ジョン・チェットウィンド (第2代チェットウィンド子爵)

第2代チェットウィンド子爵ジョン・チェットウィンド英語: John Chetwynd, 2nd Viscount Chetwynd1680年頃 – 1767年6月21日)は、イギリスの政治家、外交官、アイルランド貴族

生涯編集

ジョン・チェットウィンド英語版(1643年頃 – 1702年12月9日)とルーシー・ローン(Lucy Roane、1738年2月28日没、ロバート・ローンの娘)[1]の息子として、1680年頃に生まれた[2]

1699年から1701年までパリ駐在大使の第4代マンチェスター伯爵チャールズ・モンタギューの秘書を務めた後[2]、1702年にランカスター公領収入役に任命され(1718年まで在任)[3]、1703年頃にトリノに転じ[2]、1706年から1710年までトリノ駐在公使を務めた[3]

1714年にジョージ1世が即位すると下級商務卿(Lord of Trade)に任命された[2]クーパー男爵夫人メアリー・クーパー英語版によると、この任命はゾフィア・シャルロッテ・フォン・キールマンゼックの影響力があってのことであり、チェットウィンドは頭金500ギニーと(下級商務卿に在任している限り)毎年200ポンドを支払わなければならなかったという[2]翌年の総選挙では与党の候補としてセント・モーズ選挙区英語版で出馬、当選を果たした[2]。1717年から1718年までスペイン駐在公使英語版を務めた後、1722年イギリス総選挙ストックブリッジ選挙区英語版に鞍替えして再選した[3]

1727年にジョージ2世が即位すると、兄ウォルターと弟ウィリアム・リチャード英語版は官職を失って野党に転じたが、ジョンは留任した上で同年の総選挙で再選した[2]。しかし、翌年に初代ニューカッスル公爵トマス・ペラム=ホールズにより下級商務卿を解任され、代わりに第3代準男爵サー・トマス・フランクランド英語版が就任した[2]。これにより野党に転じることを決意した[2]1734年イギリス総選挙では出馬しなかったが、1738年の補欠選挙でスタッフォード選挙区英語版から出馬して当選した[2]。首相ロバート・ウォルポールが辞任した後も野党に留まったが、1744年末に初代ゴア伯爵ジョン・ルーソン=ゴアとともに与党支持に転じ、1747年イギリス総選挙をもって議会から引退した[2]

1736年2月21日に兄ウォルターが死去すると、チェットウィンド子爵の特別残余権(special remainder)に基づき子爵位を継承した[3]。1755年にはグレートブリテン貴族への叙爵をジョージ2世に求めたが叶わなかった[2]

1752年にインゲストリ英語版などスタッフォードシャーの領地を娘キャサリンに残すよう準備した後[2]、1767年6月21日に死去、インゲストリで埋葬された[3]。2人の息子に先立たれたため、弟ウィリアム・リチャード英語版が爵位を継承した[3]

家族編集

1716年頃にエスター(Esther、1739年2月21日没)という名前の女性と結婚[2]、2男2女をもうけた[4]

出典編集

  1. ^ Mimardière, A. M. (1983). "CHETWYND, John (c.1643-1702), of Rudge, Standon, Staffs.". In Henning, B. D. (ed.). The House of Commons 1660-1690 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年10月26日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n Cruickshanks, Eveline (1970). "CHETWYND, John (c.1680-1767), of Fullerton, nr. Stockbridge, and Ingestre, nr. Stafford.". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年10月26日閲覧
  3. ^ a b c d e f Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, H. Arthur, eds. (1913). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Canonteign to Cutts) (英語). 3 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. p. 188.
  4. ^ "Chetwynd, Viscount (I, 1717)". Cracroft's Peerage (英語). 18 October 2015. 2019年10月26日閲覧
グレートブリテン議会英語版
先代:
エドワード・ロルト英語版
フランシス・スコーベル
庶民院議員(セント・モーズ選挙区英語版選出)
1715年 – 1722年
同職:ウィリアム・ラウンズ英語版
次代:
シドニー・ゴドルフィン英語版
サミュエル・トラヴァース
先代:
トマス・ブロドリック英語版
マーティン・ブレイデン英語版
庶民院議員(ストックブリッジ選挙区英語版選出)
1722年 – 1734年
同職:マーティン・ブレイデン英語版
次代:
サー・ハンフリー・モヌックス準男爵英語版
ジョン・モンタギュー
先代:
トマス・フォーリー英語版
ウィリアム・チェットウィンド英語版
庶民院議員(スタッフォード選挙区英語版選出)
1738年 – 1747年
同職:ウィリアム・チェットウィンド英語版
次代:
ジョン・ロビンズ
ウィリアム・チェットウィンド英語版
外交職
先代:
ポール・メシュエン
サヴォイア駐在イギリス公使英語版
1706年 – 1710年
次代:
ピーターバラ伯爵
先代:
ジョージ・バブ英語版
スペイン駐在イギリス特命全権公使英語版
1717年 – 1718年
空位
次代の在位者
ウィリアム・スタンホープ
アイルランドの爵位
先代:
ウォルター・チェットウィンド
チェットウィンド子爵
1736年 – 1767年
次代:
ウィリアム・リチャード・チェットウィンド英語版