メインメニューを開く

ショウナンカンプ[1]Shonan Kampf湘南之戰)は日本中央競馬会(JRA)に登録されていた競走馬で現在は種牡馬である。父サクラバクシンオー譲りの快速で短距離路線を賑わせた。祖父サクラユタカオー、父、自身と3代続けて内国産種牡馬として続いている数少ない血統である。

ショウナンカンプ
欧字表記 Shonan Kampf[1][2]
香港表記 湘南之戰[3]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 1998年3月7日(21歳)[1]
死没 (現役種牡馬)
登録日 2000年11月30日
抹消日 2003年7月13日
サクラバクシンオー[1]
ショウナングレイス[1]
母の父 ラッキーソブリン[1]
生国 日本の旗 日本北海道浦河町[1]
生産 大柳ファーム[1]
馬主 国本哲秀[1]
調教師 大久保洋吉美浦[1]
競走成績
生涯成績 19戦8勝
内訳
中央競馬18戦8勝
日本国外1戦0勝
[1]
獲得賞金 3億1270万1000円[1]
 
勝ち鞍
GI 高松宮記念 2002年
GII スワンステークス 2002年
GIII 阪急杯 2003年
テンプレートを表示

戦績編集

2001年1月の中山競馬でデビュー。3歳時はおもにダートの短距離戦を中心に使われ、暮れの中山競馬での1000万下特別戦を勝ち上がるまでにとどまる。

転機が訪れたのは2002年、明け4歳となった3走目の京都競馬の山城ステークス(1600万条件)。デビュー以来初めてのの競走ということもあって10頭中単勝5番人気に甘んじるが、のちのGI優勝馬ビリーヴらを相手に完勝。オープン入りを果たし、次走オーシャンステークス(オープン特別)も危なげなく勝利。そして高松宮記念に出走。重賞未勝利ながら前2走の内容が評価されて3番人気に支持される。レースでは前年の優勝馬トロットスターや実績馬アドマイヤコジーンらをまったく寄せ付けない完璧な逃げ切りを見せ、重賞初勝利をGI初勝利で飾った。GI昇格後の高松宮記念を逃げ切ったのはショウナンカンプが初めてで、次の逃げ切り優勝は2009年に春秋スプリントGI制覇をしたローレルゲレイロまで現れなかった。

しかしその後休養をはさんだ函館スプリントステークスでは4着、中山競馬場が改修工事だったため新潟競馬で開催された秋のスプリンターズステークスではビリーヴに雪辱され3着止まり。スワンステークスでは59キログラム斤量と1400メートルの距離を克服し勝利を挙げ、暮れの香港スプリントに挑戦するが10着と惨敗。

5歳になって阪急杯を勝ち、高松宮記念連覇に挑んだが、ゴール前で失速しまたもビリーヴの7着と連覇はならなかった。その後右前浅屈腱炎を発症し、引退した。

競走成績編集

以下の内容は、netkeiba.com[4]、JBISサーチ[5]香港賽馬會[6]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム 着差 勝ち馬/(2着馬)
2001.01.07 中山 3歳新馬 12 2 2 10.5 (4人) 11着 吉田豊 55kg ダ1800m(良) 2:00.1 -5.0 ケイアイサウンド
0000.01.21 中山 3歳新馬 16 1 1 17.8 (5人) 03着 高橋智大 52kg ダ1200m(重) 1:12.6 -1.4 ティエッチコマンド
0000.06.03 東京 3歳未勝利 16 7 13 05.5 (3人) 06着 吉田豊 55kg ダ1600m(良) 1:40.1 -1.3 リアルブルーバード
0000.07.01 福島 3歳未勝利 12 3 3 01.3 (1人) 01着 吉田豊 55 ダ1000m(不) 0:59.4 -0.3 (サンライズマヤッカ)
0000.07.22 函館 3歳上500万下 12 7 10 18.8 (5人) 02着 吉田豊 55kg ダ1000m(良) 0:59.3 -0.1 キャッツプライド
0000.08.04 札幌 3歳上500万下 12 8 11 02.3 (1人) 10着 中舘英二 56 ダ1000m(稍) 1:00.9 -2.7 タイキルビー
0000.08.18 札幌 3歳上500万下 11 6 8 03.9 (2人) 01着 中舘英二 55kg ダ1000m(良) 0:59.1 -0.3 (オートバクシンオー)
0000.12.08 中山 初霜特別 1000 13 5 7 16.3 (4人) 01着 吉田豊 55kg ダ1200m(良) 1:09.9 -0.3 (マルターズホーク)
2002.01.06 東京 ガーネットS GIII 16 8 15 12.9 (6人) 11着 吉田豊 55kg ダ1200m(良) 1:11.9 -1.6 ブロードアピール
0000.02.03 京都 橿原S 1600 15 4 7 08.2 (3人) 03着 河内洋 55kg ダ1200m(良) 1:11.8 -1.2 ディバインシルバー
0000.02.17 京都 山城S 1600 10 1 1 7.3 (5人) 01着 藤田伸二 56kg 芝1200m(良) 1:07.8 -0.4 ビリーヴ
0000.03.02 中山 オーシャンS OP 14 8 14 03.1 (1人) 01着 吉田豊 56kg 芝1200m(良) 1:07.3 -0.4 (ナムラマイカ)
0000.03.24 中京 高松宮記念 GI 18 3 5 06.6 (3人) 01着 藤田伸二 57kg 芝1200m(良) 1:08.4 -0.6 アドマイヤコジーン
0000.06.30 函館 函館スプリントS GIII 12 1 1 01.2 (1人) 04着 藤田伸二 56kg 芝1200m(良) 1:10.8 -0.5 サニングデール
0000.09.29 新潟 スプリンターズS GI 11 8 11 03.9 (2人) 03着 藤田伸二 57kg 芝1200m(良) 1:07.9 -0.2 ビリーヴ
0000.10.26 京都 スワンS GII 18 3 5 05.3 (2人) 01着 藤田伸二 59kg 芝1400m(良) 1:19.8 -0.5 (リキアイタイカン)
0000.12.15 沙田 香港スプリント G1 14 10 3 09.8 (4人) 10着 藤田伸二 126lbs 芝1000m(GF) 0:57.4 -1.0 All Thrills Too
2003.03.02 阪神 阪急杯 GIII 15 4 7 02.5 (1人) 01着 藤田伸二 59kg 芝1200m(稍) 1:08.5 -0.4 (サニングデール)
0000.03.30 中京 高松宮記念 GI 18 1 2 01.5 (1人) 07着 藤田伸二 57kg 芝1200m(良) 1:08.6 -0.5 ビリーヴ
  • 香港スプリントのオッズおよび人気は、香港賽馬會によるもの。また、「Draw」が枠番、「Horse No.」が馬番に該当。
  • 馬場状態:Fm=Firm, GF=Good to Firm, Gd=Good, GS=Good to Soft, Y=Yielding, Sft=Soft, Hy=Heavy
  • 着差:dht=dead heat(同着), nse=nose(ハナ), shd=short head(短頭), hd=head(アタマ), nk=neck(クビ), l=length(馬身), dist=distance(大差)

種牡馬時代編集

引退後は2004年シーズンから北海道静内町レックススタッドで種牡馬入り。初年度は59頭に種付けを行い、翌2005年には第一世代となる産駒が誕生。そのうち18頭が血統登録された。2007年、函館競馬場での2歳新馬戦でアイリスモレアが勝利し、これが産駒の中央競馬・地方競馬通じての初勝利となった。産駒の絶対数は少ないながらも、中央でオープン馬を2頭出したことにより、2009年の種付け頭数は前年比から増加した。

おもな産駒編集

血統表編集

ショウナンカンプ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 テスコボーイ系
[§ 2]

サクラバクシンオー
1989 鹿毛
父の父
サクラユタカオー
1982 栗毛
*テスコボーイ
Tesco Boy
Princely Gift
Suncourt
アンジェリカ *ネヴァービート
スターハイネス
父の母
サクラハゴロモ
1984 鹿毛
*ノーザンテースト
Northern Taste
Northern Dancer
Lady Victoria
*クリアアンバー
Clear Amber
Ambiopoise
One Clear Call

ショウナングレイス
1989 鹿毛
*ラッキーソブリン
Lucky Sovereign
1974 鹿毛
Nijinsky Northern Dancer
Flaming Page
Sovereign Pardao
Urshalim
母の母
ヤセイコーソ
1977 鹿毛
タケシバオー *チャイナロック
タカツナミ
メジロチドリ *ベンマーシャル
メジロハリマ F-No.7-c
母系(F-No.) 7号族(FN:7-c) [§ 3]
5代内の近親交配 ネヴアービート4×5、Northern Dancer4×4、Nasrullah5×5 [§ 4]
出典
  1. ^ [13]
  2. ^ [14]
  3. ^ [13]
  4. ^ [14]

母系はアストニシメント→アサマユリ[13]。4代母メジロハリマの仔にメジロファントム目黒記念・秋東京新聞杯)、メジロジュピター(中山大障害・春)、メジロハイネ(セントライト記念中山牝馬ステークス)などがいる[15]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o ショウナンカンプ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月2日閲覧。
  2. ^ SHONAN KAMPF (CC604) - Racing Information” (英語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2019年9月2日閲覧。
  3. ^ 湘南之戰 (CC604) - 馬匹資料 - 賽馬資訊” (中国語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2019年9月2日閲覧。
  4. ^ ショウナンカンプの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年9月2日閲覧。
  5. ^ ショウナンカンプ 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月2日閲覧。
  6. ^ RACE 3 (251) - THE HONG KONG SPRINT” (英語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2019年9月2日閲覧。
  7. ^ ショウナンアチーヴ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月2日閲覧。
  8. ^ ショウナンカザン”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月2日閲覧。
  9. ^ ショウナンカッサイ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月2日閲覧。
  10. ^ モトヒメ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月2日閲覧。
  11. ^ ラブカンプー”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月2日閲覧。
  12. ^ ミキノドラマー”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月2日閲覧。
  13. ^ a b c ショウナンカンプ 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月2日閲覧。
  14. ^ a b ショウナンカンプの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年9月2日閲覧。
  15. ^ メジロハリマの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年9月2日閲覧。

外部リンク編集