メインメニューを開く

スーパーフォーミュラSUPER FORMULA)は、2013年から日本で開催されている自動車レースの1カテゴリー(格式は国際)。略称は「SF」。

スーパーフォーミュラ
カテゴリ シングルシーター
国・地域 日本の旗日本
開始年 2013年
ドライバー 19
チーム 11
エンジン
サプライヤー
トヨタ · ホンダ
タイヤ
サプライヤー

Y

横浜ゴム
ドライバーズ
チャンピオン
日本の旗 山本尚貴
チーム
チャンピオン
日本の旗 KONDO Racing
公式サイト Japanese Championship SUPER FORMULA official website
Motorsport current event.svg 現在のシーズン

2013年から2015年は“全日本選手権スーパーフォーミュラ”、2016年から“全日本スーパーフォーミュラ選手権”として開催されている[1][2]

目次

概要編集

 
2014年もてぎラウンド

フォーミュラカー(オープンホイール)を使用した四輪レースで、日本レースプロモーション(JRP)を運営母体とし、日本自動車連盟(JAF)公認の下、フォーミュラ・ニッポンを引き継ぐ形で2013年にスタートした。

全日本F3000からフォーミュラ・ニッポン時代には『日本一速い男 決定戦』とも呼ばれ日本最高峰のカテゴリーとして扱われており、時期によってはランキング3位以内を獲得すればスーパーライセンスを取得できたこともあり、ステップアップカデゴリーとしてF1ドライバーを輩出していた。だが年を追うごとに海外に拠点を移してF1を目指す日本人ドライバーが増えたこともあり、F1にステップアップするドライバーはほとんど見られなくなった。またリーマン・ショックによる経営への打撃でトヨタやホンダが相次いでF1から撤退したことから出場台数や観客数が減少傾向となった。

そこで2013年から国内という枠からの脱却し、アジアのスタンダードフォーミュラを目指しアジアを中心にグローバル展開を進めるにあたり、現在の名称であるスーパーフォーミュラとして再スタートすることとなった。その関係で初年度の2013年に韓国インジェ・スピーディウムでの開催が予定されたが、結局開催されることなく中止された[3]。また、2015年の概要発表会の際、当時のJRP社長である白井裕の口から「名実ともに世界の三大フォーミュラカーレースのひとつとして、F1インディカーと並び称されるカテゴリーにまで発展させることを目標」と述べ[4]、独立したカテゴリーの性格を強めていく方針を取ったこともあり、現在に至るまで海外展開は見送られたままである。そのため、本カテゴリーと並び国内最高峰のレースであるSUPER GTとは異なり海外展開はされていない。

改名当初はF1で使用されるピレリ製タイヤやそのサーキットの経験を積めないことや、タイトルを獲得してもスーパーライセンスを取得する条件を満たせないため[5]、レベルは充分高いがやはりF1を目指す上では参戦する意義は薄いと見られていた。ところがストフェル・バンドーンが2016年に、ピエール・ガスリーが2017年にF1のシートを確保するまで参戦していたことで注目度が上がり、ヨーロッパのジュニアカテゴリーの参戦資金が高騰していることから[6]、F2以外でF1マシンに準じた経験を積めるカデゴリーとして見直され、本カデゴリーの参戦を企図する海外勢のドライバーが増えつつある。一方で前述に関連することだが、F1参戦にはFIA F2あるいはF3の経験がないと不利な状況に変わりなく、前述の二人もF2(GP2)のタイトルを獲得し、スーパーライセンスの発給条件を満たした上での参戦であるため、本カテゴリーが再評価されつつあるものの課題も残っている。

車両編集

 
SF14(シェイクダウンテストにて)

2013年はフォーミュラ・ニッポンで使用していたスウィフト・017.n(FN09)を改称した「SF13」に、3.4L V8エンジンのトヨタ・RV8Kまたはホンダ・HR12Eを搭載したものを使用。2014年からはダラーラ社のSF14[7]に、SUPER GT・GT500クラス用と基本設計が共通の 2.0L直4直噴ターボ[8]NRE(Nippon Race Engine[9]トヨタ・RI4Aまたはホンダ・HR-414Eを搭載した。

2019年からはエンジンはそのまま、シャシーをダラーラ製作の「SF19」に移行。車両性能そのものには大きな変更はないものの、安全対策の一つとしてコクピットを保護するヘイローを導入。また2021年からいわゆる第5世代移動通信システム(5G)を導入し全車のオンボード映像をネットでライブ配信することを前提に、そのための機材を搭載できるようなスペースを設ける予定[10]である。

シリーズ発足当初よりハイブリッドシステム「System-E」の搭載を計画。エンジンについてはトヨタが、System-Eについてはホンダがそれぞれ基礎開発を担当[11]。しかし、何回かテストは行われたが計画は立ち消えとなっている。

タイヤはブリヂストンワンメイクであったが、2015年をもって供給を終了[12]。2016年からは横浜ゴムが供給することになり、タイヤも2スペック開発されるようになった[1][13]

2014〜2016年の規定のF1マシンが従来よりスピードが低下していたこともあり、ドライバーの感想や走行データの比較では「スーパーフォーミュラのコーナリングスピードはF1よりも速い」と言われていた[14][15][16]

歴代チャンピオン編集

ドライバー・チームタイトル編集

ドライバーチャンピオン
(所属チーム/エンジン)
チームチャンピオン
(エンジン)
2013年   山本尚貴
TEAM MUGEN/ホンダ
PETRONAS TEAM TOM'S
トヨタ
2014年   中嶋一貴
(PETRONAS TEAM TOM'S/トヨタ)
PETRONAS TEAM TOM'S
(トヨタ)
2015年   石浦宏明
P.MU/CERUMOINGING/トヨタ)
PETRONAS TEAM TOM'S
(トヨタ)
2016年   国本雄資
(P.MU/CERUMO・INGING/トヨタ)
P.MU/CERUMO・INGING
(トヨタ)
2017年   石浦宏明
(P.MU/CERUMO・INGING/トヨタ)
P.MU/CERUMO・INGING
(トヨタ)
2018年   山本尚貴
(TEAM MUGEN/ホンダ)
KONDO Racing
(トヨタ)

ルーキー・オブ・ザ・イヤー編集

ルーキー・オブ・ザ・イヤー
(所属チーム/エンジン)
2013年 not held
2014年   野尻智紀
DOCOMO TEAM DANDELION RACING/ホンダ)
2015年   小林可夢偉
KYGNUS SUNOCO TEAM LEMANS/トヨタ)
2016年 not held
2017年   ピエール・ガスリー
TEAM MUGEN/ホンダ)
2018年   松下信治
(DOCOMO TEAM DANDELION RACING/ホンダ)

※ルーキーが3人以上いる場合のみ成立

シリーズ参戦したF1ドライバー編集

ドライバー 参戦年 SFでの年間成績 F1参戦歴
  佐藤琢磨 2013 2013年18位 2002-2008(ジョーダンBARスーパーアグリ
  ナレイン・カーティケヤン 2014- 2014年13位、2015年11位、2016年14位、2017年19位、2018年15位 2005, 2011-2012(ジョーダン、HRT
  ヴィタントニオ・リウッツィ 2014 2014年 16位 2005-2007, 2009-2011(レッドブルトロ・ロッソフォース・インディア、HRT)
  中嶋一貴 2013- 2013年4位、2014年1位、2015年2位、2016年4位、2017年5位、2018年6位 2007-2009(ウィリアムズ
  小林可夢偉 2015- 2015年6位、2016年17位、2017年7位、2018年10位 2009-2012, 2014(トヨタザウバーケータハム
  アンドレ・ロッテラー 2013-2017 2013年2位、2014年3位、2015年3位、2016年2位、2017年6位 2014(ケータハム)
  ストフェル・バンドーン 2016 2016年4位 2016-2018(マクラーレン
  ピエール・ガスリー 2017 2017年2位 2017-(トロ・ロッソ、レッドブル)

テレビ放送編集

J SPORTSが決勝全戦を生中継しており、2014年からは予選の生中継も行っている。2017年からはBSフジでも決勝の生中継(J SPORTSの実況と映像を使用)を行っている[17]。2018年にはTAKUROGLAY)の『流転』がテーマ曲となった[18]

他に、1戦毎に予選・決勝をダイジェストで伝えるBSフジの『スーパーフォーミュラGoOn!』、関係者をゲストに迎えてのトークとレースハイライトで構成されるフジテレビNEXTの『スーパーフォーミュラTV』が放送されている。また、BSフジのバラエティ番組カンニングのDAI安☆吉日!』で本シリーズを取り上げている。2016年にはフジテレビ関西テレビでも専門番組として『超速GO音』が放送され、フジテレビ On Demandでも視聴可能である[19]

またGYAO!インターネットでレース映像の無料配信を行っている。

スポンサー編集

シリーズパートナー編集

シリーズサポーター編集

  • ブリヂストン(2013年 - 2015年)
  • 横浜ゴム(2016年 - )

プロモーションパートナー編集

ブロードキャストパートナー編集

  • BSフジ(2017年 - )
  • J SPORTS(2017年 - )

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b ヨコハマ、Sフォーミュラへのタイヤ供給を発表 - オートスポーツ・2015年10月29日
  2. ^ 2016年以降の使用タイヤについて - スーパーフォーミュラ公式サイト・2015年10月29日
  3. ^ スーパーフォーミュラ第5戦インジェ、中止決定 - オートスポーツ・2013年7月24日
  4. ^ シリーズ20周年。SF概要発表会がフジテレビで開催 - オートスポーツ・2015年3月18日
  5. ^ FIA F2は年間トップ3に入ればスーパーライセンスを取得する条件を満たせるのに対し、スーパーフォーミュラのみでそれを満たす場合、最短でも2年かかるという違いがある。
  6. ^ 2018年頃のFIA F2の参戦費用だが、一説には年間で2億~2億5000万円ものシート代が必要と言われている。「F1の夢はあきらめない」。松下信治が名門F2チームから欧州再挑戦 - sportiva.shueisha.co.jp・2018年12月31日
  7. ^ JRP、2014年からの新シャシーをダラーラに決定 - オートスポーツ・2012年9月22日
  8. ^ Fニッポンの次期エンジンは2リッター直4ターボに - オートスポーツ・2012年10月15日
  9. ^ スーパーフォーミュラ、ダラーラ製の2014年型レーシングカー「SF14」を初実走 - CAR Watch・2013年7月10日
  10. ^ ダラーラ社CEOが来日会見、スーパーフォーミュラ次期車両『SF19』のコンセプト発表 - オートスポーツ・2017年10月21日
  11. ^ FNテスト:2日目午後はJP首位。開発面での報告も - オートスポーツ・2012年11月20日
  12. ^ ブリヂストン、今年限りでSフォーミュラから撤退 - オートスポーツ・2015年9月25日
  13. ^ 横浜ゴム、アジア最高峰のフォーミュラレースに「ADVAN」レーシングタイヤをワンメイク供給 - 横浜ゴム・2015年10月29日
  14. ^ "ロッテラー「SF14は世界最高のフォーミュラカー」 (page4/5) ". AUTOSPORT Web. (2014年9月13日)
  15. ^ "第2戦岡山国際サーキット・プレビュー:マシン編". スーパーフォーミュラ公式サイト. (2015年)
  16. ^ "ファンドールネ「コーナーではスーパーフォーミュラのほうがF1より速い」". TopNews. (2015年11月11日)
  17. ^ 『2017シーズンより、日曜決勝レースをBSフジで生中継!』
  18. ^ TAKURO(GLAY)作曲の「流転」がスーパーフォーミュラのテーマソングに! - スーパーフォーミュラ公式サイト・2018年4月20日
  19. ^ 超速GO音、フジテレビオンデマンドで無料配信 - F1-Gate.com・2016年4月29日

関連項目編集

外部リンク編集