タホTAHOE)は、GMが製造、シボレーブランドで販売している自動車である。

概要編集

GMは2つの異なるブランドで、シボレーでは1969年から「ブレイザー」、GMCでは1970年から「ジミー」の名でSUVを販売していた。両車は兄弟車であり、基本コンポーネントは共通である。ホイールベースが長い原型モデルとして、シボレーではサバーバン、GMCではユーコンXLがある。

1992年にジミーはユーコン1995年にはシボレーはタホと改名した。ユーコンはカナダ北部のユーコン準州から、タホはカリフォルニアネバダ州境にあるタホ湖から命名されている。この改名と同時に、それまでS-15 ジミー、S-10 ブレイザーとしていたコンパクトSUVの車名を、それぞれジミー、ブレイザーと変更した。この2車種は、本国では2005年に生産を終了しているが、シボレー・タホとGMC・ユーコンは現在もフルサイズSUVとして現行モデルが販売されている。

日本では、ヤナセが1992年4月に、後にタホとなるブレーザーシルバラード(型式 E-CK15B)を発売したが、1995年6月にS-10ベースのブレイザー(型式 E-CT34G)を導入した際、型式はそのままタホスポーツとして販売した。当時、本国にはタホの5ドアモデルや、ブレイザーの3ドアモデルもあったが、日本には正規輸入されていない。兄弟車であるGMCブランド車も日本には正規輸入されていない。

初代 (1991–2000年)編集

シボレー・タホ(初代)
 
3ドア
 
5ドア
概要
製造国   アメリカ合衆国
  ベネズエラ
  メキシコ
  アルゼンチン
販売期間 1991年9月–2000年
ボディ
乗車定員 5/7-9名
ボディタイプ 3/5/6ドアSUV
エンジン位置 フロント
駆動方式 FR
AWD
プラットフォーム GMT400
パワートレイン
エンジン ガソリン:4.1L I6
5.7L V8
ディーゼル:4.2/6.5L V8
変速機 4MT
4AT
車両寸法
ホイールベース 2,830mm (3ドア)
2,985mm (5/6ドア)
全長 4,775mm (3ドア)
5,055mm (5/6ドア)
全幅 1,955mm
全高 1,830mm
車両重量 2,000kg (3ドア)
2,500kg (5/6ドア)
その他
姉妹車 GMC・ユーコン
系譜
先代 シボレー・K5 ブレイザー
テンプレートを表示

1991年、発売を開始した。発売当初は3ドアモデルだけであったが、1995年に5/6ドアモデルを追加したのち、1996年にはトラック・オブ・ザ・イヤーを受賞した。タホ、ユーコン、サバーバンの3台はともに、GMT400プラットフォームをベースとしていた。このプラットフォームは、トラック本来のシャシーで、シボレー・C/Kなどのフルサイズピックアップトラックに使用されていた。また、この2台は、3/5ドア、FRAWDV8ガソリンエンジンとデトロイトディーゼル製V8ディーゼルエンジンをラインナップしていた。

メキシコでは、1995年に3ドアのタホがリリースされたが、名をシルバラードと言った。1998年には5ドアモデルが追加された。また、2000年にGMT800プラットホームをベースとするSUVが発売されると、2WDのタホ・リミテッドが顧客の要望に応じて生産された。

2代目 (2000-2006年)編集

シボレー・タホ(2代目)
 
概要
別名 シボレー・ソノラ
製造国   アメリカ合衆国
  ロシア
  メキシコ
販売期間 2000年1月-2006年
ボディ
乗車定員 7-9名
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン位置 フロント
駆動方式 FR
AWD
プラットフォーム GMT800
パワートレイン
エンジン 4.8/5.3L V8
変速機 4AT
車両寸法
ホイールベース 2,945mm
全長 5,000mm (00-03)
5,050mm (03-06)
全幅 2,005mm
全高 1,885–1,950mm
その他
姉妹車 シボレー・シルバラード
キャデラック・エスカレード
GMC・ユーコン
テンプレートを表示

2000年、発売を開始した。従来の5.7Lエンジン(V8、255PS)に代えて、4.8L(270馬力)と5.3L(285馬力)の2種類のV8エンジンが搭載された。これらのエンジンはより小型になったにも関わらずよりパワフルであった。同時にマニュアルトランスミッションが廃止となった。メキシコではタホがシボレー・ソノラと呼ばれていた。新型車では、グリルとヘッドライトのデザイン、そしてインテリアが一新された。また、ボディ・デザインもエアロダイナミックの影響を受けて流麗なラインを形成するものとなっていた。

2003年、「スタビリトラック」と呼ばれる横滑り防止装置が初めて導入された。

2004年には5.3L(295馬力)のエンジンが追加された。

3代目 (2007-2014年)編集

シボレー・タホ(3代目)
 
 
ハイブリッドモデル
概要
製造国   アメリカ合衆国
  ロシア
  ベネズエラ
  中華人民共和国
販売期間 2005年12月1日-2014年
ボディ
乗車定員 7-9名
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン位置 フロント
駆動方式 FR
AWD
プラットフォーム GMT900
パワートレイン
エンジン 4.8/5.3/6.0/6.2L V8
変速機 4/6AT
CVT
車両寸法
ホイールベース 2,945mm
全長 5,130mm
全幅 2,005mm
全高 1,895–1,955mm
その他
姉妹車 シボレー・シルバラード
シボレー・サバーバン
キャデラック・エスカレード
GMC・ユーコン
テンプレートを表示

2005年末、2007年モデルとして発売を開始した。

2005年にGMとクライスラーがハイブリッドシステムの共同開発することに合意したことにより[1]、同時にハイブリッドモデルの販売も開始した。同年11月、ロサンゼルスオートショーにおいて「グリーン・カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた[2]

このモデルで初めて、メキシコでも「タホ」の名称を使用した。

4代目 (2014年-2020年)編集

シボレー・タホ(4代目)
 
概要
製造国   アメリカ合衆国
  ベラルーシ
販売期間 2014年1月-2019年12月
ボディ
乗車定員 7-9名
ボディタイプ 5ドアSUV
駆動方式 FR
AWD
プラットフォーム GMTK2UC
パワートレイン
エンジン フレックス:5.3/6.2L V8
ディーゼル:3L
変速機 6AT
車両寸法
ホイールベース 2,945mm
全長 5,180mm
全幅 2,045mm
全高 1,890mm
その他
姉妹車 シボレー・シルバラード
シボレー・サバーバン
キャデラック・エスカレード
GMC・ユーコン
テンプレートを表示

2013年9月、ニューヨークにて新型モデルを発表したのち、翌年2月から発売を開始した[3]

特徴としては、「エコテック3」と呼ばれる直噴5.3LV型8気筒ガソリンエンジンを搭載、低負荷走行時に一部シリンダーを止める気筒休止システムを採用している。燃費は、先代モデルと比べて市街地燃費は約7%、高速燃費は約10%向上している[4]

5代目(2020年 -)編集

2019年12月10日にミシガン州デトロイトで発表されたが、新型コロナウイルスの影響を受け、アーリントン工場で生産され始めたのは2020年5月18日、ディーラーへは6月に入ってから届けられることとなった。

注釈編集

  1. ^ “GMとダイムラークライスラーがハイブリッドで提携”. レスポンス. (2005年8月26日). https://response.jp/article/2005/08/26/73715.html 
  2. ^ “大型ハイブリッド車ブーム、北米に到来か!?”. webCG. (2007年11月22日). https://www.webcg.net/articles/-/9302 
  3. ^ “シボレーのフルサイズSUV、タホ と サバーバン …米国で新型発表”. レスポンス. (2013年9月26日). https://response.jp/article/2013/09/26/207224.html 
  4. ^ “GM、新型フルサイズSUVの燃費公表…先代比で10%向上”. レスポンス. (2014年2月25日). https://response.jp/article/2014/02/25/217958.html 

日本国内における販売編集

  • 初代モデルは3ドアモデルがヤナセからごく少数が輸入された。また、5ドアモデルも並行輸入されている。
  • 2代目モデルは正規輸入されていないが、相当数が並行輸入されている。
  • 3代目モデルは2008年2月三井物産オートモーティブが正規輸入していた。なお、正規輸入モデルは型式取得のためサイドアンダーミラーが装着されている。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集