メインメニューを開く

スーパーラップ

  1. モータースポーツ用語で予選中の特殊タイムアタックを行っている周回のこと。スーパーポール参照のこと。
  2. ビデオマガジン『Video Option』内の企画の一つ。以下で述べる。
  3. ブリヂストンから発売されていた超軽量アルミホイール。外見はスチールホイールそのものだが、突出した軽さを持つため、ジムカーナやダートラなどで人気が高い。トミーカイラm13(K11)で純正採用されていた。スペルは「SUPER R.A.P.」である。

スーパーラップとはVideo Option内で連載されている、チューニングカーによるタイムアタック企画である。初掲載は2000年発行のVol.71。気温も路面温度も低くないとタイムが出ないため[1]、連載期間が極端に短い(冬の間だけ)のも特徴の1つになっている。

概要編集

各サーキットをチューニングカーにてグリップランし、タイムを競う。ただし、絶対レコードだけを狙うのではなく、各ショップ毎に色々な縛りを設けて、その中でタイムを競うのが一般的なタイムアタック企画とは異なる。

使用されるサーキットは筑波サーキットが多い。これには

  • テクニカルコースのため、パワーの差が出にくい
  • サーキット自体がサンプロスの近場である

の2点が上げられる。

その他、スポーツランドSUGO富士スピードウェイセントラルサーキット岡山国際サーキットなどで行われている。

レギュレーション編集

ベースがチューニングカーのため、そこまで厳しいレギュレーションが設けられている訳ではない。具体的には

  • パワー無制限
  • 音量はサーキットの規制音量まで(過去にC-WESTのS2000がこれに引っかかり黒旗を提示されている)
  • タイヤは市販ラジアルタイヤ、もしくはSタイヤであること

の3点である。

筑波サーキットでの壁の存在編集

連載当初は1分を切る事が目標とされていたが、連載1回目のvol.71でJUNグランプリシルビアS15が59秒99でレコード更新。 さらに、マインズ GT-R R34が58秒98を記録した。

筑波スーパーラップのレコードホルダー編集

最速レコード

  • スコーチADVANシルビア (S15)/50秒366/アンダー鈴木

駆動方式別レコード

  • FFレコード…ディーランゲージDlanguageZC31Sターボ/57秒807/井尻 薫
  • FRレコード…スコーチADVANシルビア (S15)/50秒366/アンダー鈴木
  • 4WD車レコード…ESCORT エボ9(CT9A)/51秒119/ファイヤー安藤
  • MRレコード…鈴鹿エスプリNSX(NA1)/54秒689/木下みつひろ

車種別レコード

  • GT-Rレコード…ATTKD GT-R(BNR32)/54秒291/木下みつひろ
  • フェアレディZレコード…JUNオートメカニック ハイパーレモン4WD-Z(Z33改)/57秒986/木下みつひろ
  • シルビアレコード…スコーチADVANシルビア (S15)/50秒366/アンダー鈴木
  • RX-8レコード…パンスピード RX-8 NA-01(SE3P改)/59秒906/谷口信輝
  • RX-7レコード…レボリューション RX-7(FD3S改)/53秒673/菊池靖
  • NSXレコード…鈴鹿エスプリNSX(NA1)/54秒689/木下みつひろ
  • S2000レコード…トップフューエル S2000 Type-RR(AP1)/51秒762/谷口信輝
  • シビックレコード…G.WORK☆Ω☆ATS☆EG6改(EG6)/58秒138/とら♪
  • オデッセイレコード…タケローズ オデッセイ240R/1分06秒267/織戸学
  • ランエボレコード…ESCORT エボ9(CT9A)/51秒119/ファイヤー安藤
  • インプレッサレコード…ディーランゲージ DlanguageR205/54秒115/菊地靖
  • ハチロクレコード…T.S FACTORY☆レビン(AE86)/58秒254/スワえもん♪
  • アルテッツァレコード…HKS Racing Performer IS220-R(SXE10改)/59秒350/織戸学
  • ツアラーVレコード…ラスティ マークⅡ(JZX100改)/1分00秒079/山田英二
  • スイフトレコード…ディーランゲージDlanguageZC31Sターボ/57秒807/井尻 薫
  • BMWレコード…SUNBEAM M3 CSL (E46) /57秒968/naonao
  • ポルシェ964レコード…RWB964ロイヤルワイド/58秒856/長嶋重登

レギュレーション別レコード

  • N/A車レコード…九州最速NSX☆冨吉R/56秒402/T.hannita
  • 4ドア車レコード…ESCORT エボ9(CT9A)/51秒119/ファイヤー安藤
  • D1車両レコード…HKS Racing Perfomer RS-II/58秒261/谷口信輝
  • ミニバンレコード…タケローズ ODYSSEY 240R/1分06秒267/織戸学
  • BMWレコード…SUNBEAM M3 CSL (E46) /57秒968/naonao


※参考タイム:GTマシン、フォーミュラーカーのレコードタイム

  • GT300…58秒460(クスコキャロッセインプレッサ/小林カツオ 2005年
  • GT500…51秒875(ARTA NSX/土屋圭市 2003年)- ベストモータリングビデオ『ホットバージョン』の土屋圭市引退記念イベントで記録。土屋が引退するレースで乗っていた全日本GT選手権2002年最終戦(鈴鹿)仕様でギヤ比など基本的に鈴鹿戦のまま残されていたものから足回りのみ変更している。テストランの途中で既に記録更新していたが、ラストアタックで更にレコードを塗り替えた。記録した模様などはホットバージョンVol.68に収録されている。2014年12月にアンダー鈴木が記録を更新するまで長らく市販車改造車両における筑波最速レコードタイムとなっていた。
  • FIA-GT3…51秒496(グッドスマイル初音ミクAMG/谷口信輝 2017年)- モーターファンフェスタ/初音ミクGTプロジェクトファン感謝祭で記録。SUPERGT2017年シーズンで使用予定のマシンで記録。慣熟走行時に既に51秒800を記録し、いきなり14年前のGTマシン最速タイムを更新したが、本走行時に51秒496と更に更新。
  • スーパーフォーミュラ…43秒304(SF14・トヨタ/小林可夢偉 2016年)- SPEED×SOUND TROPHY 2016で記録。

脚注編集

  1. ^ 冬場はエンジンの発熱を最大限抑える(=エンジンの性能を最大限発揮する)ことができ、タイヤも発熱量を最低限に抑えることができるため。そのぶんタイヤは温まりにくくなるので、アタック前には入念なウォーミングアップが必要となる。

関連項目編集