セイントバラード

セイントバラード (Saint Ballado[2]) とはカナダ生産のアメリカ競走馬種牡馬。主な勝ち鞍に1992年アーリントンクラシックステークスおよびシェリダンステークス。

セイントバラード
欧字表記 Saint Ballado[1][2]
品種 サラブレッド[1][2]
性別 [1][2]
毛色 青鹿毛[1][2]
生誕 1989年5月14日[1]
死没 2002年10月20日(13歳没)[3]
Halo[1][2]
Ballade[1][2]
母の父 Herbager[1][2]
生国 カナダの旗 カナダ(オンタリオ州)[1][2]
生産者 Windfields Farm[1]
馬主 Aaron U. Jones[1]
調教師 Clint Goodrich(アメリカ)[1]
競走成績
生涯成績 9戦4勝[1][2]
獲得賞金 30万2820ドル[1]
勝ち鞍
GII アーリントンクラシックステークス 1992年
GIII シェリダンステークス 1992年
テンプレートを表示

経歴編集

  • 特記事項なき場合、本節の出典はEQIBASE[1]

1991年8月15日、アーリントンパーク競馬場でのメイドン競走でデビューし、2着。2歳時はこの1走で切り上げ、翌1992年1月のガルフストリームパーク競馬場でのメイドン競走で初勝利。続く2走はアローワンス競走に使われて2着、1着としたあとジムビームステークス英語版リルイーティーの5着、ブルーグラスステークスでもピストルアンドローゼスの5着に終わって三冠路線には向かわなかった。5月アーリントンパークのG3競走シェリダンステークス[3]と6月のアーリントンクラシックステークス[3]を連勝しハスケルインビテーショナルハンデキャップに向かったがテクノロジーの4着に終わり、これが最後の競馬となった。

競走成績編集

以下の内容は、EQIBASE[1]の情報および記載法に基づく。

出走日 競馬場 競走名 距離 頭数 枠番
(PP)
馬番
(Pgm)
着順 騎手 斤量(lb./kg換算) タイム 着差/タイム差 勝ち馬/(2着)馬
1991.08.15 アーリントンパーク メイドン ダ6f 12 9 9 2着 P. デイ 119/54 (3馬身1/2) Return to Quarters
1992.01.26 ガルフストリームパーク メイドン ダ6f 10 8 8 1着 R. ロペス 120/54.5 1:10.94 ハナ (Dont Sell the Farm)
0000.02.17 ガルフストリームパーク アローワンス ダ7f 11 10 10 2着 J. クローン 117/53 (3馬身) Concorde's Tune
0000.03.14 ガルフストリームパーク アローワンス ダ8.5f 12 6 6 1着 J. クローン 112/51 1:44.23 2馬身 (Sunnybutcold)
0000.03.28 ターフウェイパーク ジムビームS G2 ダ9f 11 5 5 5着 J. クローン 121/55 (7馬身1/4) Lil E. Tee
0000.04.11 キーンランド ブルーグラスS G2 ダ9f 11 9 9 5着 R. マクナイト 121/55 (7馬身1/4) Pistols and Roses
0000.05.25 アーリントンパーク シェリダンS G3 ダ8f 8 2 2 1着 J. ヴェラスケス 113/51.5 1:36.10 7馬身 (Ten Sins)
0000.06.21 アーリントンパーク アーリントンクラシックS G2 ダ9f 6 6 6 1着 J. クローン 120/54.5 1:46.82 4馬身1/2 (Desert Force)
0000.08.21 モンマスパーク ハスケル招待H G1 ダ9f 9 3 4 4着 J. クローン 118/53.5 (7馬身1/4) Technology

引退後編集

引退後は種牡馬とするため馬主は奔走するが、良血馬ながらケンタッキー州では相手にされず、最終的には繋養先はフロリダ州のオカラスタッドとなる[4]。それも、最初は75万ドルで売却予定が40万ドルに下がり、最後は9万ドルに値切られた結果であった[4]。種付料は2500ドルに設定された[4]。このような境遇ながら、オカラスタッド側では良血に未来の価値を見出し、もし成功したなら多大な幸運が来るとしていた[4]。初年度産駒からフロリダダービー優勝馬キャプテンボジットを送り出し[4]、その後も一定の繁殖成績をおさめてテイラーメイドファームへの移動を果たした。しかし2002年秋、脊髄の病に冒されたため矯正手術を受けてテイラーメイドファームに戻った後合併症を起こして重篤となり、手の施しようがなくなったため10月20日に安楽死の処置がとられた[3]

死後、まず2004年にアシェイド (Ashado) がケンタッキーオークスコーチングクラブアメリカンオークスブリーダーズカップ・ディスタフなどに優勝し、エクリプス賞最優秀3歳牝馬を受賞[5]。翌2005年には牡駒のセイントリアム (St. Liam) が中距離路線で活躍し、この年の年度代表馬に、またアシェイドも再び年度表彰を受け、この2頭の活躍によりセイントバラードは2005年度北米リーディングサイアーとなった[5]。しかしその後、後継種牡馬として期待されたセイントリアムは不慮の事故により、1世代の産駒を残しただけで死亡した。

ヘイローは日本で種牡馬として大活躍していたサンデーサイレンスと同じであり、甥のシングスピールジャパンカップに優勝した翌年の1997年には、日本への導入が予定されていたが、アメリカで受けた予防接種のワクチン が日本の検疫条項に抵触したため、実現しなかった。

主な産駒編集

※G1競走優勝馬のみ。

血統表編集

セイントバラード血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヘイロー系
[§ 2]

Halo 1969
黒鹿毛 アメリカ
父の父
Hail to Reason 1958
黒鹿毛 アメリカ
Turn-to Royal Charger
Source Sucree
Nothirdchance Blue Swords
Galla Colors
父の母
Cosmah 1953
鹿毛 アメリカ 
Cosmic Bomb Pharamond
Banish Fear
Almahmoud Mahmoud
Arbitrator

Ballade 1972
鹿毛 アメリカ
Herbager 1956
鹿毛 フランス
Vandale Plassy
Vanille
Fladgette Escamillo
Fidgette
母の母
Miss Swapsco 1965
鹿毛 アメリカ
Cohoes Mahmoud
Belle of Troy
Soaring Swaps
Skylarking
母系(F-No.) (FN:12-c) [§ 3]
5代内の近親交配 Mahmoud 4 × 4 = 12.50%、Blue Larkspur 5 × 5 × 5 = 9.38% [§ 4]
出典
  1. ^ [12]
  2. ^ [13]
  3. ^ [12]
  4. ^ [12][13]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Saint Ballado (ON)”. EQUIBASE Horse Profile. Equibase Company LLC.. 2020年5月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j Saint Ballado(CAN)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月3日閲覧。
  3. ^ a b c d Saint Ballado Euthanized”. BloodHorse.com. Blood-Horse LLC. (2002年10月20日). 2020年5月3日閲覧。
  4. ^ a b c d e ‘Even the Bad is Good, That’s How You Learn’”. Thoroughbred Daily News. Thoroughbred Daily News (2019年6月24日). 2020年5月3日閲覧。
  5. ^ a b セイントバラードの肖像”. きょうの蹄音. 一般社団法人中山馬主協会 (2016年9月17日). 2020年5月3日閲覧。
  6. ^ Captain Bodgit(USA)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月3日閲覧。
  7. ^ Sister Act(USA)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月3日閲覧。
  8. ^ Yankee Victor(USA)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月3日閲覧。
  9. ^ Saint Liam(USA)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月3日閲覧。
  10. ^ Ashado(USA)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月3日閲覧。
  11. ^ Sunriver(USA)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月3日閲覧。
  12. ^ a b c Saint Ballado(CAN) 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月3日閲覧。
  13. ^ a b c Saint Balladoの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2020年5月3日閲覧。

参考文献編集

  • 日本中央競馬会優駿』2000年12月号 84-85頁「世界の名馬『世界的な名血を受け継ぐ - セイントバラード』」

外部リンク編集