メインメニューを開く

スティーブン・オリス・ドリューStephen Oris Drew, 1983年3月16日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州ラウンズ郡ハヒラ英語版出身の元プロ野球選手内野手)。右投左打。

スティーブン・ドリュー
Stephen Drew
Stephen Drew on June 16, 2013.jpg
ボストン・レッドソックス時代
(2013年6月16日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州ラウンズ郡ハヒラ英語版
生年月日 (1983-03-16) 1983年3月16日(36歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手二塁手
プロ入り 2004年 MLBドラフト1巡目
初出場 2006年7月15日 ミルウォーキー・ブルワーズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

兄が2人おり、8歳上の長兄はセントルイス・カージナルスボストン・レッドソックスなどに所属した外野手J.D.ドリュー。5歳上の次兄はクリーブランド・インディアンスモントリオール・エクスポズなどに所属した投手ティム・ドリュー英語版

経歴編集

プロ入り前編集

2001年MLBドラフト11巡目(全体324位)でピッツバーグ・パイレーツから指名されたが、契約せずフロリダ州立大学へ進学[1]

プロ入りとダイヤモンドバックス時代編集

2004年MLBドラフト1巡目(全体15位)でアリゾナ・ダイヤモンドバックスから指名を受けた。長兄のJ.D.ドリューは、1998年MLBドラフト1巡目(全体5位)でセントルイス・カージナルスから、次兄のティム・ドリュー英語版1997年MLBドラフト1巡目(全体28位)でクリーブランド・インディアンスからそれぞれ指名されており、三兄弟でドラフト1巡目入団を果たしている。次兄のが先にプロ入りしているのは、1人だけ高卒のため[2]

2005年6月4日にダイヤモンドバックスと契約した[1]

2006年オールスター・フューチャーズゲームに選出され、7月13日にレギュラー遊撃手のクレイグ・カウンセル故障者リストに入った後、7月15日にメジャーデビューする。59試合に出場し、3割を上回る打率を記録。シーズン終了後、球団はカウンセルとの契約は更新しなかった。

2007年、ダイヤモンドバックスはドリューをレギュラーの遊撃手とした[3]

2008年ナ・リーグ遊撃手として初めてシーズン40二塁打・10三塁打・20本塁打を達成[4]9月1日カージナルス戦ではサイクル安打を達成。同日、エイドリアン・ベルトレも達成し、1920年9月17日ボビー・ビーチジョージ・バーンズ以来の、1日に2選手のサイクル安打達成となる[5]

2012年足首を痛め故障者リスト入りし、6月27日まで出場出来なかった。

アスレチックス時代編集

2012年8月20日ショーン・ジェイミーソンとのトレードで、オークランド・アスレチックスへ移籍した[6]11月3日FAとなった。

レッドソックス時代編集

2012年12月26日ボストン・レッドソックスと950万ドルの1年契約を結んだ[7]

2013年は124試合に出場し、打率.253・13本塁打・67打点・6盗塁だった。オフの10月31日にFAとなり、レッドソックスは1,410万ドルのクオリファイング・オファー(QO)を提示したが拒否した[8]

2014年のシーズン入りしても所属先が決まらず、結局5月21日にレッドソックスとQO規定額より低い1000万ドルで1年契約を結んだ[9][10]。出場のないまま5月23日にA級グリーンビル・ドライブへ降格した[11]6月2日にメジャーへ昇格[12]。39試合に出場し、打率.176・4本塁打・11打点・1盗塁だった。

ヤンキース時代編集

2014年7月31日にダイヤモンドバックス時代に二遊間コンビを組んでいたケリー・ジョンソンとのトレードで、ニューヨーク・ヤンキースへ移籍した[13]。レッドソックスとヤンキースがトレードを行ったのは、実に1997年以来だった。ヤンキースでは、遊撃手にはデレク・ジーターがいるため二塁手として起用されていた。オフにFAとなった[14]

2015年1月16日にインセンティブ付きの1年500万ドルで再契約が発表された[15]。この年も引き続き、二塁手のレギュラーとして131試合に出場。通算100本塁打を達成、自己2位となる17本塁打を放ったが、打率.201に終わる。オフの11月2日にFAとなった[14]

ナショナルズ時代編集

2016年1月6日ワシントン・ナショナルズと1年300万ドル+出来高125万ドルで契約を結んだ[16]。シーズンでは70試合に出場して打率.266・8本塁打・21打点の成績を残した。オフの11月3日にFAとなった[14]が、2017年1月26日、ナショナルズと1年350万ドル+出来高120万ドルで契約を結んで再契約した[17]

2017年は46試合に出場して打率.253・1本塁打・17打点の成績を残した。オフの11月2日にFAとなった[18]

2018年4月2日に引退を表明した[19]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2006 ARI 59 226 209 27 66 13 7 5 108 23 2 0 2 1 14 4 0 50 1 .316 .357 .517 .874
2007 150 619 543 60 129 28 4 12 201 60 9 0 5 8 60 5 3 100 4 .238 .313 .370 .683
2008 152 663 611 91 178 44 11 21 307 67 3 3 3 7 41 6 1 109 5 .291 .333 .502 .836
2009 135 595 533 71 139 29 12 12 228 65 5 1 5 7 49 7 1 87 4 .261 .320 .428 .748
2010 151 633 565 83 157 33 12 15 259 61 10 5 2 1 62 2 3 108 7 .278 .352 .458 .810
2011 86 354 321 44 81 21 5 5 127 45 4 4 1 1 30 0 1 74 3 .252 .317 .396 .713
2012 40 155 135 17 26 8 1 2 42 12 0 1 0 1 19 1 0 35 1 .193 .290 .311 .601
OAK 39 172 152 21 38 5 0 5 58 16 1 1 0 2 18 1 0 41 1 .250 .326 .382 .707
'12計 79 327 287 38 64 13 1 7 100 28 1 2 0 3 37 2 0 76 2 .223 .309 .348 .657
2013 BOS 124 501 442 57 112 29 8 13 196 67 6 0 0 4 54 3 1 124 9 .253 .333 .443 .777
2014 39 145 131 11 23 6 1 4 43 11 1 1 0 0 14 2 0 39 1 .176 .255 .328 .583
NYY 46 155 140 7 21 8 0 3 38 15 0 0 0 2 13 1 0 36 0 .150 .219 .271 .491
'14計 85 300 271 18 44 14 1 7 81 26 1 1 0 2 27 3 0 75 1 .162 .237 .299 .536
2015 131 428 383 43 77 16 1 17 146 44 0 2 4 3 37 1 1 71 7 .201 .271 .381 .652
2016 WSH 70 165 143 24 38 11 1 8 75 21 0 1 0 4 16 0 2 31 3 .266 .339 .524 .864
2017 46 106 95 9 24 7 0 1 34 17 0 0 0 3 8 0 0 21 2 .253 .302 .358 .660
MLB:12年 1268 4917 4403 565 1109 258 63 123 1862 524 41 19 22 44 435 33 13 926 48 .252 .318 .423 .741

年度別守備成績編集



遊撃(SS) 二塁(2B) 三塁(3B)




































2006 ARI 56 74 149 5 35 .978 - -
2007 147 212 409 17 98 .973 - -
2008 151 190 378 14 85 .976 - -
2009 132 173 362 11 70 .980 - -
2010 147 207 391 10 86 .984 - -
2011 84 119 219 7 48 .980 - -
2012 36 40 88 3 25 .977 - -
OAK 39 44 102 5 17 .967 - -
'12計 75 84 190 8 42 .972 - -
2013 BOS 124 176 332 8 82 .984 - -
2014 39 66 107 2 34 .989 - -
NYY 12 13 18 1 5 . 34 57 75 4 15 .971 -
'14計 51 79 125 3 39 .986 34 57 75 4 15 . -
2015 15 12 34 2 10 .958 123 158 267 7 59 .984 4 1 2 0 0 1.000
2016 WSH 12 11 13 0 4 1.000 21 33 44 3 9 .963 12 5 19 0 1 1.000
2017 13 11 25 1 2 .973 2 3 7 0 1 1.000 11 7 7 0 1 1.000
MLB 1007 1348 2627 86 601 .979 180 251 393 14 84 .979 27 13 28 0 2 1.000

背番号編集

  • 6(2006年 - 2012年途中)
  • 5(2012年途中 - 同年終了)
  • 7(2013年 - 2014年途中)
  • 33(2014年途中 - 同年終了)
  • 14(2015年)
  • 10(2016年 - 2017年)

脚注編集

  1. ^ a b Stephen Drew Transactions” (英語). Baseball-Reference.com. Sports Reference LLC. 2016年1月7日閲覧。
  2. ^ 大冨真一郎「2006 NATIONAL LEAGUE ROOCKIE SCOUTING REPORT ナショナル・リーグの新人王候補たち」『月刊メジャー・リーグ』2006年5月号、ベースボールマガジン社、2006年、 79頁、 雑誌 08625-5。
  3. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2007』廣済堂出版、2007年、441頁。ISBN 978-4-331-51213-5
  4. ^ 「アリゾナ・ダイヤモンドバックス ウェブが2度目の最多勝獲得も、終盤の失速で連覇の夢は幻に」『メジャー・リーグ記録集計号 ザ・スタッツブック 2008』ベースボールマガジン社、2008年、50頁。雑誌 20449-11/20。
  5. ^ Cycles Chronologically” (英語). Retrosheet. 2016年1月7日閲覧。
  6. ^ “-backs acquire SS Sean Jamieson in exchange for SS Stephen Drew” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Oakland Athletics), (2012年8月20日), http://m.es.mlb.com/news/article/37058656/ 2016年1月7日閲覧。 
  7. ^ “Red Sox sign shortstop Stephen Drew to one-year contract” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2013年12月26日), http://m.redsox.mlb.com/news/article/40791720 2016年1月7日閲覧。 
  8. ^ Jason Mastrodonato (2013年11月11日). “Ellsbury, Napoli, Drew all reject qualifying offers” (英語). MLB.com. 2016年1月7日閲覧。
  9. ^ “Red Sox and Shortstop Stephen Drew Agree To a One-Year Contract” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2014年5月21日), http://m.redsox.mlb.com/news/article/76252892 2016年1月7日閲覧。 
  10. ^ Matt Snyder (2014年5月20日). “Stephen Drew signs with Red Sox” (英語). CBS Sports. CBS Interavtive. 2016年1月7日閲覧。
  11. ^ “Red Sox Option Shortstop Stephen Drew to Single-A Greenville” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2014年5月23日), http://m.redsox.mlb.com/news/article/76519566 2016年1月7日閲覧。 
  12. ^ “Red Sox recall shortstop Stephen Drew and outfielder Daniel Nava from Triple-A Pawtucket” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2014年6月2日), http://m.redsox.mlb.com/news/article/77890458 2016年1月7日閲覧。 
  13. ^ “Yankees acquire SS Stephen Drew from Boston” (英語) (プレスリリース), MLB.com (New York Yankees), (2014年7月31日), http://m.yankees.mlb.com/news/article/87293222 2016年1月7日閲覧。 
  14. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2017年1月27日閲覧。
  15. ^ Andy Martino (2015年1月16日). “Yankees Officially Announce Stephen Drew Signing”. New York Daily News. 2016年1月7日閲覧。
  16. ^ Bill Ladson (2016年1月6日). “Nats, Drew agree to terms on 1-year deal” (英語). MLB.com. 2016年1月7日閲覧。
  17. ^ Jamal Collier (2017年1月26日). “Drew returns to Nationals on 1-year deal” (英語). MLB.com. 2017年1月27日閲覧。
  18. ^ Key free agents for all 30 MLB teams MLB.com (英語) (2017年11月5日) 2017年12月27日閲覧
  19. ^ Jeff Todd (2018年4月2日). “Stephen Drew To Retire” (英語). mlbtraderumors.com. 2018年4月19日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集