メインメニューを開く

ゴールズFC(クラブとしての主要な期間はフェルヴォローザ石川・白山FCとして活動)は、かつて存在した石川県の社会人サッカークラブ。当初は白山市、後に石川郡野々市町で活動していた。

ゴールズFC
原語表記 ゴールズFC
クラブカラー      白、    青、    
創設年 1973年
解散年 2010年
ホームタウン 石川県
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

概要編集

1973年に結成された松任オフサイドFCが母体で、地元の松任中学校と笠間中学校のサッカー部OBが中心となって結成され、石川県社会人リーグを中心に活動を進めたが、参加者が増加した為、1984年頃からオフサイドFC松任クラブの2チームに分割した。松任クラブは1996年松任オレンジモンキーとチーム名を改め、石川県の地区リーグからスタートし、2000年に石川県1部リーグに昇格。2001年北信越チャレンジリーグ優勝して北信越フットボールリーグへ昇格した。

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)参入を目指したプロジェクトを進めた時期もあり、2004年度からチーム名を松任FCに変更、第84回天皇杯全日本サッカー選手権大会に初出場、JFL所属のザスパ草津と対戦した。また、ジュニア(小学生)チームの「松任FCジュニア」を傘下チームに組み入れ、将来的には中学生年代、高校生年代のユースチームの結成も視野にして、下部組織の充実も目指していた。

2005年、公募によりチーム名をポルトガル語で、『ひたむきさ』『熱心さ』を表すフェルヴォローザメンテをもとにした造語で、「ひたむき」「熱心」「一本槍」など、まっすぐな情熱を表したフェルヴォローザFCに変更[1]。翌2006年にホームタウンの石川県白山市の地域名を加えてフェルヴォローザ石川・白山FCとした。チームカラーは、世界へとつながっている石川の海から、無限に広がる未来を表現した「青」と、県内最高峰である白山に代表される石川の大地をイメージし、地域に根ざした活動をすすめていく意志を表現した「白」、チーム・サポーター全ての応援する人達の情熱を表現した「赤」のトリコロール。エンブレムの中央上部には、石川県をイメージする、兼六園の徽軫灯籠(ことじとうろう)を配置し、加賀百万石の藩祖前田利家公の異名「槍の又佐」や、チーム名の意味「一本槍」から、背後に槍を配置したデザインで新しく制定された。エンブレムの下部には、石川の誇りとなるチームを目指すという意志を込めてISHIKAWAと記され、チームの設立年である1973年が刻まれていた。白山市内で恐竜の化石が数多く発掘されることから、恐竜をモチーフにしたマスコットの「フェルヴォくん」と「ローザちゃん」も設定されていた。

当初は運営組織をNPO法人としていたが、2007年に新たに設立した株式会社に経営主体を移した。Jリーグ経験者やスロベニアから選手を補強[2]、長期の九州キャンプなど、地域リーグの枠を越える体制でJFL昇格を目指したが、リーグ開幕から2カ月後の6月12日に選手の人件費の高騰と、入場料・スポンサー料が予定通りに確保できなかった事が原因となり、選手への給料が遅配、経営危機に陥っていることがわかった[3]。その後、7月4日付でチームの財政難から、監督ほかスタッフ・選手との契約も打ち切り、新スポンサーを探しながらチームを存続させることになった[4]。夏のリーグ戦中断期間に、主力選手の他チームへの移籍や帰国が発表されたが、チームに残った選手や、サポーターのチーム存続の願いもあり、9月9日の北信越フットボールリーグ最終節の直前には、登録選手数が11人を割り込み、スポンサー企業の県リーグ所属の同好会チームからの協力を得て試合を行った[5]

2008年のシーズンは、運営を再びNPO法人に戻してチームを存続した。2009年にクラブ運営が、各地で定着しつつあったサッカースクール事業と共に、市外の企業へ譲渡され、チーム名をゴールズFCに変更、エンブレムやチームカラーも一新された。

2011年のシーズン開幕直前にクラブの運営を北陸大学へ移管して、名称をFC北陸に変更。チーム編成も大学生主体の学生・社会人の混成チームとなり、社会人クラブチームとしての歴史を終えた。

チーム成績・歴代監督編集

年度 順位 所属 勝点 試合 得点 失点 監督 チーム名
2002 北信越 9位 3 9 3 0 6 13 22 -9 松任オレンジモンキー
2003 7位 14 12 3 5 4 10 21 -21
2004 北信越1部 5位 22 14 6 4 4 27 28 -1 松任FC
2005 4位 18 14 6 0 8 25 29 -4 高橋明裕 フェルヴォローザFC
2006 5位 14 14 4 2 8 25 34 -9 西川周吾 (選手兼任) フェルヴォローザ石川・白山FC
2007 5位 24 14 8 0 6 37 23 14 濵吉正則
2008 8位 6 14 2 0 12 9 61 -52 重久誠
2009 北信越2部 8位 3 14 1 0 13 11 38 -27 松井俊樹 ゴールズFC
2010 6位 14 14 2 8 4 18 22 -4 西野貴博

天皇杯編集

  • 出場1回
年月日 時期 会場 スコア 対戦相手 観客
84 2004年9月26日 2回戦 金沢市民サッカー場 0-6 ザスパ草津 (JFL) 1, 031人

全社編集

  • 出場1回
年月日 時期 会場 スコア 対戦相手 観客
42 2006年10月14日 1回戦 仁賀保運動公園多目的広場 1-1 (PK3-1) ノルブリッツ北海道 (北海道) 300人
2006年10月15日 2回戦 TDKスポーツセンターサッカー場 1-1 (PK2-4) V・ファーレン長崎 (九州) 200人

歴代在籍選手編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「フェルヴォ=中田魂」の横断幕にあらわされるように、早世したサポーターが名付けたチーム名はチームの方向性を示すものでもあった。
  2. ^ 『スロベニアから2選手』 北國新聞(2007年2月10日)
  3. ^ 『フェルヴォローザ石川 選手らに給料遅配』 北國新聞(2007年6月12日)
  4. ^ 北國新聞 (2007年7月9日). “全選手の契約解除 北信越フットボールリーグ フェルヴォローザ石川 再び経営危機”. 2011年3月12日閲覧。
  5. ^ 『フェルヴォローザ石川・白山 アマチームで存続』 北國新聞 (2007年9月10日夕刊)