メインメニューを開く

杉本 和巳(すぎもと かずみ、1960年9月17日 - )は、日本政治家衆議院議員(3期)。みんなの党総務委員長・国会対策委員長代理を務めた。

杉本 和巳
すぎもと かずみ
生年月日 (1960-09-17) 1960年9月17日(58歳)
出生地 日本の旗東京都文京区千駄木
出身校 早稲田大学政治経済学部経済学
オックスフォード大学大学院
ハーバード大学ケネディスクール
前職 みずほファイナンシャルグループ従業員
所属政党民主党→)
みんなの党→)
無所属→)
(おおさか維新の会→)
日本維新の会
称号 経済学士
行政学修士
公式サイト スギモトカズミ 愛知10区:一宮市、江南市、岩倉市、扶桑町、大口町

選挙区愛知10区→)
比例東海ブロック
当選回数 3回
在任期間 2009年8月30日 - 2014年11月21日
2017年10月22日 - 現職
テンプレートを表示

目次

来歴編集

東京都文京区千駄木生まれ[1]早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。大学卒業後、日本興業銀行(後のみずほコーポレート銀行、現・みずほ銀行)に入行。1991年オックスフォード大学大学院1992年ハーバード大学ケネディスクール修士課程を修了した。1993年から新日本証券(現みずほ証券)に、1997年から電源開発に出向。1999年に日本興業銀行に復帰し、あわせて2001年まで札幌大学で非常勤講師を務めた[2]

2004年3月5日民主党衆議院議員の佐藤観樹が秘書給与詐取疑惑の責任をとり辞職。2005年、民主党の全国公募に応募し、佐藤の後継として愛知県第10区総支部長に就任。愛知県に移り(現住所は一宮市本町)[3]、同年9月11日第44回衆議院議員総選挙愛知10区から出馬したが、自由民主党江崎鉄磨に敗れ、落選した。

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙愛知10区で自民党の江崎を破り、初当選。

2012年6月26日 消費税増税法案に賛成票を投じる。

2012年10月5日、民主党に離党届を提出[4][5][6](民主党は10月30日の常任幹事会で離党届を受理せず除籍処分とすることを決定した[7][8])。同年10月16日みんなの党に入党した[9]。同年12月16日第46回衆議院議員総選挙ではみんなの党公認、日本維新の会新党改革推薦で愛知10区から出馬。愛知10区で自民党元職の江崎に敗れたが、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し、再選。選挙後、みんなの党副幹事長・政調副会長を経て、党総務委員長・国会対策委員長代理

2014年11月21日、みんなの党に離党届を提出[10]。民主党・みんなの党の両党幹部は民主党への復党を検討したが、県連や地元議員らの反対もあり、杉本は11月22日「初心に帰って草の根で勝負する」と記者会見し無所属での出馬を選択した。取材に対して「大切なのは政治信条。小選挙区一本の真っ向勝負をする。」と答えている[11]。民主党愛知県連は11月27日、愛知10区の公認候補を江南市議の小林弘子とする方針を決定[12]

同年12月14日第47回衆議院議員総選挙で愛知10区に無所属で出馬するも落選。なお、杉本は、維新の党の大阪系議員らが2015年10月24日に開催した同党の「臨時党大会」に出席したと報じられた[13]

2016年2月9日おおさか維新の会衆院愛知10区支部長就任が発表され[14]、12月19日に日本維新の会愛知県総支部代表代行就任が発表された[15]

2017年10月第48回衆議院議員総選挙は、次点で落選した希望の党安井美沙子より2万2千票近く下ったが、比例東海ブロックの名簿1位に登載されていたため、日本維新の会が獲得した1議席に選ばれ3選を果たした[16]

政策編集

脚注編集

  1. ^ 杉本 和巳(衆議院議員・みんなの党)の議員情報 | 【SUNチャンネル】
  2. ^ 杉本かずみ 国会議員 衆議院議員 愛知第10区 プロフィール”. 2013年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月14日閲覧。
  3. ^ 中日新聞(2017年10月11日、23面)
  4. ^ “揺らぐ王国、民主苦悩杉本議員離党届”. 中日新聞. (2012年10月6日). オリジナルの2012年10月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121007031031/http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20121006/CK2012100602000035.html?ref=rank 
  5. ^ “民主の杉本氏離党届、みんなの党へ 単独過半数割れまであと5人”. 産経新聞. (2012年10月5日). オリジナルの2012年10月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121005055647/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121005/stt12100511370005-n1.htm 
  6. ^ “民主党:衆院過半数割れまであと5人”. 毎日新聞. (2012年10月5日). オリジナルの2012年10月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121008004514/http://mainichi.jp/select/news/20121006k0000m010120000c.html 
  7. ^ “民主が杉本氏を除名 みんなの党会派入り”. 産経新聞. (2012年10月30日). [2012-10-30 オリジナル]の2012年10月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20121030113347/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121030/stt12103019400008-n1.htm 
  8. ^ “「みんな」入党の杉本和巳議員、除籍処分…民主”. 読売新聞. (2012年10月31日). オリジナルの2012年11月5日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20121105144904/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121031-OYT1T00291.htm 
  9. ^ “みんなの党、杉本氏の入党を承認”. 産経新聞. (2012年10月16日). オリジナルの2012年10月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121020235906/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121016/stt12101617350004-n1.htm 
  10. ^ “みんなの党:柏倉氏、杉本氏が離党届 民主に転身”. 毎日新聞. (2014年11月21日). http://mainichi.jp/select/news/20141122k0000m010134000c.html 2014年12月10日閲覧。 
  11. ^ “無所属で出馬正式表明 10区の杉本氏会見”. 中日新聞. (2014年11月23日). http://www.chunichi.co.jp/article/senkyo/shuin2014/aichi/CK2014112302000220.html 
  12. ^ “民主、愛知10区で小林氏を擁立へ 県内空白区ゼロに”. 中日新聞. (2014年11月28日). http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014112890090417.html 2014年12月10日閲覧。 
  13. ^ “橋下氏ダブル選照準、1つ落とせば埋没危機 「おおさか維新の会」31日結党”. 産経新聞. (2015年10月26日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151026-00000049-san-pol 2015年10月26日閲覧。 
  14. ^ “おおさか維新の会衆議院支部長選任者リスト” (プレスリリース), おおさか維新の会, (2016年2月9日), https://o-ishin.jp/news/2016/images/3c22506e8e6c1312652f8fcbf6047ff861507e31.pdf 
  15. ^ “維新県総支部が発足 井上代表「全選挙区に候補を」”. 中日新聞. (2016年12月20日). オリジナルの2016年12月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161220225436/http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20161220/CK2016122002000052.html 
  16. ^ 愛知-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  17. ^ a b c 毎日新聞2012年衆院選アンケート
  18. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査

外部リンク編集