メインメニューを開く

シュトゥットガルト・キッカーズSV Stuttgarter Kickers)はドイツシュトゥットガルトにホームを置くサッカークラブである。シュトゥットガルターキッカーズとの表記も見受けられる。シュトゥットガルトには、強豪VfBシュトゥットガルトも本拠地を置いている。

シュトゥットガルト・キッカーズ
原語表記 SV Stuttgarter Kickers
愛称 Die Blauen
クラブカラー 青と白
創設年 1899年
所属リーグ レギオナルリーガ
所属ディビジョン 南西部
ホームタウン シュトゥットガルト
ホームスタジアム GAZİ-Stadion auf der Waldau
収容人数 11,544
代表者 Rainer Lorz
監督 Horst Steffen
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

歴史編集

1899年に創設された。ブンデスリーガ発足後は主にブンデスリーガ2部に在籍した。1980年代後半にクラブは好調期を迎え、1987年のDFBポカール(DFB-Pokal)では準々決勝でアイントラハト・フランクフルト、準決勝でフォルトゥナ・デュッセルドルフを撃破して決勝に進出した。(決勝ではハンブルガーSVに1対3で敗北。)1987-88のシーズンで2部優勝を果たして1部に昇格したが、1シーズンで降格した。

1990-91のシーズンでも2部3位となり1部に昇格したが、同様に1シーズンで降格した。その後クラブは低迷し、降格したシーズンは15位、翌シーズンには16位で3部(当時のレギオナルリーガ)へと降格した。1995-96シーズンに2部復帰を決めたが、2000-01のシーズンで再び3部に降格した。その後は3部リーグに留まり、2008-09シーズンより新たに発足したブンデスリーガ3部に所属した。しかし2008-09シーズンで20位となり、レギオナルリーガ(4部)に降格した。2012-13シーズンよりブンデスリーガ3部に復帰したが2016-17シーズンで再びレギオナルリーガに降格するなど、近年はブンデスリーガ3部とレギオナルリーガを行き来している。

タイトル編集

国内タイトル編集

国際タイトル編集

なし

歴代所属選手編集

外部リンク編集