シーク・コンゴCheick Kongo1975年5月17日 - )は、フランス男性総合格闘家キックボクサーパリ出身。コンゴ・スマッシン・クラブ所属。Bellator世界ヘビー級ランキング4位シェイク・コンゴとも表記される。

シーク・コンゴ
Cheick Kongo.jpg
基本情報
本名 シーク・ギヨーム・ウェドラオゴ
(Cheick Guillaum Ouedraogo)
通称 コンゴ (Kongo)
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1975-05-17) 1975年5月17日(47歳)
出身地 パリ
所属 クオニアジム
→ウルフズレア・アカデミー
→コンゴ・スマッシン・クラブ
身長 198cm
体重 111kg
リーチ 213cm
階級 ヘビー級
バックボーン キックボクシング極真空手シラットサバット
テンプレートを表示

長い手足のリーチを活かしたアウトボクシングで相手を伺いカウンターを狙う戦い方を得意としている。

来歴編集

コンゴ民主共和国(旧ザイール)人の父と、ブルキナファソ人の母との間にパリで産まれた。

5歳で空手剣道を始め、その後ムエタイやグレコローマンスタイルレスリングを学ぶようになった。

2005年3月19日、一撃グラウベ・フェイトーザと対戦し、判定負けを喫した。

UFC編集

2006年7月8日、UFC初参戦となったUFC 61でギルバート・アルダナと対戦し、TKO勝ち。2007年4月21日、UFC 70アスエリオ・シウバに2-0の判定勝ち。続く9月8日のUFC 75ではミルコ・クロコップと対戦。長いリーチを生かして攻撃をヒットさせ、3-0の判定勝ちを収めた。

2008年3月1日、UFC 82ヒース・ヒーリングと対戦し、1-2の判定負け。8月9日、UFC 87でダン・エバンセンと対戦し、パウンドによるTKO勝ち[1]

2009年4月18日、UFC 97アントニー・ハードンクにパウンドでTKO勝ちを収め、3連勝となった[2]

2009年6月13日、UFC 99ケイン・ヴェラスケスと対戦。打撃で何度かダウンを奪うがグラウンドでコントロールされ0-3の判定負け[3]

2009年12月12日、UFC 107フランク・ミアと対戦し、ギロチンチョークで一本負けを喫した[4]

2010年3月21日、UFC on Versus: Vera vs. Jonesポール・ブエンテロと対戦し、グラウンドの肘打ちによりタップアウト勝ちを収めた[5]

2010年10月16日、UFC 120トラヴィス・ブラウンと対戦。やや優勢に試合を進めていたが、3Rにコンゴがブラウンのショーツを掴んだという反則によりコンゴが減点1を受けたことで、0-0の判定ドローとなった[6][7]

2011年6月26日、UFC Live: Kongo vs. Barryパット・バリーと対戦。序盤に右ダウンを奪われるも、その直後に右アッパーで逆転のKO勝ち。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2011年10月29日、UFC 137マット・ミトリオンと対戦。1・2Rは手堅くポイントを取り、3Rは打撃で積極的に攻めて3-0の判定勝ち。

2012年2月26日、UFC 144マーク・ハントと対戦し、右フック連打で1R TKO負け。

2012年7月21日、UFC 149でショーン・ジョーダンと対戦し、3-0の判定勝ち。

2013年4月27日、UFC 159でヘビー級ランキング6位のロイ・ネルソンと対戦し、右フックからのパウンドでKO負け。

2013年5月4日、契約のもつれからUFCを離脱。

Bellator編集

2013年8月28日、チームメイトのクイントン・"ランペイジ"・ジャクソンと同時にBellatorへ移籍。

2013年10月4日、Bellator初参戦となったBellator 102のヘビー級トーナメント1回戦でマーク・ゴッドビアーと対戦し、膝蹴りとパンチの連打でTKO勝ち。11月8日、Bellator 107のヘビー級トーナメント決勝でピーター・グラハムと対戦し、3-0の判定勝ちを収め優勝を果たした。

2014年4月4日、Bellator 115の世界ヘビー級タイトルマッチで王者ヴィタリー・ミナコフに挑戦し、0-3の判定負け。王座獲得に失敗した。

2015年2月27日、Bellator 134でキング・モーと対戦し、1-2の判定負け。

2015年6月26日、Bellator 139でアレキサンダー・ヴォルコフと対戦し、3-0の判定勝ち。

2018年5月12日、Bellator 199でハビー・アヤラと対戦し、1Rにカウンターの左ストレートでKO勝ち。

2018年10月13日、Bellator 208でティモシー・ジョンソンと対戦し、右ストレートでダウンを奪いパウンドで1RKO勝ち。

2019年2月16日、Bellator 216でヴィタリー・ミナコフと再戦し、3-0の判定勝ち。リベンジに成功し、ミナコフにキャリア初黒星を付けた。

2019年9月7日、Bellator 226のBellator世界ヘビー級タイトルマッチで王者ライアン・ベイダーに挑戦するも、ベイダーの故意でないサミングにより、コンゴが試合を続行することができなくなりノーコンテストとなった。

2020年10月11日、Bellator 248でティモシー・ジョンソンと再戦し、1-2の判定負け。リベンジを許した。

2022年5月6日、Bellator 280のBellator世界ヘビー級タイトルマッチで王者ライアン・ベイダーに挑戦し、0-3の5R判定負け。王座獲得に失敗した。

人物・エピソード編集

戦績編集

総合格闘技編集

総合格闘技 戦績
45 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
31 14 5 12 0 2 1
12 3 1 8 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ライアン・ベイダー 5分5R終了 判定0-3 Bellator 280: Bader vs. Kongo 2
【Bellator世界ヘビー級タイトルマッチ】
2022年5月6日
セルゲイ・ハリトーノフ 2R 4:59 リアネイキドチョーク Bellator 265: Kongo vs. Kharitonov 2021年8月20日
× ティモシー・ジョンソン 5分3R終了 判定1-2 Bellator 248 2020年10月11日
ライアン・ベイダー 1R 3:52 ノーコンテスト(サミング) Bellator 226: Bader vs. Kongoll
【Bellator世界ヘビー級タイトルマッチ】
2019年9月7日
ヴィタリー・ミナコフ 5分3R終了 判定3-0 Bellator 216 2019年2月16日
ティモシー・ジョンソン 1R 1:08 KO(右ストレート→パウンド) Bellator 208 2018年10月13日
ハビー・アヤラ 1R 1:29 KO(パンチ連打) Bellator 199 2018年5月12日
アウグスト・サカイ 5分3R終了 判定2-1 Bellator 179: Daley vs. MacDonald 2017年5月19日
オリ・トンプソン 5分3R終了 判定3-0 Bellator 172: Thomson vs. Pitbull 2017年2月18日
トニー・ジョンソン 5分3R終了 判定2-0 Bellator 161: Kongo vs. Johnson 2016年9月16日
ヴィニシウス・ケイロス 5分3R終了 判定2-1 Bellator 150: Kongo vs. Queiroz 2016年2月26日
アレキサンダー・ヴォルコフ 5分3R終了 判定3-0 Bellator 139: Kongo vs. Volkov 2015年6月26日
× キング・モー 5分3R終了 判定1-2 Bellator 134: The British Invasion 2015年2月27日
ラバー・ジョンソン 1R 3:27 リアネイキドチョーク Bellator 123 2014年9月5日
エリック・スミス 2R 4:35 TKO(スタンドの打撃) Bellator 120 2014年5月17日
× ヴィタリー・ミナコフ 5分5R終了 判定0-3 Bellator 115
【Bellator世界ヘビー級タイトルマッチ】
2014年4月4日
ピーター・グラハム 5分3R終了 判定3-0 Bellator 107
【ヘビー級トーナメント 決勝】
2013年11月8日
マーク・ゴッドビアー 2R 2:04 TKO(スタンドの打撃) Bellator 102
【ヘビー級トーナメント 1回戦】
2013年10月4日
× ロイ・ネルソン 1R 2:03 KO(右フック→パウンド) UFC 159: Jones vs. Sonnen 2013年4月27日
ショーン・ジョーダン 5分3R終了 判定3-0 UFC 149: Faber vs. Barao 2012年7月21日
× マーク・ハント 1R 2:11 TKO(スタンドパンチ連打) UFC 144: Edgar vs. Henderson 2012年2月26日
マット・ミトリオン 5分3R終了 判定3-0 UFC 137: Penn vs. Diaz 2011年10月29日
パット・バリー 1R 2:39 KO(右アッパー) UFC Live: Kongo vs. Barry 2011年6月26日
トラヴィス・ブラウン 5分3R終了 判定0-0 UFC 120: Bisping vs. Akiyama 2010年10月16日
ポール・ブエンテロ 3R 1:16 ギブアップ(グラウンドの肘打ち) UFC on Versus: Vera vs. Jones 2010年3月21日
× フランク・ミア 1R 1:12 ギロチンチョーク UFC 107: Penn vs. Sanchez 2009年12月12日
× ケイン・ヴェラスケス 5分3R終了 判定0-3 UFC 99: The Comeback 2009年6月13日
アントニー・ハードンク 2R 2:29 TKO(パウンド) UFC 97: Redemption 2009年4月18日
ムスタファ・アルターク 1R 4:37 TKO(パウンド) UFC 92: The Ultimate 2008 2008年12月27日
ダン・エバンセン 1R 4:55 TKO(パウンド) UFC 87: Seek and Destroy 2008年8月9日
× ヒース・ヒーリング 5分3R終了 判定1-2 UFC 82: Pride of a Champion 2008年3月1日
ミルコ・クロコップ 5分3R終了 判定3-0 UFC 75: Champion vs. Champion 2007年9月8日
アスエリオ・シウバ 5分3R終了 判定2-0 UFC 70: Nations Collide 2007年4月21日
× カーメロ・マレロ 5分3R終了 判定1-2 UFC 64: Unstoppable 2006年10月14日
クリスチャン・ウェリッシュ 1R 2:51 KO(左膝蹴り) UFC 62: Liddell vs. Sobral 2006年8月26日
ギルバート・アルダナ 1R 4:13 TKO(ドクターストップ) UFC 61: Bitter Rivals 2006年7月8日
デイブ・ダルグリーシュ 2R TKO(パンチ連打) Rings Holland: Men of Honor 2005年12月11日
ガボール・ネメス 2R TKO(パンチ連打) King of the Ring
【KOTR MMA 103kg級王座決定戦】
2005年6月4日
× ギルバート・アイブル 2R 4:42 TKO(パンチ連打) IT'S SHOWTIME: Amsterdam Arena 2004年5月20日
ヨープ・カステル 1R 4:31 KO(パンチ) Rings Holland: World's Greatest 2004年4月4日
デイブ・ベイダー 2分3R終了 判定3-0 Rings Holland: The Untouchables 2003年9月27日
ハンス・ナイマン 2R 0:59 腕ひしぎ十字固め IT'S SHOWTIME: Amsterdam Arena 2003年6月8日
マイケル・ナープ 5分2R終了 ドロー IT'S SHOWTIME: As Usual 2002年9月29日
× ロドニー・ファベイラス 5分2R終了 判定0-3 Rings Holland: Saved by the Bell 2002年6月2日
デイブ・フォン・デ・フェーン 2R 1:25 TKO(パンチ連打) Rings Holland: Some Like It Hard 2001年12月2日
アンドレ・テテ 1R 3:20 ヒールホールド Rings Holland: No Guts, No Glory 2001年6月10日

キックボクシング編集

キックボクシング 戦績
23 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
21 12 9 0 0 0
2 1 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
マーティン・ロザルスキー 3R TKO - 2005年
× グラウベ・フェイトーザ 2分4R終了 判定 一撃 3.19 ICHIGEKI 2005年3月19日

獲得タイトル編集

  • KOTRムエタイ世界ヘビー級王座(2004年)
  • KOTR MMA 103kg級王座(2005年)
  • King of Colloseum 2005 優勝(2005年)
  • Bellatorシーズン9 ヘビー級トーナメント 優勝(2013年)

表彰編集

  • UFC ノックアウト・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • UFC ノックアウト・オブ・ザ・イヤー(2011年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集