ジョーイ英語: Something for Joey)は、1977年アメリカ合衆国で放映されたテレビ映画。実在のカレッジフットボール選手であるジョン・キャパレッティ英語版とその弟であるジョーイの交流を描いた作品である。他にリンダ・ケルシー英語版スティーヴ・グッテンバーグが出演している。本作はNBCで放映され、その後同局やCBSで再放映された。

ジョーイ
Something for Joey
監督 ルー・アントニオ英語版
脚本 ジェリー・マッキンリー
製作 ジェリー・マッキンリー
ロジャー・ヤング (共同製作)
出演者 ジェラルディン・ペイジ
マーク・シンガー
音楽 デヴィッド・シャイア
撮影 ゲイン・リスカー英語版
編集 ゲイリー・グリフィン英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 NBC(テレビ放送)
日本の旗 日本ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1977年4月6日
日本の旗 1977年12月10日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
配給収入 11.2億円[1]
テンプレートを表示

日本では1977年12月に日本ヘラルドより劇場映画として公開された[2]。11億2000万円の配給収入を記録、1978年の洋画配給収入ランキングの第7位となった[1]。日本公開時の宣伝には「この映画は、終ってもしばらく明かりがつきません」というフレーズが使われた[2]

あらすじ編集

ジョーイは3歳のときから白血病と闘っていた。この病気で初めて化学療法を施された子どもの一人だった。ジョンはペンシルベニア州立大学ハイズマン賞を目指し、10台はじめのジョーイとお互いや周りの家族を励まし、困難に立ち向かう。

ジョンはジョーイの病気が悪化する中でハイズマン賞に輝いた。ジョンは受賞のスピーチで、賞を目指した最大の動機としてジョーイの名前を挙げ、白血病の困難に耐えられるように奮い立たせるため、ジョーイにトロフィーが必要だと聴衆に話すにつれて泣き崩れた。キャパレッティ家の皆がその場に居合わせ、ジョーイはジョンのそばに駆け寄った。

作品はジョーイが1976年4月8日、ジョンが付き添う中、白血病のために世を去ったことを描いて幕を閉じる。

出演編集

評価編集

本作は、ベストセラーとなった兄弟の伝記を元に脚色され、好意的に紹介されて評判を得た。のちにビデオソフト化された。

ノミネート編集

本作は1978年度のエミー賞の最優秀特別番組監督賞(ドラマ・コメディ部門)、最優秀特別番組脚本賞(ドラマ・コメディ部門)、およびゴールデングローブ賞の最優秀テレビ映画賞の候補となった。

脚注編集

  1. ^ a b 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、370頁。ISBN 978-4873767550
  2. ^ a b ジョーイ (1977) - AllCinema

外部リンク編集