メインメニューを開く

2006年MLBオールスターゲームは、アメリカンリーグナショナルリーグの間で行われた77回目のオールスターゲーム2006年7月11日ピッツバーグ・パイレーツの本拠地PNCパークで行われた。監督は、ナショナルリーグフィル・ガーナーアストロズ)、アメリカンリーグオジー・ギーエンホワイトソックス)が務めた。

2006 MLBオールスターゲーム
Pedro goes to Pittsburgh.jpg
会場となったPNCパーク
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
AL 0 1 0 0 00002 3 7 1
NL 0 1 1 0 0000X 2 6 0
開催日時 2006年7月11日
開催球場 PNCパーク
開催地 ペンシルベニア州ピッツバーグ
監督 AL - オジー・ギーエン (CWS)
NL - フィル・ガーナー (HOU)
MVP マイケル・ヤング (TEX)
観客動員数 38,904人
MLBオールスターゲーム
 < 2005 2007 > 

試合はアメリカンリーグがナショナルリーグに 3-2 で勝利した。これにより2006年のワールドシリーズでアメリカンリーグのデトロイト・タイガースがホームフィールド・アドバンテージを獲得した。これでアメリカンリーグは1997年以来1引き分けを挟み9連勝となった。MVPは9回に逆転の2点三塁打を放ったマイケル・ヤングが受賞した。

目次

凡例編集

試合結果編集

先発メンバー編集

アメリカンリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 イチロー (SEA) RF
2 デレク・ジーター (NYY) SS
3 デビッド・オルティーズ (BOS) 1B
4 アレックス・ロドリゲス (NYY) 3B
5 ブラディミール・ゲレーロ (ANA) LF
6 イバン・ロドリゲス (DET) C
7 バーノン・ウェルズ (TOR) CF
8 マーク・ロレッタ (BOS) 2B
9 ケニー・ロジャース (DET) P
ナショナルリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 アルフォンソ・ソリアーノ (WSH) LF
2 カルロス・ベルトラン (NYM) CF
3 アルバート・プホルス (STL) 1B
4 ジェイソン・ベイ (PIT) RF
5 エドガー・レンテリア (ATL) SS
6 デビッド・ライト (NYM) 3B
7 チェイス・アトリー (PHI) 2B
8 ポール・ロデューカ (NYM) C
9 ブラッド・ペニー (LAD) P

試合経過編集

アメリカンリーグが 3-2 で勝利。通算対戦成績はアメリカンリーグの35勝40敗2分。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アメリカンリーグ 0 1 0 0 0 0 0 0 2 3 7 1
ナショナルリーグ 0 1 1 0 0 0 0 0 0 2 6 0
  1. : B・J・ライアン  : トレバー・ホフマン  S: マリアノ・リベラ  
  2. :  AL – ブラディミール・ゲレーロ (1)  NL – デビッド・ライト (1)

先発投手は、ナショナルリーグがブラッド・ペニー、アメリカンリーグがケニー・ロジャース。アメリカンリーグは1回、ペニーの前に3者連続三振に倒れる。しかし2回にブラディミール・ゲレーロがソロ本塁打を放ち、アメリカンリーグが先制する。ナショナルリーグはその裏にデビッド・ライトがソロ本塁打を放ち、すぐに同点に追いつく。3回裏、ロイ・ハラデイの暴投でカルロス・ベルトランが生還し、ナショナルリーグが1点を勝ち越す。

9回表、ナショナルリーグはトレバー・ホフマンが登板。2死走者なしとするが、ポール・コネルコの安打、トロイ・グロースのエンタイトル二塁打で一打逆転のチャンスをつくり、続くマイケル・ヤングがタイムリー三塁打を放ち、アメリカンリーグは土壇場で逆転に成功した。9回裏、アメリカンリーグはマリアノ・リベラが登板。ホセ・ロペスの失策で1人走者を出すが、残りの打者を打ち取り、アメリカンリーグが勝利した。

選出選手編集

ファン投票選出編集

ファンの投票によって各ポジション上位1選手(外野手のみ上位3選手)が選出された。最多得票は、ナショナルリーグがアルバート・プホルスカージナルス)、アメリカンリーグがマニー・ラミレスレッドソックス)。地元パイレーツからは、ジェイソン・ベイが選ばれた。

アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出 得票数
C   イバン・ロドリゲス (DET) 13 1,826,720
  ジョー・マウアー (MIN) 1,809,878
  ジェイソン・バリテック (BOS) - 1,752,083
1B   デビッド・オルティーズ (BOS) 3 2,734,999
  ジェイソン・ジアンビ (NYY) - 1,530,680
  ポール・コネルコ (CWS) 3 1,300,383
2B   マーク・ロレッタ (BOS) 2 1,640,816
  ロビンソン・カノ (NYY) 1,552,120
  井口資仁 (CWS) - 1,489,296
3B   アレックス・ロドリゲス (NYY) 10 2,626,663
  マイク・ローウェル (BOS) - 1,464,772
  ジョー・クリーディ (CWS) - 1,148,177
SS   デレク・ジーター (NYY) 7 2,849,103
  ミゲル・テハダ (BAL) 4 2,147,138
  アレックス・ゴンザレス (BOS) - 877,016
OF   マニー・ラミレス (BOS) † 10 3,101,161
  ブラディミール・ゲレーロ (LAA) 7 2,833,601
  イチロー (SEA) 6 2,367,736
  ジョニー・デーモン (NYY) - 1,842,863
  バーノン・ウェルズ (TOR) 2 1,525,772
ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出 得票数
C   ポール・ロデューカ (NYM) 4 2,027,993
  マイク・ピアッツァ (SD) - 1,482,397
  ブラッド・オースマス (HOU) - 1,195,372
1B   アルバート・プホルス (STL) 5 3,418,555
  カルロス・デルガド (NYM) - 1,457,262
  ノマー・ガルシアパーラ (LAD) - 1,237,811
2B   チェイス・アトリー (PHI) 1,971,920
  クレイグ・ビジオ (HOU) - 1,787,898
  ホセ・カスティーヨ (PIT) - 1,571,147
3B   デビッド・ライト (NYM) 2,301,200
  スコット・ローレン (STL) 5 1,690,824
  モーガン・エンスバーグ (HOU) - 1,037,990
SS   ホセ・レイエス (NYM) † 1,905,764
  ジャック・ウィルソン (PIT) - 1,494,546
  デビッド・エクスタイン (STL) 2 1,414,327
OF   ジェイソン・ベイ (PIT) 2 2,635,930
  カルロス・ベルトラン (NYM) 3 2,548,744
  アルフォンソ・ソリアーノ (WSH) 5 2,411,892
  ケン・グリフィーJr. (CIN) - 2,395,820
  アンドリュー・ジョーンズ (ATL) 5 1,844,610

監督推薦編集

アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出
SP   マーク・バーリー (CWS) 3
  ホセ・コントレラス (CWS) †
  ロイ・ハラデイ (TOR) 4
  スコット・カズミアー (TB)
  フランシスコ・リリアーノ (MIN) ‡
  マーク・レッドマン (KC)
  ケニー・ロジャース (DET) 4
  ヨハン・サンタナ (MIN) 2
  バリー・ジト (OAK) 3
RP   ボビー・ジェンクス (CWS)
  ジョナサン・パペルボン (BOS)
  マリアノ・リベラ (NYY) 8
  B・J・ライアン (TOR) 2
C   ジョー・マウアー (MIN)
  A・J・ピアジンスキー (CWS) 2
1B   ポール・コネルコ (CWS) 3
  ジム・トーミ (CWS) 5
2B   ロビンソン・カノ (NYY) †
  ホセ・ロペス (SEA) ‡
3B   トロイ・グロース (TOR) 4
SS   ミゲル・テハダ (BAL) 4
  マイケル・ヤング (TEX) 3
OF   ジャーメイン・ダイ (CWS) 2
  ゲイリー・マシューズJr. (TEX) ‡
  マグリオ・オルドニェス (DET) ‡ 5
  アレックス・リオス (TOR) †
  グレイディ・サイズモア (CLE)
  バーノン・ウェルズ (TOR) 2
ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出
SP   ブロンソン・アローヨ (CIN)
  クリス・カプアーノ (MIL) ‡
  クリス・カーペンター (STL) 2
  トム・グラビン (NYM) † 10
  ペドロ・マルティネス (NYM) † 8
  ロイ・オズワルト (HOU) ‡ 2
  ブラッド・ペニー (LAD)
  ジェイソン・シュミット (SF) 3
  ブランドン・ウェブ (ARI)
  カルロス・ザンブラーノ (CHC) 2
RP   ブライアン・フエンテス (COL) 2
  トム・ゴードン (PHI) 3
  トレバー・ホフマン (SD) 5
  デリック・ターンボウ (MIL)
C   ブライアン・マッキャン (ATL)
1B   ランス・バークマン (HOU) 4
  ノマー・ガルシアパーラ (LAD) 6
  ライアン・ハワード (PHI)
2B   ダン・アグラ (FLA)
3B   ミゲル・カブレラ (FLA) 3
  スコット・ローレン (STL) 5
  フレディ・サンチェス (PIT)
SS   デビッド・エクスタイン (STL) ‡ 4
  エドガー・レンテリア (ATL) 5
OF   アンドリュー・ジョーンズ (ATL) 5
  マット・ホリデイ (COL)
  カルロス・リー (MIL) 2

最終投票編集

選出選手の発表後、選出に漏れた選手の中から各リーグ5名が選ばれ、最後の1枠をかけたファン投票(All-Star Final Vote)が行われた。投票はMLB公式ウェブサイト上でのオンライン投票で実施された。ナショナルリーグはノマー・ガルシアパーラ(ドジャース)、アメリカンリーグはA・J・ピアジンスキー(ホワイトソックス)が選出された。

アメリカンリーグ
選手(チーム) 守備 過去
選出
  A・J・ピアジンスキー (CWS) C 1
  ラモン・ヘルナンデス (BAL) SP 0
  トラビス・ハフナー (CLE) DH 0
  ジャスティン・バーランダー (DET) SP 0
  フランシスコ・リリアーノ (MIN) ‡ C 1
ナショナルリーグ
選手(チーム) 守備 過去
選出
  ノマー・ガルシアパーラ (LAD) 1B 5
  ボビー・アブレイユ (PHI) SP 0
  クリス・カプアーノ (MIL) ‡ RF 2
  ビリー・ワグナー (NYM) RP 4
  クリス・ヤング (SD) SP 0

本塁打競争編集

試合前日の7月10日に第22回本塁打競争が開催され、ライアン・ハワードフィリーズ)が優勝した。

ルール編集

本塁打以外は見逃しを除いて全てアウトとし、10アウトまでに何本塁打を打てるかを競う。第1ラウンド上位4名が第2ラウンドに進出する。第2ラウンドでは第1ラウンドとの合計本数を競い、上位2名が決勝へ進む。それまでの2回のラウンドと決勝の本数を合わせて、最も多く打った者が優勝となる。第1・第2ラウンドともに複数の選手が同点で並んだ場合には5アウト方式のプレーオフを行う。

9アウトになるとボールが普通のものから“ゴールデン・ボール”に変更される。これを本塁打にすると1球ごとに21,000ドルが、MLB機構とセンチュリー21から慈善団体“ボーイズ・アンド・ガールズ・クラブス・オブ・アメリカ”に寄付される。この日は9アウト後に14本の本塁打が出たため、294,000ドルが寄付された[1]

結果編集

順位 選手(チーム) ラウンド1 ラウンド2 1+2 決勝
1 ライアン・ハワード (PHI) 8 10 18 5
2 デビッド・ライト (NYM) 16 2 18 4
3 ミゲル・カブレラ (COL) 9 6 15
4 デビッド・オルティーズ (BOS) 10 3 13
5 ジャーメイン・ダイ (CWS) 7
6T ランス・バークマン (HOU) 3
6T ミゲル・テハダ (BAL) 3
8 トロイ・グロース (TOR) 1

フューチャーズゲーム編集

試合が行われる2日前の7月9日には、PNCパークでマイナーリーグのオールスターゲーム“フューチャーズゲーム”が開催された。試合は米国選抜が世界選抜を 8-5 で下し、MVPには、2点本塁打を放った米国選抜のビリー・バトラーロイヤルズ傘下)が選ばれた。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
世界選抜 0 1 1 3 1 0 0 5 9 1
米国選抜 0 2 5 1 0 0 X 8 11 0
  1. : ホーマー・ベイリー  : ホセ・ガルシア  S: マット・リンドストロム  

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Gold Derby balls raise $294K for charity”. MLB.com. 2008年2月19日閲覧。

出典編集