecota” (英語). baseballprospectus.com. 2008年3月11日閲覧。
  25. ^ Corey Hart - Scouting Report , Transactions / Injuries / Suspensions” (英語). sportsnet.ca. 2008年3月11日閲覧。
  26. ^ 『月刊スラッガー』 2008年3月号 29頁。
  27. ^ 「2008 MLB 30球団スカウティング・レポート」『ウェルカム・メジャーリーグ 2008』白夜書房〈白夜ムック 315〉、182-185頁。ISBN 978-4861913983
  28. ^ スラッガー編集部 「2008 外野手ランキング」『月刊スラッガー No.122 , 2008年6月号』日本スポーツ企画出版社、33頁。

外部リンク編集