メインメニューを開く

ジャン=ジャック・カントロフJean-Jacques Kantorow1945年10月3日 - )は、カンヌ生まれのヴァイオリン奏者指揮者。息子はピアニストアレクサンドル・カントロフ[1][2]

ジャン=ジャック・カントロフ
FolleJournée2009 JeanJacquesKantorow.jpg
基本情報
生誕 (1945-10-03) 1945年10月3日
出身地 フランスの旗 フランスカンヌ
学歴 パリ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト指揮者
担当楽器 ヴァイオリン

経歴編集

アルメニア系ロシア人の両親の下に生まれた。ニース音楽院を経て、パリ音楽院を卒業する。グレン・グールドにコンクール時の演奏を絶賛され、デビューを飾ることとなった。1977年5月に初来日した。

コンクール歴編集

近況編集

2007年には、スペインの作曲家ホセ・マリア・サンチェス・ベルドゥの新作を指揮する予定である。 2009年5月には東京・有楽町東京国際フォーラムで開催された『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2009』[3]で多くの公演に出演し、活躍をした。その後2012年からはバイオリニストの活動を停止し指揮活動に専念していたが、2017年からバイオリニストの活動を再開した[2]2019年には息子のアレクサンドル・カントロフが第16回チャイコフスキー国際コンクールピアノ部門で優勝した[4][5]

脚注編集

  1. ^ アレクサンドル・カントロフさんの日本デビューです!!” (日本語). 関西フィルハーモニー管弦楽団 (2015年9月8日). 2019年6月27日閲覧。
  2. ^ a b ジャン=ジャック・カントロフ ヴァイオリン・リサイタル(ピアノ:上田晴子)” (日本語). オザワ・アート・プランニング合同会社 - OZAWA ART PLANNING, LLC. 2019年6月27日閲覧。
  3. ^ ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭”. www.lfj.jp. 2019年6月28日閲覧。
  4. ^ Contestants”. tch16.com. 2019年6月27日閲覧。
  5. ^ 第16回チャイコフスキー国際コンクール、ピアノ部門でカントロフが優勝、藤田真央は2位 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2019年6月27日閲覧。