スパンダー・バレエ

スパンダー・バレエSpandau Ballet)は、イギリスバンド1983年に「トゥルー」のヒットを放ったことで知られる。

スパンダー・バレエ
Spandau Ballet
Spandau Ballet in Concert, Liverpool Echo Arena.jpg
2009年
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン イズリントン
ジャンル ニューウェイヴ
ブルー・アイド・ソウル
シンセポップ
活動期間 1979年 - 1990年2009年 - 2019年
レーベル クリサリス・レコード
マーキュリー・レコード
エピック・レコード
パーロフォン
公式サイト Spandau Ballet.com (英語)
メンバー ゲイリー・ケンプ(Guitar
マーティン・ケンプ(Bass
スティーヴ・ノーマン(Saxophone,Percussion
ジョン・キーブル(Drums
旧メンバー トニー・ハドリー(Vocal
マイケル・エリソン(Bass)
リチャード・ミラー(Bass)
ロス・ウィリアム・ワイルド(Vocal)

来歴編集

1979年にゲイリーとマーティンのケンプ兄弟を中心に結成された。バンド名はベルリンの郊外シュパンダウで見かけた落書きに由来するという。1980年にデビューし、当時イギリスで勃興していたニューロマンティック系のアーティストの一つとして、いくつかのヒットを放った。

彼らの代表曲の「トゥルー」は1960年代モータウンソウルへのオマージュ的作品で、1983年にアメリカでも大ヒットを記録した。その後数年間はイギリスではそこそこの人気が続いたが、アメリカではこの年以降はこれといったヒットを出すことはできなかった。やがてケンプ兄弟は俳優活動に軸足を移す。1990年に解散[1](関連資料によっては1989年とされることもある[2])。

なお1991年P.M.ドーンが「トゥルー」をサンプリングした「Set Adrift On Memory Bliss」をイギリスやアメリカで大ヒットさせている。

1990年代に作品の権利に関する裁判もあり、ケンプ兄弟VSトニーを含む他メンバーは20年近く対立していたが、2009年3月にオリジナル・メンバーで再結成することを発表する[3]。同年10月にはアイルランドを含む全英ツアーをスタートさせた。

2009年11月、ニュー・シングル「Once more」とニュー・アルバム『Once more』を発表し活動していたが、2017年7月にボーカルのトニーが脱退した[1]。代わって、2018年からロス・ウィリアム・ワイルドがボーカルとして加入した。

新ボーカリストを迎え新体制が整ったが、バンドは公演を重ねていくにつれて、ファンが望んでいることはオリジナル・メンバー5人が揃うことであると実感。2019年5月23日、ロス・ウィリアム・ワイルドの功績を称えるとともに、トニー・ハドリーが戻るまでバンド活動を中止することが発表された[4]

メンバー編集

旧メンバー編集

  • トニー・ハドリー (Tony Hadley) - ボーカル
  • マイケル・エリソン (Michael Ellison) - ベース
  • リチャード・ミラー (Richard Miller) - ベース
  • ロス・ウィリアム・ワイルド (Ross William Wild) - ボーカル

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b スパンダー・バレエ、シンガーが脱退BARKS 2017年7月4日
  2. ^ スパンダー・バレエ、再結成?BARKS 2007年12月6日
  3. ^ THE MOVIE SENSATION公式サイト
  4. ^ スパンダー・バレエ、新シンガーと離別。オリジナルの5人が揃うまで活動中止BARKS 2019年5月28日
  5. ^ Strong, Martin C. (2000). The Great Rock Discography (5th ed.). Edinburgh: Mojo Books. pp. 911–912. ISBN 1-84195-017-3 

関連項目編集

外部リンク編集