メインメニューを開く

スフバータル・バトボルドモンゴル語: Сүхбаатарын Батболд1963年6月24日 - )は、モンゴル国の政治家。2009年から2012年まで同国の首相モンゴル人民党書記長を務めた。

スフバータル・バトボルド
Сүхбаатарын Батболд
Sükhbaataryn Batbold (cropped).jpg
スフバータル・バトボルド(2010年)
生年月日 (1963-06-24) 1963年6月24日(55歳)
出生地 モンゴル人民共和国の旗 モンゴルウランバートル
出身校 モスクワ国際関係大学
ロンドン・ビジネス・スクール
前職 実業家
所属政党 モンゴル人民党

在任期間 2009年10月29日 - 2012年8月10日
大統領 ツァヒアギーン・エルベグドルジ

モンゴル人民党中央委員会書記長
在任期間 2009年4月8日 - 2012年7月25日
テンプレートを表示

目次

経歴編集

ウランバートル生まれ。母は医師。モスクワ国際関係大学に留学し、経済学を専攻した。卒業後はモンゴル・インペクス・ネグデル(協同組合)の輸出担当局長に就任した。2010年10月には訪日し、朝青龍断髪式に出席、ハサミを入れている。

2012年3月にも妻と共に日本を訪れ、3月12日には野田佳彦首相と会談した[1]。この中でスフバータルは、モンゴルと日本の間でEPA締結に向けた交渉を開始することで合意し[2]、また世界最大級のタバン・トルゴイ炭田の開発に、日本企業を受け入れることを表明した[3]

ビジネス編集

石油輸入会社アルタイ・トレーディングを設立した。

後に、会社はアメリカ合衆国のボロー・ゴールド社を買収した以外にも、韓国SKグループと携帯電話事業の「スカイテル」社、アルタイ・カシミア社を設立した。

年譜編集

人物編集

  • 自ら「私はどちらかと言えば清廉潔白な人物である」と述べている。

脚註編集

外部リンク編集

公職
先代:
サンジャーギーン・バヤル
  モンゴル国首相
第26代:2009年 - 2012年
次代:
ノロブ・アルタンホヤグ