メインメニューを開く

種付けとは、動植物の養殖・繁殖のため、人工的に生殖行為を行うことをいう。「種」は精子精液のこと。

目次

概要編集

産業上の目的で、次のような動植物の養殖・繁殖のために行われる。

ウマ編集

の生殖において、選び抜いた雄に雌をあてがい、交尾させることが行われる。なお、品種によって人工授精が禁止されている場合がある。主要な4品種では以下の通り。

サラブレッド
主に競走馬として使用。人工授精は禁止。
スタンダードブレッド
主に競走馬・乗馬として使用。人工授精は許可されている。
アラブ種
乗用馬。人工授精は禁止。
クォーターホース
汎用。人工授精が盛ん。

ウシ・ブタ編集

優良品種の精液が流通しており、人工授精により行われる。この作業を行うには、家畜人工授精師の国家資格が必要である。

海藻編集

 
英虞湾の海苔養殖 河口近くの胞子付け作業

水産業において、海中に張った網またはロープなどに胞子を付着させる。

海苔
カキの貝殻に果胞子を付けて糸状体に成長させたものを水槽に入れ、網をこの海水に浸しながら胞子を付けていく。
わかめ
雌株に糸を巻きつけて水槽中で培養し、ある程度の大きさに育った後で切断してその切断片を海中に入れる網・ロープの隙間に差し込んでいく。

俗語編集

人間でも、農耕社会を背景に持つ文化などにおいては、女性を畑、男性を種にそれぞれ喩え、子作りを揶揄的に表現するときなどに使われることがある。また、そこから肛内射精のことを指すゲイ用語となった。なお、成人漫画などにおいては単に膣内射精の表現としても用いられる。

関連項目編集