1966年の音楽(1966ねんのおんがく)では、1966年(昭和41年)の音楽分野に関する動向を記述する。

出来事編集

  • ママス&パパスの「夢のカリフォルニア」やラヴィン・スプーンフルの「サマー・イン・ザ・シティ」[2]などがヒットした。
  • ベトナム戦争支持派のバリー・サドラー軍曹の曲がアメリカで大ヒットした。だが、サドラーは後の78年にカントリーの作曲家を射殺。さらに88年にはグアテマラで銃撃され、翌年死亡するという悲劇的な人生を歩んだ。

1966年の代表的シングル・アルバム編集

日本編集

シングル編集

アルバム編集

洋楽編集

シングル編集

アルバム編集

イベント編集

第17回NHK紅白歌合戦編集

編集

日本編集

第8回日本レコード大賞編集

日本国外編集

デビュー編集

生誕編集

出身地または国籍が日本である人物の国名表記は省略。

死去編集

脚注編集

  1. ^ 前座はドリフターズ、内田裕也など
  2. ^ http://www.billboard.com/music/the-lovin-spoonful