サン=プリエスト

Saint-Priest
Blason ville fr Saint-Priest (Rhône).svg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
(département) メトロポール・ド・リヨン
(arrondissement) リヨン郡
小郡 (canton) 小郡庁舎所在地
INSEEコード 69290
郵便番号 69800
市長任期 ジル・ガスコン
2014年-2020年
人口動態
人口 44,446人
(2014年)
人口密度 1 377人/km2
住民の呼称 San-Priods
地理
座標 北緯45度41分50秒 東経4度56分41秒 / 北緯45.697222度 東経4.944722度 / 45.697222; 4.944722座標: 北緯45度41分50秒 東経4度56分41秒 / 北緯45.697222度 東経4.944722度 / 45.697222; 4.944722
標高 平均:? m
最低:189 m
最高:263 m
面積 29.71km2 (2 971ha)
Saint-Priestの位置(フランス内)
Saint-Priest
Saint-Priest
公式サイト http://www.ville-saint-priest.fr/
テンプレートを表示

サン=プリエスト[1]Saint-Priest)は、フランスオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏メトロポール・ド・リヨンの都市。

目次

地理編集

リヨン南東部の郊外都市である。大リヨン都市圏に属する。西をヴェニシュー、北西をブロンと接する。

歴史編集

 
1900年頃のサン=プリエスト村

陶器の破片を含む数多くの考古学的発掘から、太古よりこの地に人が定住していたとみられる。新石器時代から青銅器時代初期までのものである多くの墓、副葬品、陶器や石器が見つかっている。

20世紀の間に、サン=プリエストは人口約2500人から約40,000人まで急増した。20世紀初頭のサン=プリエスト村には、穀物や野菜、ワイン生産、家畜の飼育を行う農民が暮らしていた。サン=プリエストは、リヨンへの牛乳供給地であった。

リヨンの織物業者たちがマニシューやミ・プレーヌ集落に業務を委託した。1918年以降、急速な工業化が進んで人口が倍増した。1968年、サン=プリエストはイゼール県からローヌ県へ移った。

経済編集

ルノートラックKLMの工場がある。コミューン東部は現在も農業生産地(ナタネヒマワリの栽培)である。

交通編集

 
サン=プリエスト駅とTERの車両

姉妹都市編集

脚注編集

  1. ^ 表記は『世界全地図ライブアトラス』(講談社)等による。