サザンクロス・レビュー

サザンクロス・レビュー』は宝塚歌劇団の舞台作品。花組公演[1][2][3]。形式名は「ダンシング・ファンタジー[1][2][4]」。24場[1][2][4]

作・演出は草野旦[1][2][4]。東京公演では美高望は病気のため休演[2]。併演作品は宝塚・東京公演が『失われた楽園[1][2]』、全国ツアーが『春ふたたび[4]』。

解説編集

地球の南半球の真上で瞬く星、サザンクロス(南十字星[5]。その響きは美しく、詩的な世界を夢見させる[5]。神秘とロマンの香り溢れる南半球を舞台に、極彩色のカルナバルの中で繰り広げられるドラマティックなダンシング・ファンタジー[5]。躍動するリズム、ほとばしる汗、留まるところを知らない花組のパワーが作裂した"レビューの宝塚"がその伝統を受け継ぎ、更に新しいレビューに挑戦した[5]

2001年の東京宝塚劇場2002年中日劇場で『サザンクロス・レビューII』、2002年の中国ツアー公演の演目の一つに『サザンクロス・レビュー・イン・チャイナ』、2003年の全国ツアーでは『サザンクロス・レビューIII』が上演された。

公演期間と公演場所編集

全国ツアーの日程編集

スタッフ(宝塚・東京)編集

氏名の後ろに「宝塚[1]」「東京[2]」がなければ両劇場。

主な配役編集

宝塚・東京編集

※宝塚[1]・東京[2]公演共通。

  • カリオカの男S、食虫花、エルドラードキング、フェスタの男S、ノニーノ、パレードの歌手男S - 真矢みき
  • カリオカの男A、エルドラードシンガー1、フェスタの男A、ベルナルド、フラーマ男、パレードの男A - 愛華みれ
  • カリオカの女S、パハロ、フェスタの女S、フェスタの女S、ファニーター、パレードの歌手女S - 千ほさち
  • カリオカの男A、リオの男A、エルドラードシンガー2、マリポサ、リフ、フラーマの男、パレードの男A - 香寿たつき
  • カリオカの男A、リオの男A、エルドラードシンガー3、フェスタの男A、チノ、フラーマ男、パレードの男A - 匠ひびき

初風緑途中休演により、下記の通りの代役があった。

全国ツアー編集

  • カリオカの男S、ジプシー、レゲエバンドS、フェスタの男S、ノニーノ、パレードの歌手男S - 愛華みれ[4]
  • カリオカの女S、パハロ、フェスタの女S、パレードの女S - 渚あき[4]
  • カリオカの男A、リオの男S、エルドラード・シンガー1、マリポサ・シンガー、ベルナルド、フラーマ男、パレードの男A - 匠ひびき[4]
  • カリオカの男A、リオの男A、エルドラード・シンガー2、フェスタの男A、リフ、フラーマ男、パレードの男A - 春野寿美礼[4]
  • カリオカの男A、リオの男A、エルドラード・シンガー3、フェスタの男A、チノ、フラーマ男、パレードの男A - 瀬奈じゅん[4]
  • カリオカの女A、恋人、ファニータ、パレードの女A - 鈴懸三由岐[4]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 90年史 2004, p. 66.
  2. ^ a b c d e f g h i 90年史 2004, p. 69.
  3. ^ a b c d e f g h i 90年史 2004, p. 89.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 90年史 2004, p. 90.
  5. ^ a b c d 100年史(舞台) 2014, p. 175.
  6. ^ a b 90年史 2004, pp. 89-90.

参考文献編集

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3