メインメニューを開く

株式会社シャンソン化粧品(シャンソンけしょうひん)は、静岡県静岡市駿河区に本社を置く、日本の化粧品健康食品メーカーである。化粧品は主に訪問販売、及び美容室での対面販売に重点を置いている。また、エステティックサロンの経営、宝飾品の販売も行っている。

株式会社シャンソン化粧品
Chanson Cosmetics, Inc.
ChansonCosmetics.jpg
本社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
422-8615
静岡市駿河区国吉田二丁目5番10号
設立 1946年2月
業種 化学
法人番号 5080001002149 ウィキデータを編集
事業内容 化粧品、健康食品、宝飾品販売、OEM事業など
代表者 川村修(代表取締役社長)
資本金 1億2,724万2000円
純利益 7億6772万5000円(2018年08月31日時点)[1]
総資産 156億1291万7000円(2018年08月31日時点)[1]
従業員数 246名(男性116名・女性130名)
外部リンク http://www.chanson.co.jp/
テンプレートを表示

商品は自社工場で開発・製造され、肌に有害とされる石油系乳化剤を一切使用しない化粧品づくりが特徴。また、一般的にアサヒ飲料の商品として認識されている「十六茶」は、元々はシャンソン化粧品が開発したもので、アサヒ飲料はシャンソン化粧品との業務提携によって製造販売している。

美と健康の象徴として1962年に創部した女子バスケットボールチーム「シャンソンVマジック」は、公式戦108連勝、リーグ10連覇などの記録を持っており、2016年には2名の選手がリオデジャネイロオリンピック日本代表に選出されるなど、現在もWリーグの強豪チームとして活躍している。

沿革編集

  • 1946年 「竝美産業(株)」として、静岡市若松町(現在は静岡市葵区若松町)に創業。当初はせっけん、洗剤などを製造していた。その後化粧品の製造も開始。商標:「ラッキーフジ」。
  • 1948年 「(株)シャンソン化粧品本舗」に改称。「ラッキーフジ」ブランドを終了し、新たに「シャンソン」の商標を使用する。
  • 1961年 静岡市駿河区国吉田に化粧品工場完成。
  • 1985年十六茶」を開発、販売(粉末をお湯で溶かして飲む形態)
  • 1985年 シャンソン商事(株)、「(株)シャンソン化粧品」に改称
  • 1992年 本社ビル完成
  • 1997年 (株)シャンソン化粧品本舗と(株)シャンソン化粧品が合併し「(株)シャンソン化粧品」となる
  • 1999年 新工場完成
  • 2012年 シャンソンVマジック専用体育館「シャンソン美アリーナ」完成

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集