野々市市

日本の石川県の市

野々市市(ののいちし)は、石川県の中部に位置するである。

ののいちし ウィキデータを編集
野々市市
野々市市旗 野々市市章
野々市市旗 野々市市章
1960年6月15日制定
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 石川県
市町村コード 17212-0
法人番号 5000020172120 ウィキデータを編集
面積 13.56km2
総人口 57,916[編集]
推計人口、2024年2月1日)
人口密度 4,271人/km2
隣接自治体 金沢市白山市
市の木 椿
市の花 椿
市のキャラクター のっティ
野々市市役所
市長 粟貴章
所在地 921-8510
石川県野々市市三納一丁目1番地
北緯36度31分10秒 東経136度36分35秒 / 北緯36.51942度 東経136.60978度 / 36.51942; 136.60978座標: 北緯36度31分10秒 東経136度36分35秒 / 北緯36.51942度 東経136.60978度 / 36.51942; 136.60978
野々市市役所
外部リンク 公式ウェブサイト

野々市市位置図

― 市 / ― 町・村

ウィキプロジェクト

概要 編集

自治体としての人口密度は本州の日本海側では最高で、隣接する金沢市ベッドタウンである。金沢市への通勤率は38.7%(平成17年国勢調査)。

2011年11月11日に、石川郡野々市町が市制を施行し、野々市市が誕生。石川県11番目の市となった。またこれに伴い、石川郡は消滅した。

日本で唯一、市名に「々」が使われる市でもある。

地理 編集

手取川扇状地の北東端にある。北部と東部は金沢市に、西部と南部は白山市に隣接する山も海もない平地である。石川県内では唯一、海に面していない市である。

河川 編集

主な川

地域 編集

主に旧町域・村域に従い4地区に分けられる。

人口 編集

 
野々市市と全国の年齢別人口分布(2005年) 野々市市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 野々市市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
総務省統計局 国勢調査より

健康 編集

  • 平均年齢
    • 2005年12月末現在で、38.41歳(男37.17歳/女39.65歳)

隣接している自治体 編集

 石川県

歴史 編集

古代の遺跡として御経塚遺跡や末松廃寺跡がある。鎌倉時代室町時代には守護となった富樫氏がここに館を置いた。江戸時代は、北陸街道宿場町であったが、参勤交代で通過する大聖寺藩のみであったため、規模は小さかった。

沿革 編集

  • 1889年明治22年)4月1日 町村制の施行により、野々市村が発足する。
  • 1924年大正13年)7月1日 町制施行して、野々市町となる。
  • 1937年昭和12年) 町議会において金沢市への編入を議決するが、合併に至らず。
  • 1955年(昭和30年)4月1日 野々市町及び富奥村が合併して、改めて野々市町が発足する。
  • 1956年(昭和31年)9月30日 郷村の区域の一部を編入する。
  • 1957年(昭和32年)4月10日 同年3月31日に実施された住民投票により賛成多数を得た金沢市押野町の区域の一部、御経塚町、野代町及び押越町の区域を編入する。
  • 1964年(昭和39年)
    • 5月1日、本町に住居表示実施。本町一 〜 六丁目、若松町、横宮町、高橋町、扇が丘、住吉町、菅原町及び白山町に分割する[3]
    • 10月、人口1万人突破[3]
  • 1974年(昭和49年)9月20日 人口2万人突破[4]
  • 1981年(昭和56年)1月20日 人口3万人突破[5]
  • 1997年平成9年)12月 人口4万人突破[6]
  • 2002年(平成14年)9月5日 金沢市長(山出保、当時)と野々市町長(安田彦三、当時)との合併会談が行われたが、単独町制を選択。
  • 2004年(平成16年)12月 三納18街区に現庁舎竣工。
  • 2008年(平成20年)4月 総務部内に市制準備室を設置。
  • 2009年(平成21年)人口5万人突破(県による試算)。
  • 2010年(平成22年)新市名の検討始まる[7]
  • 2011年(平成23年)8月12日 地方自治法に基づいて町を市とする処分(市制施行)が官報に告示される[8]
  • 2011年(平成23年)11月11日 市制施行して、野々市市となる。

行政 編集

市制施行まで 編集

2010年実施の国勢調査で、石川県が2011年2月14日が発表した速報では市制施行の要件である人口が5万人を突破したため、2011年11月11日に市制施行した[9]。新しい市の名称は野々市市(ののいちし)[10]

町長の粟貴章は市制施行の会見において、

  • 数字の1は物事の始まりであり、市制スタートの日にふさわしい。
  • 人や物、情報、知識が集まる町を目指す野々市の『市』(いち)の意味合いもある。
  • 11月11日の誕生花は町花木ツバキであり、将来まで記憶に残る日にしたい。
  • 県内で11番目の市となる

というように市制施行日を同日に予定した理由を説明している[11]

2011年4月28日に開催した町議会において市制移行を決議し、5月2日石川県に市制移行を申請した[12][13]。8月12日付の官報において、総務省は野々市町の市制移行を告示し、11月11日に野々市市が誕生することになった[14]。石川県内の地方公共団体の単独での市制移行は、1970年に松任町が市制移行し誕生した松任市(現・白山市)以来となる。

市制施行までは全国の町村の中では岩手県岩手郡滝沢村愛知県愛知郡長久手町(いずれも当時)に次いで3番目に人口が多かった。

市長 編集

歴代野々市村長
氏名 就任 退任 備考
1 1 瀬尾永章 1889年(明治22年)5月2日 1893年(明治26年)
2 1893年(明治26年) 1896年(明治29年)4月20日
3 2 水毛生伊余門 1896年(明治29年)4月30日 1896年(明治29年)9月3日
4 3 藤村理平 1896年(明治29年)9月15日 1898年(明治31年)11月24日
5 4 田多野仁三郎 1898年(明治31年)12月7日 1899年(明治32年)8月23日
6 5 後藤与五郎 1899年(明治32年)9月14日 1900年(明治33年)4月15日
7 田多野仁三郎 1900年(明治33年)4月25日 1903年(明治36年)6月1日
8 6 藤村藤作 1903年(明治36年)6月15日 1907年(明治40年)
9 1907年(明治40年) 1911年(明治44年)
10 1911年(明治44年) 1915年(大正4年)
11 1915年(大正4年) 1919年(大正8年)
12 1919年(大正8年) 1923年(大正12年)4月2日
13 7 舘惣次郎 1923年(大正12年)5月21日 1924年(大正13年)6月30日
歴代野々市町長(1924年ー1955年)
氏名 就任 退任 備考
1 1 舘惣次郎 1924年(大正13年)7月1日 1927年(昭和2年)
2 1927年(昭和2年) 1931年(昭和6年)8月31日
3 2 橋場仕三郎 1931年(昭和6年)10月1日 1935年(昭和10年)
4 1935年(昭和10年) 1936年(昭和11年)4月22日
5 3 木戸禎七 1936年(昭和11年)5月19日 1937年(昭和12年)3月27日
6 4 兵地栄一 1937年(昭和12年)9月8日 1941年(昭和16年)
7 1941年(昭和16年) 1945年(昭和20年)
8 1945年(昭和20年) 1946年(昭和21年)3月11日
9 1946年(昭和21年)4月23日 1946年(昭和21年)11月22日
10 5 福田三次 1947年(昭和22年)4月8日 1951年(昭和26年)4月4日
11 1951年(昭和26年)4月23日 1955年(昭和30年)3月31日
歴代野々市町長(1955年ー2011年)
氏名 就任 退任 備考
1 1 兵地栄一 1955年(昭和30年)5月1日 1959年(昭和34年)1月2日 [15]
2 2 中島栄治 1959年(昭和34年)2月17日 1963年(昭和38年)2月16日 [16]
3 1963年(昭和38年)2月17日 1967年(昭和42年)2月16日
4 1967年(昭和42年)2月17日 1971年(昭和46年)2月16日
5 1971年(昭和46年)2月17日 1975年(昭和50年)2月16日
6 3 黒保衛 1975年(昭和50年)2月17日 1979年(昭和54年)2月16日
7 4 徳野與四男 1979年(昭和54年)2月17日 1979年(昭和54年)4月28日 [17]
8 5 西尾修 1979年(昭和54年)6月10日 1983年(昭和58年)6月9日
9 1983年(昭和58年)6月10日 1987年(昭和62年)6月9日
10 1987年(昭和62年)6月10日 1991年(平成3年)6月9日
11 1991年(平成3年)6月10日 1995年(平成7年)6月9日
12 6 安田彦三 1995年(平成7年)6月10日 1999年(平成11年)6月9日
13 1999年(平成11年)6月10日 2003年(平成15年)6月9日
14 2003年(平成15年)6月10日 2007年(平成19年)6月9日
15 7 粟貴章 2007年(平成19年)6月10日 2011年(平成23年)6月9日
16 2011年(平成23年)6月10日 2011年(平成23年)11月10日
歴代野々市市長
氏名 就任 退任 備考
1 1 粟貴章 2011年(平成23年)11月11日 2015年(平成27年)6月9日
2 2015年(平成27年)6月10日 2019年(令和元年)6月9日
3 2019年(令和元年)6月10日 2023年(令和5年)6月9日
4 2023年(令和5年)6月10日 現職

歴代町長選結果 編集

選挙執行日 投票率
(%)
候補者 得票数 得票率
(%)
1 1955年4月29日 無投票 兵地栄一 / /
2 1959年2月17日 94.0 中島榮治 1,825 ?
小堀栄吉 1,566 ?
3 1963年2月6日 無投票 中島榮治 / /
4 1967年1月25日 66.2 中島榮治 3,429 ?
尾西慧一 580 ?
5 1971年2月1日 無投票 中島榮治 / /
6 1975年2月2日 78.98 黒保衛 4,966 ?
中島榮治 4,569 ?
菅原光男 661 ?
7 1979年2月4日 78.26 徳野與四男 6,590 ?
橋本外茂男 5,698 ?
十二新作 758 ?
8 1979年6月10日 35.97 西尾修 4,917 ?
十二新作 1,034 ?
9 1983年5月17日 無投票 西尾修 / /
10 1987年5月20日 無投票 西尾修 / /
11 1991年5月22日 無投票 西尾修 / /
12 1995年5月28日 無投票 安田彦三 / /
13 1999年4月25日 59.44 安田彦三 15,246 ?
青木万里子 1,845 ?
14 2003年4月27日 65.82 安田彦三 14,715 ?
中道明 6,082 ?
15 2007年4月22日 58.62 粟貴章 17,307 ?
青木万里子 1,622 ?
16 2011年4月24日 無投票 粟貴章 / /

歴代市長選結果 編集

選挙執行日 投票率
(%)
候補者 得票数 得票率
(%)
1 2015年4月26日 無投票 粟貴章 / /
2 2019年4月21日 無投票 粟貴章 / /

議会 編集

市議会 編集

  • 定数:15[18]
  • 議 長:中村義彦[19]
  • 副議長:杉林敏[19]
会派
会派名 議席数
野々市フォーラム 8
市政議員会 1
日本共産党 1
公明 1
令和清栄 1
みのりの会 1

2022年3月24日時点[20]

※議長、副議長は会派に属さない。

石川県議会(野々市市選出) 編集

  • 定数:2名
  • 任期:2019年(令和元年)6月9日〜2023年(令和5年)6月8日
議員名 会派名 備考
徳野光春 自由民主党石川県議会議員協議会
吉田修 未来石川議員会 党籍は無所属

衆議院 編集

選挙区 議員名 党派名 当選回数 備考
石川県第2区(金沢市より以南) 佐々木紀 自由民主党 4 選挙区

経済 編集

金沢市の衛星都市(ベッドタウン)として発達していることから、スーパーマーケットや飲食店、量販店が進出している。

工業 編集

商業 編集

主な商業施設

市内に本社を置く主な企業 編集

姉妹都市・提携都市 編集

海外 編集

姉妹都市
友好都市

施設 編集

警察 編集

本部
交番
  • 野々市交番
  • 野々市北交番
  • 野々市南交番
拠点

消防 編集

本部

白山野々市広域事務組合消防本部が管轄している。

消防署
  • 野々市消防署

医療 編集

  • 野々市市内には公立病院が設置されていないが、白山市、川北町と共同で白山市内に公立松任石川中央病院を設置、野々市市の中核医療機関となっている。
主な病院

郵便局 編集

主な郵便局

※郵便配達は新金沢郵便局(金沢市)が行う。

  • 野々市郵便局
  • 野々市御園郵便局
  • 扇が丘郵便局
  • 太平寺郵便局
  • 富奥郵便局
  • 押野郵便局

その他 編集

主な文化施設
  • 文化会館フォルテ
  • 学びの杜ののいちカレード(野々市市立図書館
  • 野々市情報交流館カメリア
  • にぎわいの里野々市カミーノ

(観光欄も参照)

主な体育施設
  • 野々市市スポーツランド
  • 野々市市スポーツセンター
  • 野々市市市民体育館
  • 野々市市市民野球場
  • 野々市市武道館
公民館
  • 中央公民館(本町地区)
  • 郷公民館(郷地区)
  • 押野公民館(押野地区)
  • 粟田公民館(粟田地区)
  • 堀内公民館(堀内地区)

教育 編集

 
石川県立大学
 
金沢工業大学

大学 編集

県立
私立

高等学校 編集

県立

中学校 編集

市立

小学校 編集

市立
※富奥村との合併後、町内には統合校の野々市小学校1校の時代が続いたが、1970年代の人口の急激な増加に対し、学校の新設が後手に回り、野々市小は一時、児童数2,400という全国でもまれに見る大規模校となった。しかし、1978年以降、御園小学校以下4校を数年の間に立て続けに新設し、児童数を適正規模に抑えている。

特別支援学校 編集

県立
廃校

保育園 編集

市立
  • 中央保育園
  • 富奥保育園
  • 押野保育園
  • あすなろ保育園
  • 御経塚保育園
私立
  • エンジェル保育園
  • ふじひら保育園
  • 白山保育園
  • 和光第二保育園
  • ほのみ保育園
  • ほりうち保育園

児童館 編集

  • 中央児童館
  • 本町児童館(1983年完成、2022年10月末閉館[21]
  • 押野児童館

自動車学校 編集

マスメディア 編集

交通 編集

 
野々市駅
 
のっティ
 
横宮交差点(国道157号

鉄道 編集

市の中心となる駅:JR野々市駅

西日本旅客鉄道
JR西日本の野々市駅は市の代表駅であるが、市役所の最寄り駅は北陸鉄道石川線の額住宅前駅(金沢市額新町)である。
北陸鉄道
過去には松金線が野々市町域を通過していた。

バス 編集

路線バス

道路 編集

国道
主要地方道
一般県道
その他

観光 編集

 
富樫館跡
 
高皇産霊神社

名所・旧跡 編集

主な城郭・館
主な寺院
主な神社
主な遺跡
その他の史跡

観光スポット 編集

  • 野々市交遊舎
  • ふるさと歴史館
  • 郷土資料館


祭事・催事 編集

主な催事
  • 野々市つばきまつり日程(3月中旬)
  • 野々市じょんからまつり日程(8月1日に近い土日)
  • じょんからの里マラソン日程(10月下旬)

出身有名人 編集

脚注 編集

  1. ^ 2012年1月4日に単独で市制施行した。
  2. ^ 平成22年国勢調査速報集計結果(人口・世帯数) (PDF) 石川県県民文化局県民交流課統計情報室 2011年2月14日
  3. ^ a b 昭和39年”. ののいち地域事典. 2015年6月10日閲覧。
  4. ^ 昭和49年”. ののいち地域事典. 2015年6月10日閲覧。
  5. ^ 昭和56年”. ののいち地域事典. 2015年6月10日閲覧。
  6. ^ 平成9年”. ののいち地域事典. 2015年6月10日閲覧。
  7. ^ 第2回野々市町新市名称検討委員会会議録野々市
  8. ^ 報道資料 市町村合併(埼玉県川口市)及び市制施行(石川県野々市市) (PDF) - 総務省 2011年8月12日
  9. ^ 野々市町5万人達成 11月市制施行 - 北國新聞 2011年2月15日
  10. ^ 11月11日に野々市市誕生へ - MROニュース 2011年2月25日
  11. ^ 上記3つまでは野々市市、11月11日誕生 粟町長が会見で意向 - 富山新聞 2011年2月26日。「県内11番目の市」は野々市市、始動 いい日船出「力合わせ発展」 - 北國新聞 2011年11月11日夕刊第1面による。
  12. ^ 野々市町 市制の施行に向けた取り組み - 野々市町
  13. ^ 野々市町が市制移行を申請 - 北陸朝日放送 2011年5月2日
  14. ^ 混乱回避へ準備着々 11月「野々市市」移行確定 - 北國・富山新聞 2011年8月13日
  15. ^ 在職中死去。名誉町民(1987年)
  16. ^ 旧富奥村長、名誉町民(1987年)
  17. ^ 任期途中で辞職。
  18. ^ 2019(平成31年)(度)(2019.1月~2020.3月)選挙執行予定について”. 石川県. 2019年5月8日閲覧。
  19. ^ a b 野々市市議会議員名簿(2022年10月24日現在、野々市市公式ページ)2022年10月30日閲覧
  20. ^ 野々市市議会会派名簿(2022年3月24日現在、野々市市公式ページ)2022年10月30日閲覧
  21. ^ 本町児童館 10月閉館 野々市市、設備老朽化で 中日新聞 2022年6月21日(2022年6月21日閲覧)
  22. ^ 「森井選手、横浜移籍 バスケB1 野々市出身」(2020年6月10日付北國新聞朝刊26面)2020年7月5日閲覧

関連項目 編集

外部リンク 編集