スポーツ総合学園SEED

スポーツ総合学園SEED(スポーツそうごうがくえんシード)は、愛知県常滑市を本拠地とし、日本野球連盟に加盟する社会人野球クラブチーム。旧チーム名は「ルーキーズ」。チーム名の「Seed」は、「Sport and Education Encourage your Dream(スポーツと教育であなたの夢を応援)」の意味。

スポーツ総合学園SEED
チーム名(通称) SEED
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 クラブチーム
創部 2011年
チーム名の遍歴

  • NPOルーキーズ (2011 - 2015)
  • 通信教育総合学園ROOKIES (2016 - 2017)
  • スポーツ総合学園SEED (2018 - )
本拠地自治体

練習グラウンド 半田市営球場
都市対抗野球大会
出場回数 なし
社会人野球日本選手権大会
出場回数 なし
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 なし

概要編集

2010年、母体となる「特定非営利活動法人ルーキーズ」が設立[1]。常滑市から提供を受けた廃園保育園の施設を再利用し、入塾生が高等学校卒業資格を取得出来るようにサポートする他、硬式野球部を設置して野球を通した肉体・精神の鍛錬を行う環境が整っている。韓国のチームとの交流試合や少年野球の指導など地元に密着した活動も行っている。中学校卒業者及び高等学校中退者に対して、野球を通した再チャレンジ教育支援を実施している特定非営利活動法人(NPO法人)である。高等学校を対象とした野球チームが日本野球連盟に加盟しているのは本チームのみとされている。

2011年4月21日付けで、「NPOルーキーズ」が日本野球連盟に新規登録される[2]

2012年、元中日ドラゴンズに所属した投手野口茂樹がコーチに就任する[3]2013年からは監督に就任し、自らの選手登録も行なった[4]

2013年1月12日、NPOルーキーズ理事長の山田豪を東海テレビが密着取材したドキュメンタリー番組『ホームレス理事長~退学球児再生計画~』が放映された[5]

従業員に対する賃金未払で団体交渉を申込まれていたが[6]、名古屋地方検察庁半田支部において、2014年10月30日に従業員の訴えを不起訴処分とした[7]

2014年10月1日より、愛知県と委託契約し「障害者委託訓練」をスタートさせ、グローブの修理等の訓練を障害者に教えている[1][8]

2016年4月4日付けで、チーム名を『通信教育総合学園ROOKIES』に改称した[9]

2018年、チーム名を『スポーツ総合学園SEED』に改称した[10]

ルーキーズのドキュメンタリー番組と山田豪理事長編集

2010年のルーキーズ発足から2012年末までのチームの動きを東海テレビが取材。2013年1月12日、同局にてドキュメンタリー番組『ホームレス理事長 ~退学球児再生計画~』が放映された。主役を選手ではなくNPOルーキーズ理事長の山田豪とした狙いについて、ディレクターの土方宏史[注 1]は「みんなが協力して再起を目指すというわかりやすい話にしたくなかったから」と述べている[11]

NPOルーキーズ理事長の山田豪が家賃滞納でアパートを追い出され、ネットカフェを転々としながら、一口2万円の協賛金を募るため地元の鉄工所や酪農家などを訪ね歩く様子や、高利の金融で資金調達を図り、それが不可能となると取材班に土下座して借金しようとする姿が映し出され、話題となった[12][注 2]

また、山田が野球指導で招聘した監督・池村英樹(沖縄県立那覇高等学校おかやま山陽高等学校野球部元監督、2014年死去)が選手に暴力をふるう場面は、視聴者から批判が殺到した。選手の一人が「母親と喧嘩をしたとき手首を切って死のうとした」と池村に打ち明けると、池村は「お前の命はそんなに軽いのか」と言いながら9回選手を平手打ちした。2013年5月に再放送されることが決まった際、社内で暴力場面の削除や「平手打ちを2回に減らしては」などの意見が出た。しかしプロデューサーの阿武野勝彦は「視聴者を不快にしたことは謝るべきだが、清く正しいものばかり求めると表現が窮屈になる」と周囲を説き伏せ、押し切った[11]

2014年2月22日から3月14日まで、『ホームレス理事長』は名古屋市千種区の名古屋シネマテークにて映画として上映された。本編110分。このときも平手打ちの場面はそのまま残された[11]。2016年にはポレポレ東中野などで全国公開された[14]

2019年4月21日に行われた常滑市議会議員選挙に山田は日本維新の会公認で立候補し、初当選した[15]

同年8月1日、「あいちトリエンナーレ2019」が開催されると、日本維新の会代表の松井一郎は企画展「表現の不自由展・その後」を激しく非難[16][17]。8月3日、山田は愛知維新の会(日本維新の会愛知県支部)代表の杉本和巳衆議院議員らとともに実行委員会事務局を訪れ、「即刻の展示中止」を求める文書を提出した[18][19][20]

2020年8月25日、大村秀章知事リコール運動の署名活動が開始される。山田はリコール団体副事務局長、また請求代表者として積極的に運動に参加[21][22]

2021年2月1日、愛知県選挙管理委員会は、上記リコール運動につき、提出された43万5231人分の署名の83.2%にあたる約36万2千人分が無効との調査結果を発表した(愛知県知事リコール署名偽造事件を参照)[23][24]。2月4日に開かれた記者会見で山田は「大量の不正署名は大村知事が送り込んだスパイによる妨害工作だ」と訴えたが[25]、4月15日、不正署名の自らの関与を認め[26][27]、4月17日付で議員辞職した[28]。また、リコール団体事務局長の田中孝博から、ルーキーズの選手たちに署名偽造を手伝わせるよう指示を受けたと明かした。山田は田中の指示を断ったとされる[29]

元プロ野球選手の競技者登録編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 土方宏史はそのほか、ディレクターとして『ヤクザと憲法』(2015年)、『さよならテレビ』(2018年)などの話題作も手掛けた。
  2. ^ 『ホームレス理事長~退学球児再生計画~』が劇場公開された際、内田樹は「予定調和的な『ハッピーエンディング』にならずに、出てくる人たちがみんな宙ぶらりんのままぶつんと映画が終わるという作り方に誠意を感じました」「何も説明しないし、何の解決も与えてくれない、ある意味で『救いのない』ドキュメンタリーでした。でも、これはテレビの現況のひとつの露頭だろうと思います」と述べた[13]

出典編集

  1. ^ a b 団体概要”. NPO法人ルーキーズ. 2016年6月3日閲覧。
  2. ^ チーム情報 登録・変更情報 2011年”. 日本野球連盟. 2016年6月3日閲覧。
  3. ^ 元中日、巨人で活躍の野口氏がコーチ転身「区切り」”. スポニチ (2012年2月10日). 2016年6月3日閲覧。
  4. ^ 元中日の野口茂樹氏 クラブチーム監督に 自ら選手登録も”. スポニチ (2013年3月27日). 2016年6月3日閲覧。
  5. ^ 東海テレビ『ホームレス理事長 ~退学球児再生計画~』
  6. ^ 名古屋ふれあいユニオン活動日誌
  7. ^ 「平成26年検第100570号」
  8. ^ http://www.yomiuri.co.jp/local/aichi/feature/CO006329/20140821-OYTAT50081.html 読売新聞」
  9. ^ チーム情報 登録・変更情報 2016年”. 日本野球連盟. 2016年6月3日閲覧。
  10. ^ チーム情報 登録・変更情報 2018年”. 日本野球連盟. 2018年10月14日閲覧。
  11. ^ a b c 浅井貴司「映画『ホームレス理事長 退学球児再生計画』 きょうから今池で上映」 『中日新聞』2014年2月22日付朝刊、朝刊市民版、26面。
  12. ^ 服部聡子「退学球児の再起支える奮闘 東海テレビ『ホームレス理事長』」 『中日新聞』2013年1月11日付夕刊、夕刊放送芸能、9面。
  13. ^ 内田樹さんの感想”. 映画『ホームレス理事長 -退学球児再生計画-』公式サイト. 2021年4月19日閲覧。
  14. ^ 劇場情報”. 映画『ホームレス理事長 -退学球児再生計画-』公式サイト. 2021年4月19日閲覧。
  15. ^ “常滑市議選開票:統一地方選2019”. 中日新聞. https://static.chunichi.co.jp/chunichi/archives/senkyo/chihosen2019/kaihyo/aichi/Q23008.html 2021年3月1日閲覧。 
  16. ^ 佐藤直子、稲垣太郎「こちら特捜部 『表現の不自由展』中止の衝撃(上) 脅迫に屈する『悪しき前例』 市長や政権 攻撃あおる 芸術監督・津田大介氏『文化に対する暴力テロ事件』」『東京新聞』2019年8月6日付朝刊、特報1面、22頁。
  17. ^ 『中日新聞』2019年8月3日付朝刊、二社、30面、「あいちトリエンナーレ2019 慰安婦像の撤去要請 河村市長、大村知事に」。
  18. ^ 衆議院議員 杉本和巳 Facebook 2019年8月3日
  19. ^ 杉本和巳 Instagram 2019年8月3日
  20. ^ 佐藤英彬 (2019年8月5日). “展示中止言及「憲法違反が濃厚」 大村知事が河村氏批判”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASM853C9KM85OIPE008.html 2021年3月5日閲覧。 
  21. ^ 愛知県知事解職請求代表者証明書の交付 (PDF)”. 愛知県公報 (2020年8月25日). 2021年2月24日閲覧。
  22. ^ 『中日新聞』2020年8月26日付朝刊、二社、28面、「大村知事リコール 署名集めスタート 高須氏代表の団体」。
  23. ^ 愛知県知事解職請求に係る署名簿の調査の取りまとめ状況について (PDF)”. 愛知県選挙管理委員会 (2021年2月1日). 2021年2月25日閲覧。
  24. ^ “知事リコール署名は83%無効 愛知県選管が不正疑い告発検討”. 中日新聞. (2021年2月2日). https://www.chunichi.co.jp/article/195186 2021年2月25日閲覧。 
  25. ^ “愛知県知事リコール不正署名問題で、高須院長らが会見(2021年2月4日)”. THE PAGE. (2021年2月4日). https://www.youtube.com/watch?v=he-IXo1avZg 2021年3月4日閲覧。 
  26. ^ “【独自】事務局幹部「偽造署名に関与」 リコール不正「事務局長が指示」”. 中日新聞. (2021年4月16日). https://www.chunichi.co.jp/article/237341 2021年4月16日閲覧。 
  27. ^ “「ミスター こうやるんだ」 リコール事務局幹部の常滑市議証言”. 中日新聞. (2021年4月16日). https://www.chunichi.co.jp/article/237375 2021年4月16日閲覧。 
  28. ^ “リコール事務局幹部・山田豪氏の辞職日は17日”. 中日新聞. (2021年4月20日). https://www.chunichi.co.jp/article/239638 2021年4月20日閲覧。 
  29. ^ [https://www.tokai-tv.com/tokainews/article_20210416_168170 “支援する高校中退した少年達にも「やらせれんか、 と…」 愛知県知事リコール団体の幹部 署名偽造関与認める”]. 東海テレビ. (2021年4月16日). https://www.tokai-tv.com/tokainews/article_20210416_168170 2021年4月19日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集