サンバコール日本アングロアラブ競走馬である。全弟サンクリント半弟にコルレオーネがおり、いずれも母バコールにちなんで映画関連の命名がされている。従って「サンバ・コール」ではない。

サンバコール
Sun Bacall.JPG
2004年8月15日金沢競馬場にて
品種 アングロアラブ
性別
毛色 栗毛
生誕 1995年5月2日
抹消日 2006年4月1日
スマノヒット
バコール
生国 日本の旗 日本
北海道新冠郡新冠町
生産 佐藤義紀
馬主 藤井芳子
調教師 西村守幸(西脇
競走成績
生涯成績 43戦20勝
獲得賞金 89,910,000円
テンプレートを表示

1997年10月姫路競馬場でデビュー(3着)。そののち年をはさんで5連勝も若駒賞は2着、楠賞全日本アラブ優駿は4着とともにタッカースカレーに敗れる。秋の六甲盃では春に連続して後塵を拝したタッカースカレーの兵庫アラブ三冠を阻止し、続く姫山菊花賞でも楠賞で先着を許したマイクリスを破って重賞2連勝。さらに福山競馬場西日本アラブダービーではふたたびタッカースカレーに6馬身差を付けて圧勝した。

1999年5月兵庫大賞典後、骨折で1年半の長期休養に入る。復帰3戦目となった2001年新春賞で鮮やかに復活を遂げる。このあと、ワシュウジョージハッコーディオスなどの台頭で重賞勝利から遠ざかるが、2頭の不在となった2002年の兵庫大賞典はサラブレッド兵庫三冠ロードバクシンらを後方から向こう正面でひとまくりに飲み込み、7歳ながら健在を見せ付けた。場内実況の吉田勝彦は「あっぱれアラブのサンバコール」と優勝を讃えたが、同時に兵庫県所属のサラブレッドのレベルの低さも浮き彫りとなった。

2003年の兵庫大賞典でも同様に向こう正面からホクザンフィールドを追いかけて場内を沸かせた。最後は力尽きロードバクシンにも差されて3着となるが、勝ちに行きながら4歳のクールテツオーに最後まで先着を許さなかった内容は8歳という年齢を考えれば十分過ぎる内容だった。

福山のタマツバキ記念アラブ大賞典では、圧倒的人気を集めたマリンレオが後方からレースを進めた幸運にも恵まれたが、1年振りの重賞勝利。しかし地元のオープン特別では弟サンクリントに貫禄を見せつけたものの、体調不良でセイユウ記念アラブグランプリ挑戦はサンクリントに譲る。その後も園田金盃を直前で回避するなど順調さを欠いたまま2004年の新春賞に出走するが8着と惨敗する。

アラブ系競走が廃止されたあとの7月にサラブレッドのオープン特別で復帰するが、馬体重を18キログラム減らしてきたため敬遠され、レースでも最後方を付いて回っただけで最下位に敗れる。前年は見送ったセイユウ記念に出走してきたものの、前走からさらに馬体重を減らし、レースでは前走と同様に離れた最後方を追走していたが2周目第3コーナー手前で故障を発症し、競走中止となった。

その後2006年4月1日付けで地方競馬登録が抹消され、以後行方不明となっている。

血統表編集

サンバコール血統ザテトラーク系(ヘロド系) アア・サラ・サラ系などの記載のないものは品種不明のもの。 (血統表の出典)

アア スマノヒット
1981年 鹿毛
父の父
アア スマノダイドウ
1970年 鹿毛
アア ミトタカラ サラ タカクラヤマ
アラ 金友
サラ系 トキノメジロ サラ メジロオー
サラ系 トキノハツエ
父の母
アア ナカツヒット
1971年 鹿毛
アア フジミナト トンシロ
アラ 弟詠
サラ ミスコンパクト サラ トサオー
サラ ローヤルメリー

アア バコール
1990年 栗毛
アア イムラッド
Imrad (フランス)
1977年 芦毛
アア Fayriland II Thailand
Florise III
サラ Orsola サラ Phaeton
サラ L'Epau
母の母
アア ミスツルガヒメ
1974年 栗毛
サラ アローエクスプレス サラ スパニッシュイクスプレス
サラ ソーダストリーム
アア ミスミホノ サラ ホマレモン
アラ 銀治 初雪系


外部リンク編集