セカンドパーティー

セカンドパーティー(Second Party)は、テレビゲーム業界において、プラットフォームホルダーが発売するゲームソフトの企画・開発をする外部の企業群のこと。

元々任天堂が提唱した言葉で、サードパーティーからの造語である。2013年現在でも任天堂による使用例がある[1]

ソフトの売り上げを計上する際、こちらはファーストパーティーと合計して計上することが多い[2]

なお、SCE系の企業ではサテライトカンパニーという名称をつかっている[3]

主なセカンドパーティー編集

かつてセカンドパーティーだった企業編集

  • ソニー・コンピュータエンタテインメント系

脚注編集

  1. ^ 2013年1月31日(木)経営方針説明会 / 第3四半期決算説明会”. 任天堂公式サイト 株主・投資家向け情報 IRライブラリー. 2013年1月31日閲覧。
  2. ^ 例えばgame watch 2008年9月5日の記事など
  3. ^ インタビュー 日野 晃博さん”. PlayStation.com(Japan)|PS World. 2011年8月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年9月29日閲覧。
  4. ^ 任天堂がレア社の株式をマイクロソフトに売却
  5. ^ ベセスダはマイクロソフトに買収された後も半独立で運営を続ける” (日本語). IGN Japan (2020年9月24日). 2020年9月26日閲覧。

関連項目編集