ズキンガラス[2][3] (Corvus cornix)は、鳥綱スズメ目カラス科カラス属に分類される鳥類[4]ハイイロガラスとも呼ばれる[5]。頭部・のど・翼・尾の羽毛・羽根は黒く、胴体部分の羽毛が灰色であることが特徴である。スコットランド北ヨーロッパ中央ヨーロッパ東南ヨーロッパおよび北西アジアに生息する。他のカラス科の鳥類と同様に雑食性である。

ズキンガラス
Corvus cornix
Nebelkrähe Corvus cornix.jpg
ズキンガラス
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: カラス科 Corvidae
: カラス属 Corvus
: ズキンガラスC. cornix
学名
Corvus cornix Linnaeus, 1758[1]
英名
Hooded crow[1]
Hooded crow map2.jpg
ズキンガラスの分布図

カール・フォン・リンネによって1758年に種として記載されたが、生態や形態がハシボソガラスと非常に似ており、生息域が重なる地域で雑種も確認されていたため、20世紀にはほとんどの研究者からハシボソガラスの変種であると見なされてきた[6]。しかし、雑種の例は想定されていたよりも少なく[7][8]、生まれた雑種の活動性が低いという観察などから、21世紀以降は独立種として扱われることが一般的である[6][4]

分布編集

 
飛んでいる姿(イランエスファハーン)

スコットランド、北ヨーロッパ、中央ヨーロッパ、東南ヨーロッパおよび北西アジアに生息する[9]。イギリス北部やドイツ、デンマーク、イタリア北部やシベリアなど、ハシボソガラスと重複する生息範囲内では雑種が見られる。しかし、雑種は純系と比べ適応性が低く、そのことがハシボソガラスと別種とする理由の1つである[10]

イギリス諸島ではスコットランドやそれに付随する島々、マン島で定期的に繁殖している。アイルランドでも広い範囲で繁殖している。秋季、イギリス東部海岸では渡りを行った個体も見られ、かつてはより頻繁に観察されていた[11]

日本においては2018年に沖縄県与那国島で初めて自然渡来と思われる個体の観察が報告された[4]

形態編集

 
ドイツのベルリンにて
 
エジプトにて

頭部・のど・翼・尾の羽毛・羽根は黒であり、背面と腹側の羽毛はライトグレーである[12]。嘴は黒でわずかにカーブしており、眼は暗褐色である[12]。他のカラス属と同様に羽毛は1度秋季に生え変わる。雌雄で体の見た目に違いはない[12]。飛行はまっすぐで、羽ばたきのペースは一定である[12]。群れは他のカラスよりも秩序だっており、夕方はねぐらに集まる[12]。大きさは平均46センチ、翼幅は98センチで、重さは510グラムである[9]。一般的な野鳥においては珍しいが、ズキンガラスとハシボソガラスにおいては食物の偏りによって羽に脱色が見られる個体は珍しくない[13]染色体数は40対80本で、ゲノムサイズは約11.9億塩基対である[14]

灰色と黒色の羽毛は明瞭で、ハシボソガラスやミヤマガラスなどの他種のカラスと混同することはないが、  鳴き声[ヘルプ/ファイル]だけで区別することは困難である[15]

分類編集

ズキンガラスはカール・フォン・リンネによって自然の体系第10版英語版に記載された多くの生物のうちの1種である[16]。学名Corvusはラテン語ワタリガラス[17]、cornixはカラスに由来している[18]

長い間、ハシボソガラスの亜種(Corvus corone cornix)と考えられていた[19]ように、形態や生態に類似性を見出すことができる。和名も過去にC. corone cornixに対して付けられたものである[4]

亜種編集

4亜種が認められている。以下の分類・分布はIOC World Bird List (v8.1)に従う[1]

Corvus cornix cornix Linnaeus, 1758
ヨーロッパ北部および東部
Corvus cornix capellanus Sclater, 1877
イラク東部からイラン南西部
Corvus cornix pallescens (Madarász, 1904)
イラクからエジプトおよびトルコ
Corvus cornix sharpii Oates, 1889
バルカン半島からイラン北部・中央アジア・シベリア西部にかけて

ハシボソガラスとの関係編集

 
ハシボソガラスと本種の分布を白線で分けたヨーロッパの地図

胴体部分の羽毛が灰色であるズキンガラスと全身黒色のハシボソガラスはリンネによって別種と記載されて以降、その分類については議論がなされてきた[20]西ヨーロッパ東アジアにハシボソガラス、その間にズキンガラスが生息するという地理的な分布は、これらの共通祖先が更新世における氷河期に3ヶ所の生息域にそれぞれ隔離され、生殖隔離とズキンガラスにおける特徴的な表現型の変化が進んだ後、完新世期において生息域が拡大した結果であると考えられており、生息域拡大に伴う二次的接触によるとされる自然雑種の存在は古典的な教科書に掲載されている程度によく知られている[6][8][21]。交雑個体の色はハシボソガラスよりも灰色で、ズキンガラスよりも黒く、ちょうど両種の中間の形態を示し、胸にはヘリンボーン状の模様が現れ、繁殖能力も有する[22]。しかし、交雑帯においても交雑個体は時々にしか観察されない[22]。この隔離の不完全さと遺伝的な同一性の高さから、過去にはハシボソガラスの亜種と考えられることもあった[23]。しかし、非任意交配を示すことや遺伝子発現のパターンの違いから、別種であるという主張もなされてきた[8][23]

Poelstraらが2014年にサイエンス誌に発表した研究では、これらの2種について、ヨーロッパ地域の交雑帯から完全に隔離されている地域までの幅広い範囲に生息する集団に由来する個体の全ゲノム解析を行った。その結果、この2種間では総じてゲノム配列の違いはごく僅かであり、例えば、ドイツのハシボソガラスはスペインのハシボソガラスよりも明らかにズキンガラスに近いゲノム配列を持っていた[8][23]。一方で、遺伝子発現解析によって発現が異なる遺伝子は羽嚢で発現する色素関連遺伝子に集中していることが確認され、これら2種のゲノム中には遺伝子流動が強く抑制されている箇所が存在し、そのうち最も抑制が顕著な18番染色体上の領域には色素および体色に関連する遺伝子と関連する1塩基多型の殆どが存在していた[8][23]。このことは、羽毛の色のパターンという外見的特徴によって接合前隔離が起こっていることを強く示唆しており、自然選択ではなく、同類交配性選択によって形態および遺伝的差異が引き起こされていると考えられる[8]

一方で、シベリア地域ではEastern carrion crow(ハシボソガラスの亜種[注 1])と交雑しており、その交雑集団においては18番染色体ではなく、21番染色体上に最も遺伝子流動が抑制されている領域が検出され、色素関連遺伝子に関してもヨーロッパ地域と共通して遺伝子流動が抑制されている遺伝子が限られていたことから、地域ごとに独立した選択圧が生じていることが示唆された[21][24]

生態編集

で食べ物(前に隠したものと推定されている)を探すズキンガラス(ベルリン)

ハシボソガラスと同様、雑食性で腐肉や無脊椎動物穀物や他の鳥類の巣から盗んだ卵を食べる[25]ムール貝を咥えて、5メートルほどの高さから硬い地面へ落とし、殻を割って中身を食べる習性があるのもハシボソガラスと同様である[26]。古スコットランド語では中身のないウニの殻のことをカラスのカップと呼んでいた[11]オオバンマガモカモメなどの卵や雛を食べる[27][28]。他のカラス同様、なにかの隙間や茂み、土などの下に食べ物を隠し、その後戻ってきて食べる習性がある[29]サイエンスライターDavid Quammen英語版はその著書で、冬のフィンランドにおいて釣り人が氷上で穴釣りをしていると目を離している間にズキンガラスに垂らしていた釣り糸を嘴で巧みに引っ張られて魚を盗られる、という話を伝えている[30]

 
卵と巣
 
生後10日の雛

巣作りは地域により異なり、寒い地域ほど遅い。ロシア北西部やシェトランド諸島フェロー諸島では5月中旬から6月中旬、ペルシア湾岸では2月下旬である[31]。イギリス諸島のより暖かい地域では4月が産卵期にあたる[32]。巣は高い木に作られることが多いが、断崖や鉄塔、砂丘やギョリュウモドキが繁茂する地表近くに作られることもある[33]。形状はハシボソガラスのものと似ているが、海岸に作られた巣では海藻を巣に織り込ませることがしばしばあり、動物の骨や針金も頻繁に使用されている[11][34]。1度に3から6個の卵を生む[9]。卵は緑がかった青で茶色の斑点がある[35]。大きさは4.3センチ×3センチで、重さは19.8グラムで、うち6%が殻である[9]。雛は晩成性英語版で、雌によって17日から19日間暖められ、雄によって餌が調達される。生後32日から36日後に巣立っていく[9]。子育て中の雌は自分の食べ物の殆どを雛に食べさせることが報告されている[36]

記録された最高寿命は10年と5日である[9]

 
マダムランカッコウ(左)とズキンガラス(右)の卵

托卵するマダラカンムリカッコウの第二宿主となることがある(カササギが第一宿主)。しかし、イスラエルエジプトのようにカササギが生息しない地域では本種が第一宿主となる[37]

人間との関係編集

 
穴の空いた袋から食べ物を探すズキンガラス

定期的に農家やライチョウ狩りで駆除されている。アイルランドのコーク県の銃会では1980年代初頭の2年で2万3000羽が撃たれている[11]

ユーラシア大陸の広範囲に生息しており、Scotch crowやDanish crowとしても知られている。スコットランドではhoodie、北アイルランドではgrey crowと呼ばれている[38]。ドイツではNebelkrähe(mist crow)と呼ばれる。

ハシボソガラスと本種が重複して生息する範囲は北西にゆっくりと広がりつつあるが、ロシア除くヨーロッパ地域に300万羽の個体数がある[34]。この動きはハシボソガラスと本種を別種としているスウェーデンにおいて、2020年にハシボソガラスがレッドリストに近危急種として登録されたことからも伺える[39][40]

毎年冬になると頻繁にイングランド南部へ渡ってきていた時代があり、その時代にはロイストンクロウ(Royston Crow)とも呼ばれていた。ズキンガラスはロイストン英語版のシンボルとされており[41]、1855年設立の地方紙であるRoyston Crow英語版の名前の由来になっているほか[11]、ロイストンやロイストンが属するノース・ハートフォードシャー地方議会英語版紋章クレストにあしらわれている[42]。ズキンガラスの学名に由来する「Corvus Cornix」というバスケットボールクラブもある[41]

ノルウェー王宮英語版の「The Bird room」に描かれている43種の鳥のうちの1種である[43]

ジェスロ・タルJack Frost And The Hooded Crowという歌はクリスマス・アルバムのザ・ブロードスウォード・アンド・ザ・ビーストのボーナストラックに収録されている[44]

伝承・民俗編集

ケルト神話において、モリガン、テトラの妻あるいはカリアッハベーラの顕現だったとされるズキンガラスがクー・フーリンの今際の際に肩に乗ったとも伝えられている[45][46]。この話は戦神モリガンの伝承としてハイランド地方とアイルランドにおけるフェアリー伝承と関連付けられ、18世紀、ズキンガラスはフェアリーから魔法の力を授かっていると考えられており、スコットランドの牧羊者は羊の群れを見逃してもらうためにズキンガラスに捧げものをする儀式を行っていた[47]

フェロー諸島には、聖燭祭の朝に出かけた未婚者が石や骨、芝生をズキンガラス目掛けて投げ、そのズキンガラスが海へ飛んでいけば夫は外国人で、農場や家に飛べばそこの男性と結婚し、じっとしたままであれば未婚のままという伝承がある[48]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 独立種(C. orientalis)とすることもある

出典編集

  1. ^ a b c IOC World Bird List 11.2” (英語). doi:10.14344/ioc.ml.11.2. 2021年9月9日閲覧。
  2. ^ 西海功「DNA バーコーディングと日本の鳥の種分類」 『日本鳥学会誌』第61巻第2号、2012年、 223-237頁、 doi:10.3838/jjo.61.223
  3. ^ 江口和洋「カササギ」『日本鳥学会誌』第65巻第1号、2016年、 5-30頁、 doi:10.3838/jjo.65.5
  4. ^ a b c d 佐野誠、中島文由加、小田谷嘉弥、梅垣佑介「沖縄県与那国島におけるズキンガラスの観察記録」『日本鳥学会誌』第67巻第2号、2018年10月25日、 259–262、 doi:10.3838/jjo.67.259ISSN 0913-400X
  5. ^ 吉田保晴「ハシボソガラス Corvus corone のなわばり非所有個体の採食地と塒の利用」『山階鳥類研究所研究報告』第34巻、2003年、 257-269頁、 doi:10.3312/jyio1952.34.257
  6. ^ a b c Poelstra, Jelmer (2013). The Genetics of Speciation and Colouration in Carrion and Hooded Crows. Uppsala: Acta Universitatis Upsaliensis. p. 20. ISBN 978-91-554-8777-5. OCLC 940873257. https://www.worldcat.org/oclc/940873257 
  7. ^ Parkin, David T. (2003). “Birding and DNA: species for the new millennium”. Bird Study 50 (3): 223–242. doi:10.1080/00063650309461316. http://www.ingentaconnect.com/content/tandf/bird/2003/00000050/00000003/art00003. 
  8. ^ a b c d e f Poelstra, Jelmer W.; Vijay, Nagarjun; Bossu, Christen M. et al. (2014). “The genomic landscape underlying phenotypic integrity in the face of gene flow in crows”. Science (Washington, D.C.: American Association for the Advancement of Science) 344 (6190): 1410–1414. doi:10.1126/science.1253226. ISSN 0036-8075. PMID 24948738. https://kops.uni-konstanz.de/bitstream/123456789/29667/3/Poelstra_0-260687.pdf. 
  9. ^ a b c d e f Hooded Crow Corvus cornix [Linnaeus, 1758]”. BTOWeb BirdFacts. British Trust for Ornithology. 2021年8月27日閲覧。
  10. ^ Jones, Steve (1999): Almost Like A Whale: The Origin Of Species Updated. Doubleday, Garden City. 978-0-385-40985-8
  11. ^ a b c d e Cocker, Mark; Mabey, Richard (2005). Birds Britannica. London: Chatto & Windus. pp. 418–425. ISBN 0-7011-6907-9 
  12. ^ a b c d e Federico "Fred" Fiorillo (2020年8月3日). “The Hooded Crow - Not So Pretty, But Very Smart” (英語). Avibirds.com. 2021年8月26日閲覧。
  13. ^ van Grouw, Hein (2018-05-01). “White feathers in black birds” (英語). British Birds: 250-263. ISSN 0007-0335. https://nhm.openrepository.com/handle/10141/622893. 
  14. ^ Peona, Valentina; Weissensteiner, Matthias H.; Suh, Alexander (2018-11). “How complete are “complete” genome assemblies?-An avian perspective” (英語). Molecular Ecology Resources 18 (6): 1188–1195. doi:10.1111/1755-0998.12933. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/1755-0998.12933. 
  15. ^ Mullarney, Killian; v, Lars; Zetterstrom, Dan; Grant, Peter (2001). Birds of Europe. Princeton Field Guides. Princeton University Press. p. 336. ISBN 0-691-05054-6 
  16. ^ Linnaeus, Carl (1758) (ラテン語). Systema naturae per regna tria naturae, secundum classes, ordines, genera, species, cum characteribus, differentiis, synonymis, locis. Tomus I. Editio decima, reformata. v.1. Holmiae. (Laurentii Salvii).. p. 105. https://www.biodiversitylibrary.org/item/10277#page/123/mode/1up. "C. cineraſ cens, caplte gula alis caudaque nigris." 
  17. ^ Definition of CORVUS” (英語). メリアム=ウェブスター. メリアム=ウェブスター. 2021年8月26日閲覧。
  18. ^ Simpson, DP (1979). Cassell's Latin Dictionary (5th ed.). London: Cassell Ltd.. p. 153. ISBN 0-304-52257-0 
  19. ^ Vere Benson, S. (1972). The Observer's Book of Birds. London: Frederick Warne & Co. Ltd.. ISBN 0-7232-1513-8 
  20. ^ de Knijff, P. (2014-06-20). “How carrion and hooded crows defeat Linnaeus's curse” (英語). Science 344 (6190): 1345–1346. doi:10.1126/science.1255744. ISSN 0036-8075. https://www.sciencemag.org/lookup/doi/10.1126/science.1255744. 
  21. ^ a b Kryukov, A. P. (2019-03-30). “Phylogeography and hybridization of corvid birds in the Palearctic Region”. Vavilov Journal of Genetics and Breeding 23 (2): 232–238. doi:10.18699/VJ19.487. ISSN 2500-3259. https://vavilov.elpub.ru/jour/article/view/1941. 
  22. ^ a b Nast, Condé (2021年9月21日). “Where Do Species Come From?” (英語). The New Yorker. https://www.newyorker.com/science/elements/where-do-species-come-from 2021年9月23日閲覧。 
  23. ^ a b c d de Knijf, Peter (2014). “How carrion and hooded crows defeat Linnaeus's curse”. Science (Washington, D.C.: American Association for the Advancement of Science) 344 (6190): 1345–1346. doi:10.1126/science.1255744. ISSN 0036-8075. PMID 24948724. 
  24. ^ Ottenburghs, Jente (2019-12). “Multispecies hybridization in birds” (英語). Avian Research 10 (1): 20. doi:10.1186/s40657-019-0159-4. ISSN 2053-7166. https://avianres.biomedcentral.com/articles/10.1186/s40657-019-0159-4. 
  25. ^ Hooded crow”. The Wildlife Trust for Birmingham and the Black Country. 2021年8月26日閲覧。
  26. ^ Davenport, John; O'Callaghan, Michael J. A.; Davenport, Julia L.; Kelly, Thomas C. (2014-06). “Mussel dropping by Carrion and Hooded crows: biomechanical and energetic considerations: Mussel Dropping by Crows” (英語). Journal of Field Ornithology 85 (2): 196–205. doi:10.1111/jofo.12060. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jofo.12060. 
  27. ^ Kunze, H.; Bohn, E.; Bahrke, G. (1975-11). “Effects of psychotropic drugs on prostaglandin biosynthesis in vitro”. The Journal of Pharmacy and Pharmacology 27 (11): 880–881. doi:10.1111/j.2042-7158.1975.tb10239.x. ISSN 0022-3573. PMID 1505. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/1505. 
  28. ^ Hooded Crow - British Birds” (英語). Woodland Trust. ウッドランド・トラスト. 2021年9月8日閲覧。
  29. ^ Berrow, S. D.; Kelly, T. C.; Myers, A. A. (1992-07). “The mussel caching behaviour of Hooded Crows Corvus corone cornix” (英語). Bird Study 39 (2): 115–119. doi:10.1080/00063659209477107. ISSN 0006-3657. http://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/00063659209477107. 
  30. ^ Quammen, David (2008). Natural acts : a sidelong view of science & nature (Rev. and expanded ed., with a new introduction including "Planet of weeds" and the Megatransect series ed.). New York: W.W. Norton. p. 29. ISBN 978-0-393-05805-5. OCLC 152581026. https://www.worldcat.org/oclc/152581026 
  31. ^ Goodwin, D. (1983). Crows of the World. Queensland University Press, St Lucia, Qld. ISBN 0-7022-1015-3 
  32. ^ Evans, G (1972). The Observer's Book of Birds' Eggs. London: Warne. pp. 18. ISBN 0-7232-0060-2 
  33. ^ McIvor, Guillam E.; Healy, Susan D. (2017-07-03). “Nest site selection and patterns of nest re-use in the Hooded Crow Corvus cornix” (英語). Bird Study 64 (3): 374–385. doi:10.1080/00063657.2017.1364220. ISSN 0006-3657. https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/00063657.2017.1364220. 
  34. ^ a b Snow, David; Perrins, Christopher M., eds (1998). The Birds of the Western Palearctic concise edition (2 volumes). Oxford: Oxford University Press. pp. 1478–1480. ISBN 0-19-854099-X 
  35. ^ Hadjisterkotis, E. (2003-03). “The effect of corvid shooting on the populations of owls, kestrels and cuckoos in Cyprus, with notes on corvid diet” (英語). Zeitschrift für Jagdwissenschaft 49 (1): 50–60. doi:10.1007/BF02192013. ISSN 0044-2887. http://link.springer.com/10.1007/BF02192013. 
  36. ^ Yom-Tov, Yoram (June 1974). “The Effect of Food and Predation on Breeding Density and Success, Clutch Size and Laying Date of the Crow (Corvus corone L.)”. J. Anim. Ecol. 43 (2): 479–498. doi:10.2307/3378. 
  37. ^ Snow & Perrin (1998) 873–4
  38. ^ Macafee, CI, ed (1996). A Concise Ulster Dictionary. Oxford: Oxford University Press. ISBN 0-19-863132-4 
  39. ^ Fågelarter på rödlistan” (スウェーデン語). SLU Artdatabanken (2020年4月16日). 2021年8月25日閲覧。
  40. ^ Taxonomisk information”. www.dyntaxa.se. 2021年9月23日閲覧。
  41. ^ a b Street, Tim (2018年3月6日). “Why Greneway School is a basketball fortress - with 300 consecutive home wins over 25 years” (英語). Cambridgeshire Live (Local World). https://www.cambridge-news.co.uk/sport/other-sport/greneway-school-basketball-fortress-300-14375462 2021年8月26日閲覧。 
  42. ^ Young, Robert (2005–2009). “Civic Heraldry of England and Wales - Thames Valley and Chilterns”. Civic Heraldry. self. 2021年8月27日閲覧。
  43. ^ The Bird Room”. THE ROYAL HOUSE OF NORWAY. The Norwegian Royal Family (2012年11月9日). 2021年8月27日閲覧。
  44. ^ Anderson, Ian (2007年). “The Jethro Tull Christmas Album Special Edition Features Bonus DVD in USA!”. Jethro Tull - The Official Website. Jethro Tull. 2008年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月27日閲覧。
  45. ^ Armstrong, Edward A. (1970) [1958]. The Folklore of Birds. Dover. p. 81. ISBN 0-486-22145-8 
  46. ^ Armstrong, p. 83
  47. ^ Ingersoll, Ernest (1923). Birds in legend, fable and folklore. New York: Longmans, Green and Co.. p. 165. https://archive.org/details/birdsinlegendfab00inge 2009年8月8日閲覧。 
  48. ^ Armstrong, Edward A. (1970) [1958]. The Folklore of Birds. Dover. p. 74. ISBN 0-486-22145-8 

関連項目編集