メインメニューを開く

サンリオタイムネット』は、1998年11月27日ゲームボーイで発売されたソフト。過去編(かこへん)・未来編(みらいへん)の2バージョンが同時リリースされた。『冒険時空タイムネット』のタイトルで漫画化もされた。

サンリオタイムネット 過去編・未来編
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 ゲームボーイ
開発元 イマジニア(現・ロケットカンパニー
発売元 イマジニア(現・ロケットカンパニー)
人数 1人、2人(通信)
メディア ROMカセット
発売日 1998年11月21日
テンプレートを表示

ストーリー編集

ある日、主人公パソコンに一通のメールが届いた。そのメールの送り主は、タイムネットの世界を救って欲しいと頼む。そして主人公はタイムネットの世界へ旅立つ。

概要編集

このゲームは「ときのかけら」と呼ばれるモンスターを、ゲットカード(レベル10まで)やデジカメというアイテムで捕まえ、何者かによって壊され、失われた「ときのはしら」とよばれる時間軸の修復をし、過去と未来に引き裂かれた世界を現在に戻すことを目的とするゲームである。なお、ストーリー完結後もすべての種類のときのかけらを集め終え、タイムネットの称号を得るまでゲームは続く。

タイムサーファーなどのレアモンスターはイベント配布でしか入手できないため、モンスターのコンプリートにはイベント開催を待つしかなかった。

キャラクター編集

ゲームオリジナル編集

男の子
主人公を決める際に選ぶことが出来るキャラ。男の子を選ぶと、女の子がライバルとして現れる。
女の子
主人公を決める際に選ぶことが出来るキャラ。女の子を選ぶと、男の子がライバルとして現れる。
時の老人
タイムネットに住む謎の老人。本編では主人公をサポートすることが多い。
ザッキー
タイムネットを破壊しようとする本作の敵。その存在は謎に包まれている。
謎の女の子
主人公がタイムネットへ旅立つ際に現れる。しかし、すぐさま姿を消してしまう。

サンリオ(五十音順)編集

ゲーム発売当時の新旧サンリオキャラクターが、多数登場。スター・システムを採用している。

エンジェルキティ
ピューロランド」に登場。「ウイングクリスタ」を返すと「ほしがたCD」と「アースウォッチ」を渡してくれる。
おはなちゃん(ぽこぽん日記
過去世界の「しずかのもり」に登場。人間に化けて登場し、モンスター勝負を挑んでくる。
キキとララ(リトルツインスターズ
未来世界と過去世界を繋ぐ「はしご」の番人。初登場時は何を言っているのか分からないが、「ほしがたCD」というアイテムを手に入れると言葉が分かるようになる。ちなみにキキは「ちえのき」、ララは「ときのいずみ」を司っている。
ギミーファイブ
未来世界の「キャンプじょう」でモンスター勝負を仕掛けてくる5人の男の子。
きんぎょちゃん(ハンギョドン)
過去世界の「いけ」に登場。モンスター勝負を挑んでくる。
グッドはな丸(バッドばつ丸)
未来世界の「スカイシティ」に登場。モンスター勝負を挑んでくる。
ゲーターギャグス
未来世界の「ちょすいち」に登場。モンスター勝負を挑んでくる。
けろっぴ、けろりーぬ(けろけろけろっぴ
未来世界の「うんが」に登場。モンスター勝負を挑んでくる。
ゴロ・ピカ・ドン
過去世界の「てんくうのむら」に登場。ドンとのモンスター勝負に勝つと、「こうくうしゃしん」を渡してくれる。
セブン シリー ドゥワーフス
はしご」がある未来世界の「うしなわれたたいりく」及び、過去世界の「しんたいりく」にいる7人の小人。このゲームでは、世界が過去と未来に裂けたショックで7人に分裂した設定となっている。モンスター勝負を挑んでくる。
たあ坊(みんなのたあ坊
未来世界の「ウラニュームこうざん」に登場。モンスター勝負を挑んでくる。
タキシードサム
海賊団の団員として登場。モンスター勝負を挑んでくる。
ティラン、プテラ、ブロント(ウィアー ダイナソアーズ)
過去世界の「おがわ」にいる恐竜。モンスター勝負を挑んでくる。
てつなぎクマ
未来世界の「バイオのうえん」の南、過去世界の「のはら」の南の両方で序盤に2匹でとおせんぼをしている。
てるみ、まいこ、なおみ、とも(るるるがくえん)
過去世界の「ビッグシティ」にある、「がっこう」の女子生徒達として登場。よしことちえの2人は登場しない。なおみとのモンスター勝負に勝つと、「ソーラーバイク」を渡してくれる。
トゥイー ディー ドロップス
3匹の。海賊団の団員として登場し、一人ずつモンスター勝負をする。ちなみに、元々が海賊ルックをしているキャラクターである。
ドラくん、まじょちゃん、ミイラくん(ようかいきっず)
未来世界の「ゆうれいやしき」に登場。まじょちゃんとのモンスター勝負に勝つと、「ソーラーバイク」を渡してくれる。
ねずみこぞう(ボ・ボクねずみ小僧だい!)
未来世界の「ビッグいせき」の南、過去世界の「ビッグシティ」の南に、「ソーラーバイク」を手に入れていると登場する。モンスター勝負を挑んでくる。
パティ&ジミー
未来世界の「ベイシティ」でデートをしている女の子と男の子。話しかけると、モンスター勝負を挑んでくる。
バッドばつ丸
未来世界の「スカイシティ」にいるハッカー集団の親玉。モンスター勝負に勝つと、「こうくうしゃしん」を渡してくれる。
はなこ(ハンギョドン)
ハンギョドンロボの肩に乗って登場する。
バニラビーン
タワー」に住む、世界の理を知る三人のうちの一人。デジカメを作ってくれる。
パピー(パタパタペッピー)
ハチの女の子。世界の理を知る3人のうちの一人。「もりのおく」に住んでいる。
ハローキティ
モンスターの回復をしてくれる休憩所や、アイテムを売るショップの受付として登場。後に出てくるベビーキティとエンジェルキティとは別のキャラクターである。
ハンギョドン
最後のダンジョン「マーズタワー」で勝負をすることになるモンスターとして登場(デジカメで捕まえることが出来る)。倒すたびに形態が変わり、ハンギョドン→グレートハンギョ→ハンギョドンロボとパワーアップしていく。
パンダバ(バッドばつ丸)
未来世界の「スカイシティ」に登場。モンスター勝負を挑んでくる。
ピーター デイビス
未来世界の「ビッグ遺跡」に登場。モンスター勝負を挑んでくる。このゲームではおじいさんと言う設定。
ピッケ(パタパタペッピー)
もりのおく」の2階に森の番人として登場。
ピッケビッケ
未来世界の「バイオのうえん」に登場。モンスター勝負に勝つと、主人公を「スカイシティ」へと連れて行ってくれる。
プワワ、ポワワ
過去世界の「のはら」に登場。モンスター勝負に勝つと、主人公を「てんくうのむら」へと連れて行ってくれる。
ペッピー(パタパタペッピー)
もりのおく」の1階に森の番人として登場。
ペックル(アヒルのペックル
海賊団団長。世界の理を知る三人のうちの一人。モンスター勝負に勝つと、主人公を「はしご」がある大陸へと連れて行ってくれる。
ベビーキティ
未来世界の「ビッグいせき」、過去世界の「ビッグシティ」で会員制のお店を開いている。
ボゴ(ボゴ・ザ・シティボーイ)
もりのおく」の入り口に森の番人として登場。
ぽこぽん(ぽこぽん日記)
過去世界の「しずかのもり」に登場。人間に化けて登場し、モンスター勝負を挑んでくる。
ポチャッコ
未来世界の「バイオのうえん」に登場。
マイメロディ
過去世界の「のはら」に登場。
ミミックマイク
過去世界の「みなとまち」に登場。モンスター勝負に勝つと、「スペシャルキー」を渡してくれる。
もんきち(おさるのもんきち
過去世界の「ちかどうくつ」に登場。モンスター勝負を挑んでくる。

タイムネットの世界編集

タイムネットの世界は、過去と未来に分かれている。たとえば過去編であれば、主人公はまず最初に過去へ行くこととなる。そして、その世界にどこかに過去と未来を行き来できる場所がある。ゲームをクリアすると、過去と未来を行き来できなくなり、現在という世界に留まることになる。

過去編集

のはら
てんくうのむら
ビッグシティ
がっこう
ちかどうくつ
みなとまち
そうこがい
かいぞくせん
しんたいりく
おがわ
いけ

未来編集

バイオのうえん
スカイシティ
ビッグいせき
ゆうれいやしき
ウラニュームこうざん
キャンプじょう
ベイシティ
ベイダンジョン
かいぞくせん
わすれられたたいりく
うんが
ちょすいいけ

同じ名称編集

タワー
もりのおく
ピューロランド
かせいきち
マーズタワー

評価編集

ゲットカードが「モンスターボール」、スキルパックが「わざマシン」、といったように登場するアイテムが悉く『ポケットモンスター』との対照可能であり、「ノーマル」属性の攻撃が「れい」属性に無効化されるなど、模倣が度を越している。ハローキティやマイメロディなどの各種キャラクターはモンスターではなくポケモントレーナーのような立場で出演している。また、大便をモチーフにしたキャラクター、しぼんだ顔のグロテスクな老婆、死んだ女の化粧と怨念がこびりついたキャラクターなど、やもすれば悪趣味ともいえるキャラクターが多い。後に行われた「サンリオキャラクター大賞」にはこのゲーム独自のキャラクターは一切ノミネートされておらず、サンリオが暗にこのゲームの完成度の低さを認めているとも言える[1]

ゲームスタッフ編集

HOLON
Inspace
株式会社サンリオ
  • エグゼクティヴプロデューサー・監修:つじしんたろう
  • グラフィックスアドバイザー:さきやまゆうこ
イマジニア株式会社
  • エグゼクティヴプロデューサー:かみくらたかゆき
  • スーパーバイザー:たしろせいじ
  • プロデューサー:うえのひでのり
  • プロダクトマネージャー:いしかわけいこ
  • ディレクター:たにごうもとあき
  • セールスマネージャー:なかののぶひろ、わたなべよしかず
  • マーケティングマネージャー:みつざわかいちろう
  • プロモーションマネージャー:ほりきりただし
  • アドバタイジング:まつもとじゅんいち
  • プログラマー:ひらおまさき、もとやまてつや
  • グラフィックデザイナー:せきちなおー、たなかよしお、ぎょうてん、うみうみ、けんに
  • ミュージックコンポーザー:こうもとじろう
  • コーディネーター:りのかたたかお、やましん
  • コーディネート・サポート:はやしじゅん
  • モニター:かみやあんこ、おおつのみこ、せんこうまたきち
duplex inc.
  • パッケージデザイン:どうぞのしげなり
  • スペシャルサンクス:もりゆうこ、かめがいやすし、かかわってくれたすべてのみなさん、キティちゃん

冒険時空タイムネット編集

1999年にスタート、『小学五年生』、『小学六年生』でそれぞれ1999年4月号 - 2000年2月号(小六では2000年2・3月合併号)にかけて連載された。また、『小学五年生』1999年3月号では予告編が掲載された。1999年4月号と2000年2月号(2・3月合併号)のみ小五・小六共に同じストーリー(第1話と最終話)が掲載されている(それ以外の号では全て別々のストーリーとなっている)。原作は山田桜丸、作画は征矢浩志サンリオキャラクターは登場せず、主人公たちやモンスターたちだけでストーリーが進行していく。所々にお色気シーン・流血シーンがある。

あらすじ編集

小宮市在住のトールとエールは、ある日の理科の授業で見た映画にデジャビュを覚え、これが原因でタイムネットの世界の異変になることを、時の老人から告げられる。そして、トールは過去世界へ、エールは未来世界でモンスターを捕まえて時の柱を復元を目指して冒険がスタートする。

登場キャラクター編集

人間編集

トール
主人公の男の子。過去世界へ行くことになる。
エール
もう一人の主人公の女の子。未来世界へ行くことになる。
時の老人
タイムネットに住む謎の老人。タイムネットの復元のため、人間界に住むトールとエールをタイムネットの世界へ連れ出す。
黒マント
タイムネットを征服しようとする悪者。ゲームオリジナルキャラクターのザッキーに相当する。元々は、タイムネットの創成者で普通の人間(女性、人間名:リナ)であったが、ある原因で黒マントに変身し、時の柱を破壊した。くまのペンダントを身につけている。『小学五年生』の1999年11月号から2000年1月号までは、本来の普通の人間(リナ)に変装しトール達を誘惑したことがある。また、『小学六年生』の1999年10月号でも本来の普通(リナ)の人間に変装した姿だと思われる人物が登場している(くまのペンダントを身につけていたことから。ただし、顔を見せることはなかった)。
リナ
タイムネットの創成者。黒マントに変身する前の本来の姿。くまのペンダントを身につけている。

モンスター編集

ヒューポ、ピカポチ、ウンチンボーヤ
トールの仲間モンスター。ウンチンボーヤのみ台詞がない。
イーピー、エレビ、チコット
エールの仲間モンスター。チコットのみ台詞がない。
プワトン
雲の形をしたモンスター。トールを時の柱を壊した犯人と見て、トールを襲いかかる。
バサディアン
ドラゴン系のモンスター。トールを時の柱を壊した犯人と見て、トールを襲いかかり、マンモを爆破させた疑いをかけられ長らくトールと対立していたが、マンモの復活により和解し、トール達と共に旅することになる。
レスクウォーカー
蛙のモンスター。未来世界から時のはしごを使って過去世界にやってくる。黒マントの命令でトールを懲らしめようとする。時の柱に戻されそうになるが、時の老人のくしゃみが原因でシールが取れ、未来世界へ落下してしまう。
ポンピューター
コンピューターの形をした狸モンスター。変装が得意であり、トールとエールを騙し不仲にさせる。語尾に「ポン」とつけて言う。

各話リスト編集

掲載号 話数 サブタイトル 巻数
『小学五年生』 1999年4月号 第1話 不思議の世界 1
『小学六年生』
『小学五年生』 1999年5月号 第2話 異世界への扉
1999年6月号 第3話 地球に帰れない!?
第4話 バサディアン来襲!!
1999年7月号 第5話 マンモとの友情
1999年8月号 第6話 時の超人、タイムサーファー
『小学六年生』 1999年5月号 第7話 ウンチンライダー誕生
1999年6月号 第8話 失われた現在
1999年7月号 第9話 正義の味方(?)レクスウォーカー参上!!
1999年8月号 第10話 未来へ!
1999年9月号 第11話 “時のはしご”を探して
1999年10月号 第12話 エール絶対絶命!?
『小学五年生』 1999年9月号 第13話 仲間割れだポン! 2
1999年10月号 第14話 タイムパラドックス
『小学六年生』 1999年11月号 第15話 カミサマの正体!?
『小学五年生』 1999年11月号 第16話 浮遊都市スカイシティ
1999年12月号 第17話 “さまよえる村”を救え!
2000年1月号(途中まで) 第18話 リナの影(シャドウ)
『小学六年生』 1999年12月号 第19話 黒い創造主
『小学五年生』2000年1月号(途中から)
『小学六年生』2000年1月号
第20話 さよならバサディアン
『小学五年生』2000年2月号
『小学六年生』2000年2・3合併号
第21話 終わり、そして始まり

備考編集

トールとエールが住む小宮市は、東京都八王子市小宮町がモデルであると思われる。

単行本編集

脚注編集

  1. ^ 株式会社QBQ編 『ゲームボーイクソゲー番付』マイウェイ出版発行、2017年。ISBN 9784865117790 p50-51