メインメニューを開く

テスコボーイ (: Tesco Boy) とはイギリス競走馬である。競走馬としてはそれなりの成績しか残せなかったが、種牡馬として日本に輸出されてからは大きく成功した。馬名の「テスコ」は馬主であるジャック・コーエンが創業したスーパーマーケットチェーンに因む。

テスコボーイ
欧字表記 Tesco Boy
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1963年
死没 1987年10月25日
  (25歳没・旧表記)
Princely Gift
Suncourt
母の父 Hyperion
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 Ridgewood Stud
馬主 J.E.Cohen
調教師 S.Ingham(イギリス)
競走成績
生涯成績 11戦5勝
獲得賞金 10,090ポンド
テンプレートを表示

目次

概要編集

現役時代はイギリスで走り、大レースは繰り上がりでアスコット競馬場クイーンアンステークスを優勝したのみ。ほかにローズオブヨークステークス、ヴァラエティクラブステークス、クイーンエリザベス2世ステークス3着、チャンピオンステークス3着など11戦5勝の成績を残し、総額で6,841ポンドの賞金を得ている。1967年に引退しアイルランドで種牡馬となり、さらに同年12月に[1]日高軽種馬農業協同組合門別種馬場により日本に輸入された。

日本では初年度産駒からランドプリンス皐月賞)を出すなど成功、のちにはキタノカチドキ(皐月賞、菊花賞)、テスコガビー桜花賞優駿牝馬)、トウショウボーイ(皐月賞、有馬記念)、サクラユタカオー天皇賞(秋))らを送り出し1974年と1975年、1978年と1979年にそれぞれ日本リーディングサイアーになっている。軽種馬農協所有のため種付け料が安価で産駒も高く売れたため、産駒のトウショウボーイと同じく「お助けボーイ」と呼ばれることもあった。

前述のサクラユタカオーの仔であるサクラバクシンオーエアジハード、サクラバクシンオーの産駒であるショウナンカンプグランプリボスなどによってテスコボーイのサイアーラインは21世紀の現在も「テスコボーイ系」として受け継がれている。

テスコボーイと栗毛編集

テスコボーイが種牡馬として活躍していた頃競馬界で囁かれていたジンクスに「テスコボーイの栗毛は走らない」というものがある。多くの活躍馬を輩出したテスコボーイだが、その中に栗毛の馬がいなかったためであり、栗毛というだけで安く買い叩かれるケースもあったという。前述のサクラユタカオーが栗毛として初めての活躍馬となったことでこのジンクスも消滅した[2]

競走成績編集

  • 1966年(11戦5勝)
    • クイーンアンステークス、ウッドディットンステークス、ローズオブヨークステークス、テューダーステークス、ヴァライエティクラブステークス

おもな産駒編集

そのほか、直系子孫についてはテスコボーイ系参照。

ブルードメアサイアーとしてのおもな産駒編集

血統表編集

テスコボーイ (Tesco Boy)血統プリンスリーギフト系 / Gainsborough 3×5=15.63%、Pharos・Fairway 4×4=12.50%、Blandford 5×4=9.38%) (血統表の出典)

Princely Gift
1958 鹿毛 イギリス
父の父
Nasrullah
1940 鹿毛
Nearco Pharos
Nogara
Mumtaz Begum Blenheim
Mumtaz Mahal
父の母
Blue Gem
1943 鹿毛
Blue Peter Fairway
Fancy Free
Sparkle Blandford
Gleam

Suncourt
1952 黒鹿毛 アメリカ
Hyperion
1930 栗毛
Gainsborough Bayardo
Rosedrop
Selene Chaucer
Serenissima
母の母
Inquisition
1936 黒鹿毛
Dastur Solario
Friar's Daughter
Jury Hurry On
Trustful F-No.19

脚注編集

  1. ^ 『優駿』1993年9月号、日本中央競馬会、147頁
  2. ^ 吉沢譲治 (2007年7月27日). “芦毛にまつわるジンクス - 第4話 際立つ強さ、煌めく個性”. 日本中央競馬会. 2014年1月5日閲覧。

関連項目編集

  • TESCO en(馬主が創業したスーパーマーケットチェーン)

外部リンク編集